FC2ブログ
あ~・・・あ~・・あっくしょん!(さぶっ)
2007-08-29 Wed 17:40
明日書くとか言っておきながら、
なかなか予定どおりに過ごせない
夏休み中のROMIですこんばんは。

いっきなり昨夜から涼しくなり、
どうしたんだと、嬉しいような困惑気味のような。
今年は聞くところによると、
夏がめいっぱいあって、
秋がちらっとしかないらしい。

秋好きなカントリー職人には、秋が短いのはホントつらい。

んでもって、冬がめいっぱい寒いとかで・・・。
どうなる、地球環境ー!


ということで。
アクションの話をしようと思ってたんだー。

さかのぼるならば。
「仮面ライダー」のライダーキック

あんなに高くジャンプして(トランポリンですが)
あんなにかっこよくキックをきめるってのは(キックは別撮りですが)
しゅごいなー!
って思ってたのが始まりかな~。


特撮歴長いROMIが
「アクション」を意識しだしたのは
宇宙刑事シリーズや、「バイオマン」「チェンジマン」あたりでした。
重厚なストーリーに絡んでくるアクションがかっこよくってね~。


いや~。
JAC、ほんとーに好きだったの。
ファンクラブ入ってましたもの


当時はほんとにJAC全盛期。
千葉さんもシャチョさんで健在、
真田さんも志保美えっちゃんもまだ在籍中。
「影の軍団」も大人気。大好きだったー。
幕末好きなわたしはⅣが一番好き♪


もっとJACにつっこむようになったのは
シャリバン=伊賀電を演じていた渡洋史さんがJAC所属だったことから。

その頃は、特撮でもアクション出来て演技もそこそこ(そこそこってのがミソ・笑)にできる人が
多用されてたんですよね~。
渡氏もその後連続でメタルシリーズに主演・客演を続け
その人気は不動のものだったのさー。
去年はボウケンジャーで久々に特撮界にそのお姿を現し
(映ちゃんのお父さんだよ)うれしかったー!

黒崎輝氏とかも大人気だったなー。
その黒崎氏がカバ丸をやった「伊賀のカバ丸」は普及の名作だよ。
今は奥さんとスキューバのお店をやってらっしゃるとか。

アクションできる女優さんで人気だったのが
シャイダ―で「女宇宙刑事アニー」を演じ一躍ヒロインになった、
森永奈緒美さん。
雨宮監督の仮面ライダーZOにも御出演~。


そうそう、伊原剛さんもJAC出身なんです~~。
Vシネでもいっぱい出演されてる田所さんこと山口祥行さんとかも。

顔だし俳優さんももちろん好きだったけど、
スーツアクターさんもこのころから好きでした~。

今はコーディネーターのほうに転身されてらっしゃいますが
(あ、ネクサスぢゃないよ←誰も言わんて)
ギャバン・シャリバンのアクションを担当されてた村上潤さんとか。

シルバ・ブーバなどで悪の幹部づいてた、岡本美登さんとか!

今でも現役、日下さん蜂須賀兄弟さんなどなど。



渡さんが退団されたのをきっかけに
わたしもファンクラブは脱退いたしましたが・・・。
その後も楽しく追いかけております。

アギトからメインのライダーを演じてる高岩成二さん。
ほんとーにかっこいいし、素敵なアクターさんです!
キャラによって役作りをしっかり演じ分け、
変身後も惹きつけてやみません。

岡本次郎さんも忘れちゃなんねー。
王蛇は歴史にも残るアクションですよねーaonekoさん!
(とふってみる)

ああ、どれほど語っても終わらない・・・。

その頃はJACくらいしか大きなアクションチームなかったんですが。
今ではたくさんになってきましたね。


歴代レッドをずっとやってこられた、新堀和夫さん率いる
レッドアクションクラブ

ここ数年の戦隊でリーダーを演じてらっしゃる福澤さんや
ライダーで高岩さんと対をなす、伊藤慎さんも
ここの所属。
あ、仮面ライダーNEXTで、伊藤さんがV3を担当されるらしいです~。




あとあと!
言わずとしれた、われらが横山さん率いるAAC
もうなにも言うことはないです、
AACがなかったら牙狼<GARO>はないですから!
7話「銀牙」の鋼牙と零の生身アクションを見たとき、
ああ、日本のアクションもここまで来たのかと、
本当に感動いたしましたものです。

ごめんなさい、上げきれないチームもたくさんあります。


たとえば肘井美佳ちゃんのように、
「アクション」を自分の持ち技として身につける俳優さんも多くなってきているよう。
殺陣やアクションもできると、
ずっと枠が広がりますものね。
アクション=吹き替えがやるものという認識はいまやないわけですよ。

スーツアクターさんにもファンがつくという時代。
「アクション=主役の吹き替え」という図式は
すっかりなくなりましたね。

どんなにCGが進歩してきても
人と人がぶつかるリアルなアクションには
かなわない部分もあると思うんですよ。
命をかけたガチンコ勝負であるわけですものね!


ああ、いつにもましてまとまりのない文章で・・・。

どうぞどうぞこれからも
血沸き肉踊る豪快かつ華麗なアクションをくりひろげ
アクション界を盛り上げていってほしいものです~~~。
ついていくぜー!
スポンサーサイト



別窓 | 自分語り | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<夏がゆくぜ | 冴島家の人々 | 世界のはじっこからおめでとうー!>>
お呼びですか~!
はい、やはり岡本次郎さんは重要です。
シャンゼリオン、龍騎と二度目なこともあり、萩野さんとの連携はお見事でした。
ラスト、警官隊に突っ込んでゆく浅倉、役者さんがスーツアクターさんのフォームをコピーしてましたからね、なかなかです。
しかしよく「浅倉は変身すると胴回りが立派になる」
なんていわれてまして(笑)、唯一胴回りがつりあったのは映画版カブトの武蔵さんだけかなと。
龍騎という作品は私にスーツアクターさんの重要さを気づかせてくれました。
顔は見えなくても、動きにも個性があるんですね。
外国から勉強に来る方もいるくらいですし、日本は誇ってもよいと思います。
2007-08-30 Thu 07:00 | URL | aoneko #ONVmrvNQ[ 内容変更] | top↑
ありまとうございますー!
おお、召喚いただきありがとうです~。
次郎さん、忘れちゃなんねーですよね。
なんつっても、ブラック以降、
ネオライダーを支えたアクターさんですもの。
そっかー、ハギーと次郎さんは
シャンぜリオンからの付き合いでしたか。
王邪は変身しても、全然イメージ変わらなかったのがすんばらしかったですよね。
胴回り(笑)、レンゲルなんかもそうでしたねー。
「変身したら無敵」なんてのも言われましたね。

ほんと、スーツアクターさんなくして今の特撮界は語れないです!
2007-08-30 Thu 23:18 | URL | RO-MI #CTg5lrAk[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 冴島家の人々 |