FC2ブログ
20世紀少年が面白いですー
2008-09-08 Mon 20:20
牙狼<GARO>の今日の再放送は2話「陰我」。
とりあえず勢いでひっぱる導入部の1話につづき、
魔戒騎士のなんたるかを説明してるのがこの2話でございますね。
イシュターブとの鎖戦が印象的なお話です。

「1年で20倍にして返す」といって金を集めまくった九条氏。
20倍なんていうコピーに集まるバカがほんとにいるんだろうか。
いるんだろうな・・・・。

ご、5万円はすずめの涙ぢゃないぞう!と
声を大きくしていってみる。


さて。
昨今の映画公開で話題になってる「20世紀少年」
友人にコミックスを借りて読み出しました。

おそろしいほど面白かった!



日本が高度成長期のまっただ中の1970年代。夢と希望に満ちあふれた時代。

少年たちは、自分たちの夢や妄想を語り合い、
“よげんの書”と名付けたノートに書き込んでいく。
大人になるにつれ、そんな空想の記憶は薄れていく。

しかし、1997年、お得意先一家の失踪や幼なじみの死をきっかけに、
その記憶が次第に呼び覚まされていく。
そして、世界各地の異変が、
昔幼い頃空想した“よげんの書”通りに起こっていることに気づく。
出来事に必ず絡んでくる謎の男“ともだち”との出会いによって、全ての歯車は回り出す。


先が気になって気になって、
最終巻のひとつ前まで1日で読み切りましたぞ。
今日がオフでよかった!
なんつー緻密なお話なんでしょうね。すごいです。

30年くらいの時間軸がきっちり組まれていて、
キャラはたっくさんいるけど、そのどれもがきっちり書きこまれてるし
ぐいぐい引き込まれちゃいましたよー。

じつは、友人から最終巻だけまだ届いてないので(ええ、ひどい生殺しです!)
この週末に届けてくださるとのことなので
とっても楽しみにまっているところであります!

でもって、いろいろ検索をさまよっていたら
いつもの「○○占い」で
「20世紀少年占い」なぞがありました。
なんでもいけるね、これ。

もちろんやってみたさね。
結果はこちら。


RO-MIさんはヨシツネ です!

● ヨシツネさんは、ちょっぴり引っ込み思案なはにかみ屋さん。
どんな人や物事に対しても謙虚で控えめなので、
いつも一人で黙々と仕事をこなしていくタイプでしょう。

また、頼まれると嫌とは言えず、つい余計な苦労を背負ってしまいがち。
もともと人に尽くすのが好きなあなたですが、
嫌なことや無理だと思ったことは、きちんと断るようにしましょう。
時にはハッキリと自己主張をすることが、あなた自身を守ることにもつながります。

恋愛面でも、自分を積極的にアピールしていく勇気が必要。
最初から自分には無理なのだと諦めてしまわずに、
好きな人ができたら、頑張って告白してみて下さい。
友達に相談すれば、きっと心強い味方になってくれるはずです。

● RO-MIさんのラッキープレイスは、押入れの中です!


分かる方だけでもにやりとしていただければ!

毎度のことながら
この手の占いにすっげあたってる自分が怖い。

週末の最終巻の到着を楽しみにしながら
手持ちの分をじ~っくり読み返しておこうと思う
うっかり密林で全巻大人買いしちゃいそうなROMIでございました。
スポンサーサイト



別窓 | 自分語り | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<CS事情 | 冴島家の人々 | ヤマショー キバTV版にも進出>>
No title
ご無沙汰しておりますってつっても一度しかコメントしたことないですがi-179

こんにちは。
20世紀少年、気になってて映画観たいなーと思ってはいたんですが、原作がそれほど面白いとは!

読みたいですーーー、私にも貸してください!!
なんっちゃって。


牙狼も見たいなあ。
2008-09-11 Thu 14:38 | URL | たっちー #-[ 内容変更] | top↑
No title
こんばんは、ご無沙汰致しました。
最近バテてましてロムだけさせていただいてました。
20世紀少年、立ち読みしてましたがラストのあたりは読んでないのですよね。
休載期間が長かった事もありまして、気が付いたら完結してしまってました。
気になってます、物凄く。
浦沢さんといえば、押しも押されぬ人気漫画家さんですが、国営放送のドキュメンタリー番組を見て大変な思いでこの作品を描いていた事を知りました。
自分の描きたい事と読者の興味の焦点が微妙に違ってきてしまっていたそうです。
思いどうりに行かない現実と、過労で傷んでしまった体…整体に通いつつ必死に描き続けたとか。
映画よりもまず結末をよまねば!
2008-09-11 Thu 21:28 | URL | aoneko #ONVmrvNQ[ 内容変更] | top↑
ありがとうございます~
>たっちーさま
またまたおいでくださいまして感激でっす!
今話題の作品ですからね~、
CMもばんばんやっていますし気になりますよね。
長いし、そろえると結構な金額になりそうですし
漫画喫茶あたりでお読みになってもいいかもですよ~。

ふっふっふ、牙狼もきちんと見ておりますよ。
再放送も追いかけておりますし!
なかなか記事にできなくて申し訳ない限りですが
みなさまで追いかけてまいりましょうぞ~~。

>aonekoさん
きゃーん、お元気でしたかっ。
いやほんと、気温差が激しくて体にこたえますよね。
体調管理はしっかりせねばです。

そうですか、連載期間もながかったんですね。
休載もあったんだ。
それはリアルタイムでついていくのはつらいところですね。

長期連載は、読者の反応が入ってきつつ
書き続けなければいけないということで。
作家さんにもつらいとこですよね。

出版社が欲してるもの、読者の欲してるもの
そして書き手の欲してるもの、
どれも上手に満たせるものは難しいのかもですね。
わたしも怒涛の最終巻の一個前でとまってる生殺し状態なので、
おなじく最後が待ち遠しいところです!
2008-09-12 Fri 19:48 | URL | RO-MI #CTg5lrAk[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 冴島家の人々 |