FC2ブログ
宇宙に思いをはせる世代ではあるけれど
2010-04-23 Fri 07:19
気がつけば、世の中は黄金週間まえ。
こないだ桜が咲いた―って言ってたばっかりなのに。

年々日にちの過ぎるのが早くて、
恐ろしくなります。

ここを書くのも、ちょっとあいたかなと思ったら
3,4日あいちゃってー。
むーん。情けない限りであります。


さて、先日スペースシャトルが帰還しました。
ご無事のご帰還、なによりでございました。

ママさん宇宙飛行士として話題になった、
Y崎直子さんですが。
えー、ファンティーヌのひとぢゃないのね、と思ったのは
わたしだけではないはず(笑)。

10数年も訓練され機会をまって、
このたび本懐をとげられたということ。

ご家族にも見守られ、
本当に感慨深い体験であられたことでしょう。
おめでとうございました&お疲れ様でした。

彼女のご出身が我が家の隣の市で、
新聞の地方版に
毎日のように恩師の方や地元の方などの記事が載ってました。

Y崎さんが宇宙を目指すきっかけになった松本零二さんが
いろいろ取り上げられたことや
(松本氏、最近明るいニュースでは出てこられなかったので)

ラピュタの名曲「ハトと少年」が話題になったのも
うれしいことでしたね♪


まがりなりにも
わたしどもも、
無限に広がる大宇宙 (ピロロピロロ)
星の海に思いをはせた世代でありますので、

宇宙に手を伸ばすことには
やはり思いをはせずにはいられませんね。








以下はわたしの戯言です。







しかしながら。


自分の星のこともままならない地球人。




紛争や争いは日常。
平気で自分の子の命さえ奪う大人。
躊躇なく他人を刺す少年。
食べるものがなくて死んでいく子どもたち。
そのかげで自分の富だけ願う亡者たち。



地球人には、
宇宙に飛び出す権利があるんでしょうかね。

宇宙での生活は
一日で1億円かかるそうな。

何億円もかけて、
シャボン玉の実験・・・、
これは正規の作業以外の
自由時間の実験とのことでしたが
正直複雑な思いもありました。

もちろん!
宇宙から見た、きれいな美しい地球。
これらを再認識させて、
たったひつつの地球を大事にしていこう
と、アピールすることはできますよね。


地球人は地べたにへばりついて生きていればいいとは
決して申しませんが、

見上げる遠い先も大事だけど
すぐそばにある足元を固めなければ
自分自身が沈んでいくということも
考える必要もあると思うのです。









それとですね、
今回非常に気になったのが。

ママさん飛行士としても話題になったY山崎さんでしたが。
彼女が華やかにズームアップされる後ろで、
ご主人さまがどうしても・・。
女性の社会進出は、
やはりなにかの犠牲なくしては、なしえないのでしょうか・・・。
シャトル計画に
ワークライフバランスの難しさの一端を見た気がしました。
それも今回の計画のテーマの一つだったのかもしれないですね。








戯言お読みくださりありがとうございました。
スポンサーサイト



別窓 | 自分語り | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<噂によれば | 冴島家の人々 | 護星者でよっこらせ>>
宇宙のファンタジー。
ROMIさん、わたしもファンティーヌ役で山崎努さんの娘さんのあのひとを連想しました・・・。
同姓同名ですね。
いやはや、宇宙は深いですね・・・。
2010-04-23 Fri 23:50 | URL | ハセケン #6z5rDn8.[ 内容変更] | top↑
でしょー
字も同じですからね。
うーん、宇宙は深いですよ。
深すぎて飲み込まれちゃうんだろうな~・・・。
2010-04-25 Sun 20:08 | URL | RO-MI #CTg5lrAk[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-05-01 Sat 10:33 | | #[ 内容変更] | top↑
ありがとうございました
コメントくださいました方、
ありがとうございます。

そっかーそんなやりとりもあったんだ。
それは確かにビミョーなやりとりだ・・・。

おっしゃるとおりいろんな事情が絡んでると思うのですが、
ちょっと複雑な気がしましたね。
2010-05-04 Tue 20:34 | URL | RO-MI #CTg5lrAk[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 冴島家の人々 |