FC2ブログ
今更なものにはまっております
2009-02-27 Fri 19:44
今日は昼間に雪模様でした。
少し積もったら楽しいのでしょうが、
関東は積雪3センチで首都機能麻痺ですので
これっくらいでいいのかしら。

ほんとに寒かったですね。
こちらではインフルエンザもまた猛威をふるい始めているところです。
もう3月とはいっても、まだまだ寒いさなかですので
本当に体調はきをつけましょうね。


で、今日のタイトルですが
昼間のCSが楽しいのです。

あ、わたくしめの名誉のために申し上げておきますが!
ROMIはどんだけTVばっか見てんだろうと思われるかもしれないですが
お仕事も、学校のPTAも、もちろん家事もばっちりしております!



で、本題です。

なんだか楽しいのですよー。

犬夜叉、ラブ☆コン、るろうに剣心。それとイタKISS。

犬夜叉は家にいて見られるときだけですが、
ラブ☆コンと剣心は録画して家族と見ています。

とくに剣心!
かぁ~~~楽しい。
今更ですが楽しいです!

今13歳の1号が生まれたてのころに始まったんですよねー。
なあつかしい。
赤子抱えながら
のたうちまわっていたのを覚えていますよ。

言わずとしれた、明治維新を駆け抜けた男たちが
それぞれの道を進んでいくお話ですが。

わざわざ詳細を説明する必要もないくらい
ここをのぞいてくださっているみなさんは
おそらくまったくちではないでしょうか。
と、同意を求めてみる(笑)。

今は志々雄一派との戦いの最中です。
わたしゃ剣心よりも
断然蒼紫派でした。
いや、現在進行形で
蒼紫さまLOVEです。
おかしらー!
あいや、お師匠も捨てがたい・・・。

わが家の息子たちは基本ソードアクション好きなので
食い入るように見ております。


ついでに面白いのが
週末にキッズステーションで放送してる「いたずらなKISS」。
題名だけは聞いたことあったのですが
こないだはじめてみてはまりましたー。

クールでかっこいい入江くんと
ドジっ子でめげない琴子ちゃんの話ですが
なぜかえらくはまってしまって楽しんでいます。
先が楽しみでしょうがないので
今度TSUTAYAで全部かりてこよー。

これ、作者の多田かおるさんが作品途中で急逝されてしまって
作品的には未完なんですってね。
でもご自身のメモやなにやらから、最後のエピソードを作って
完結させたとのことでした。

知らなかったのですが、韓ドラや台湾ドラマ、
舞台にまで展開されてて、すんごいヒットしてるんですってね。
素敵なヒーローとドジでかわいい主人公。
少女漫画の王道なんだろうな~。
その王道にはまってるやつがここに。

毎日大変忙しい思いをしてるので
少しでも生活にうるおいをーーー!!
(現実逃避ともいう・・・)
スポンサーサイト



別窓 | 自分語り | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<今日のDCD | 冴島家の人々 | こないだのスパヒロ>>
いや~、懐かしいですね、色々。
イタKISSの作者は亡くなった時30代だったんですよね。
あの頃若い漫画家の突然の死が相次ぎ茫然としたものです。
犬夜叉は先日ようやく結末部分を読みました。
弥勒様と珊瑚ちゃんが幸せな家庭を築いて何よりで、殺生丸が、かごめにお義兄さん呼ばわりされて不機嫌顔だったり、りんに紫の上に対する光源氏状態だったりして、よかった、よかった。
犬夜叉もかごめも幸せそうだし、良い結末でした。
るろ剣、あれで相良隊長の事を知ったんでしたっけ。
斎藤一もこれで人気が出て、さらに大河ドラマのオダジョのおかげで土方沖田を上回る人気が出たのは良いけど、お墓が荒らされて大変な事になったのは嘆かわしかったです。
剣心も蒼紫も斎藤も、それぞれかっこよくて好きでしたね私。
2009-02-28 Sat 14:30 | URL | aoneko #ONVmrvNQ[ 内容変更] | top↑
ふっふっふー
いつもクリティカルなコメント
ほんとにありがとうございます!

犬夜叉、終わったのですかー!
幸せなエンディングだったんですね。
よかった~。
一時期は未完か打ち切りかと心配だったので、
安心しました!
弥勒法師と珊瑚ちゃんのかぽーが一番好きでした。

剣心も一時期を風靡しましたよね。
そうでしたか、斎藤さんそんなことがあったのですか。
ファン心理も分からなくはないですが、
していいことと悪いことくらいは考えてほしいものですよねぃ。
ここのキャラクターは男性も女性もみんな魅力的でしたね!
きちんと見返してるいま、ほんとに楽しいです~~。
2009-03-01 Sun 19:03 | URL | RO-MI #CTg5lrAk[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 冴島家の人々 |