FC2ブログ
真剣者も追い込みー
2010-01-17 Sun 20:36
あと3回となった真剣者!
毎年このあたりは、戦隊が追い込み時期ですが。

なんですか、
真剣はここにきて怒涛の展開でございますからね。

殿が影武者だったという設定、
最初はびっくりでございましたが
受け入れてみると、なかなか深いのですなこれがまた。

殿=丈瑠が
殿さまでない自分を省みて
「びっくりするほどなにもない」と苦笑いするのですが。
せつのうございましたなあ。

津田寛さん演じる丈瑠の父さんが
紙飛行機を飛ばしながら
「落ちずに飛び続けろ」というのですが。

これもせつねー。

丈瑠が殿であることを疑いもしなかった頃に見ても泣けましたが。
じつはこんな設定があったという面で見てみると、
ちび丈瑠の背負ったものの大きさに
大変せつなくなるのですなあ。

一人泣きながらモジカラを練習するちび丈瑠に泣けたー。

12話「大河」で、
我らが鋼牙も大きなものを背負いますが、
まっすぐ、ただまっすぐにそれを背負えばよかった鋼牙とは
また違う苦しみですね。

残して逝かねばならない父さんも、
それを支える彦馬さんも
おつらかったことでしょう。

丈瑠はそれはそれは立派な影武者として成長しましたが、
本来の姫が現れ、
影武者としての使命が終わる。

自分の存在価値や意義を求めてあえぐ丈瑠は
進む道を見失いかけて
十臓と一騎打ちをするのですが、
騎乗してのアクション、がんばってましたね!
とてもよかったです。
ここ数年のレッドのアクションで
大変印象に残りました~。
次回決着はつくのか、楽しみですね。

その殿を演じる松坂くんのブログで
シンケンジャーオールアップの記事がありました。
相葉くん以外ほとんどデビュー作のような今作のなかで、
駆け抜けてこられたキャストのみなさま、
ほんとにお疲れ様でした。
あと数回、
見届けますぞ。
スポンサーサイト



別窓 | スパヒロ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<ジオンの栄光をやらせはせんぞ! | 冴島家の人々 | 成り立ちバトン>>
Re: 真剣者も追い込みー
そうですね、一時なかだるみか、なんて思いましたが、流石は靖子さん!
十臓がゆがんでる、ゆがんでる言ってたのはこれか、と腑に落ちましたよ。
実のところ、この手のお話大好きなんです私。
西洋物ですが、ローズマリー・サトクリフの王のしるし、浜たかやの風草原を走るなど、身分の低い王の身代わりの物語。
このふたつの物語では主人公は結局最後、それぞれの形で真の王になりますが、丈瑠にはどんな結末が待っているのか、しっかり見届けたいと思います。
しかし、姫のじいの馬鹿ぶりは気になりますね。大切な跡取りの後見なのに、あれはないだろうと言う感じ。
冷酷なら冷酷でもう少し頭の良い、空気の読める人にしてほしかったですね(まあ子供にもわかりやすいやな奴なんでしょうが)
肝心の姫が聡明なのが救いですが。
来週はげんちゃんと姫が相対してますが、これは面白そう。
げんちゃんは侍じゃないから、唯一自由に動けるわけです。
この辺の人物配置は上手ですよね。
2010-01-17 Sun 21:23 | URL | aoneko #ONVmrvNQ[ 内容変更] | top↑
ほんとに!
いつも的確なコメントありがとうございます。
ほんとに、ここにきて一気に展開ですね。
でもじつはずっと前から伏線はきちんと張られていたという・・・。
おっしゃるとうり「ゆがんでる」もそうですね。
まっすぐであれと思っていても、
仲間を偽っていることへの後ろめたさなどもあったでしょうに。
丈瑠と仲間たちのラストへの疾走、
見届けましょうね。

姫のじぃ、あれはねーほんとあったまきますよ(笑)。
そうそう、いやな奴に際立たせてるんでしょうけど。
姫はその点きちんとわきまえていて。
「一緒に戦ってくれ」と流之介たちに頼むあたり、
なんとまっすぐな・・・よよよ。
きっと彼女の苦労人だったのだと思いますね。
うーん深い。
2010-01-19 Tue 19:12 | URL | RO-MI #CTg5lrAk[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 冴島家の人々 |