FC2ブログ
重鎮たちが
2009-07-28 Tue 21:07
先週末は、
すっかり牙狼映画化で盛り上がってしまいましたが。

実は新聞の訃報欄で
とてもびっくりした記事がありまして。
(わたしは毎日訃報欄ちぇっくるすやつです・・・)

金田伊功氏と、
高久進氏。

アニメ界、特撮界の重鎮であったご両名が
お亡くなりになったそうです。


金田氏は
アニメ界を風靡した、トップアニメーターでいらっしゃいました。

ヤマトや999、
ゲッターロボー始め東映関係の多数の作品。

そして
いわゆる「金田パース」と呼ばれた
独特の絵風など
とても印象的な作画をされる方でしたね。

wikiってみたら、へー。
ふしぎ遊戯や青の6号など、
新しい作品もいろいろ担当されていらしたんですね~。

このころは、
板野一郎さんなど、
絵風を見れば人がわかるという
インパクトのあるアニメーターさんが多かったような気がしますね。

彼らが送りだした作品が全盛期だったROMIは
新聞見て絶叫しましたよ。
2号が、「どうしたの!お母さん!」って
2階から飛び降りてきました。
残念ですほんとに。



そして高久進さんですが、
言わずと知れた脚本家さんです。

ゴレンジャーはじめ、特撮界を支えていらした
正真正銘の重鎮さんです。

調べたら、イナズマンやザボーガーなども
書いていらしたんですね。
宇宙刑事ももちろんかかわっていらして。
メタルダーのメインライターさんでいらしたのは
わたしも存じ上げておりました。

こちらも、訃報欄みて
絶叫でした・・・・。
金田さんから2,3日しかたってなかったのに。


人の常として、
仕方のないことですが、
偉大な功績をなした方がなくなるのは
ほんとに残念なことですね。

彼らの残したものは
きっと遺志を引き継ぐ後輩スタッフさんたちが
大事にしていってくださることと思います。

ご冥福をお祈りいたします。


スポンサーサイト



別窓 | 関連 つらつら | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<あと4日 | 冴島家の人々 | 伝え続けられています~!>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 冴島家の人々 |