FC2ブログ
勢いで続けてしまおう!
2006-07-17 Mon 16:02
もうね。
なんか、なにも手につかないので
(ただ単に家事をサボってるだけとも)。
朝方はなんだか、えらく早く目が覚めてしまい。
家族が起きてくる前に「水槽」から少し流していたり。

あ、他の回は普通に流せても
「水槽」は、わたし的に流し見しちゃいけない回だと思ってるので、
大事に大事に見ています。
・・・見たら、また涙。
「生命」まで来て、また涙・・・。


なので、
開き直って
今日は牙狼<GARO>の余韻に浸ろうではないかと。
ごめん、お母さん
今日はなんもできない(きっぱり)!


わたし、変に盛り上がっておりますが。
リアルタイムで楽しまれた組のみなさま、
後発組の盛り上がり、笑って聞き流してやってくださいませね。



勢いでさっきの続きも書いちゃいます。



メシアとの死闘のあと、
魔導輪より伸びてくるキバの腕。
メシアに力を吸い取られたのか、
若干へたれ気味ではありましたが・・・。


それを迎え撃とうする鋼牙と零でしたが、
キバの邪気に阻まれて二人とも鎧が召還できない!

「俺を投げ込め!」とザルバ。
それを受けて、躊躇なく相棒を投げ込む鋼牙。
ぐわー、ザルバァーーーー><(滝涙)!


魔道陣のリングの乗せられて戦う鋼牙。
面白かったけど、空飛ぶ魔道陣に目が行ってしまって、
熾烈なバトル自体に集中できなかったので、
またじっくり見ねば。

で、話題沸騰の(そうか、そうなのか?)、
零が飛んでくるシーン。

かっこいいよ、かっこいいけど。
ごめん、ちょっと笑えた。
なじぇ?なじぇ飛んでくるですか?
彼にも静香の思いで翼が生えたとですか?

そして、ビルに突っ込む魔導輪。
これにはちょっとびっくりしちゃったかも。
インパクトは大きかったけど。
よくこれが映像で許されたな~と思っちゃいました・・・。


で、吹っ飛ばされてビルに取り残される零を置いて、
再び動き出す魔導輪。
道路を吹き飛ばし、船を壊しながら転がり続ける。
おお、地上が大変なことにー。
このバトルの損害はどこが責任もつんかね。
この辺も語れそうだ。


高速で回ってる環っかの上でバトル。
あああありえねえ~~~。
靴とけるー。
背中焼けるー。
頭はげるー。

魔導輪がふっとび、道路に叩きつけられる鋼牙。
生身バトルは燃えますね!
戦隊なんかも、ラストは毎回変身不能に陥って
生身で戦うのがお約束なんですが。
だからこそ最後の変身が生きてくるわけですね。

そして、そして!
鎧の召還!!
魔天使たちが、パーツを持ってやってくるんですねー!
(すみません、魔天使、ちょっとキモいですが)
このときの鋼牙の表情が!
いい。ただひたすらいい。

バンッと装着!
うおー、盛り上がるー&泣けるー!

マント着用の正装バージョンですねー。
1話へのオマージュになっているのか、
魔導陣と炎をしょって登場!
初期OPがまた泣かせる演出だあだあだあ。


キバが言い放つ。

「お前ひとりでなにができる」

「俺はひとりではない!英霊たちとともに戦ってきた!」

幾代にもわたり受け継がれてきたガロの群れ。
迫力ですねー。
彼らの大いなる思いを抱いた、鋼牙=ガロの一撃。

このあたりも大泣きです。



そして。
戦い終わった後、
・・・ザルバが砕けます。
「今まで楽しかったぜ」と言い残して・・・。

ああ、打ってて涙出てくる・・・。

「ザルバ・・・」
左手を握り締める鋼牙の、振り絞るような一言が切ないですね・・・。
ほんと、涙涙です・・・。

思えば。
大河より、ゴンザより、もっともっと傍にいた・・
いや、傍にいたというより、限りなく鋼牙と同体同心だったザルバ。
悲しみも喜びも歴史もともにあった。
それをなくすということは、まさに半身をそがれる思いだったはず。

這い上がって掴んだ勝利の代償は、
あまりにも大きかったことでしょう。
でも、ザルバは鋼牙に「自分を投げ込め」と言った時点で、
自分の末を理解してると思うんですよね。
それが分かっていても、鋼牙にすべてを託した。
ザルバの深い深い思いが伝わってくるようです。
魔戒之書で「ザルバもまた英霊になった」と記述してあったのが、
また涙を誘うですね・・・。

あああ、画面が涙でゆがむよ、ママン。



ラスト。
爽やかです。
爽やかな別れです。

鋼牙は北の管轄へ。
カオルはイタリアへ。
零は正式に東の管轄へ着任。

「しばらくお別れだ」
それぞれ、別れの瞬間に涙はありませんでしたね。

見てるわたしは大泣きでしたが。
もうこの辺、脳内は妄想の嵐が吹き荒れておりまして。

実は、
鋼牙はカオルを離したくなかったろうし。
カオルもまた鋼牙の傍を離れたくなかっただろうし。
零はやっと出来た仲間と離れたくなかった、と
思うんですよね。

それでもなお、自分の、相手の、求める道を貫いていこうと。
この部分、脳内補完話がいっぱい出来そうです。

零より、
新しい命を吹き込まれたザルバが鋼牙に手渡されます。

「お前の名前はザルバだ」
こうして、ザルバと鋼牙の新しい歴史が始まるんですね。
くううー(涙)。

そういえば、ザルバって、
記憶はなくしても魔戒の知識はそのままあるのかな。


まず零が去ります。
「徒歩で?徒歩なのか?」のシーンですね(笑)。
なんだか、胸がいっぱいになりましたよ。

「俺にはお前がいる」
シルヴァをそっと握り締める零。
ともに戦う仲間を得られても、
本当に支えて欲しい静香には、
思い出のなかでしか会えない零。
彼の行く道にも、少しでも幸多いことを祈りたいです。


「お前には本当に世話になった」
鋼牙がカオルに深く頭を下げます。
ああ、切なすぎてキーボードを打つ手が震えるよ、パパン。
二人の間に言葉はありませんでしたが、
どんな深い思いを交わしていたことでしょう。

鋼牙とカオルの別れの瞬間。
わたしは「しばしのお別れ」と信じておりますが!
ええ、ええ、この二人は結ばれる運命なのですから(力説)!
いつか帰ってくるんです、カオルは。鋼牙のもとに。


そして高級外車(命名:O氏)が走り去ります。
鋼牙の手には、カオルから手渡されたかの絵本。

車に乗りながら本を読むと車酔いしますよ。

ぱらりぱらりとページをめくります。
それにオーバーラップして、鋼牙とカオルのシーンが。
いろんなことがありましたね。
つらいことも。一緒に笑えたことも。みんな乗り越えて、ともに。

そして、ラストのページ。
K氏へのスタッフからのサプライズとなったとのことですが。
この辺のくだりも素敵ですよね~。
スタッフキャストが
ほんとにひとつになってたってことが感じられるエピソードです。


でもこのシーン、
わたしはまず純粋に、
「カオルから渡された最後のメッセージ」を読んだ鋼牙が泣いた、
と受け取りました。

鋼牙の涙が・・あああ、男の涙ってすばらしい。



そして流れる壮大なキャスト&スタッフロール。
こんなにたくさんの人たちが牙狼<GARO>を支えてこられたんだと、
名場面のカタルシスとあいまってひたすら涙。
最後にどーんと「雨宮慶太」。
ありがとう監督ーーーっ。

そして、
「暗黒魔戒騎士編 終」


エピローグ。
雪原に一人立つ鋼牙。
彼の胸に去来するものはなんでしょう。
ザルバの「邪悪な気配が」の一言に
振り向きざますらりと魔戒剣を抜く鋼牙。

彼の戦い、いや、彼らの戦いは終わらないのです。



「お母さん、
さっきからパソコンに向かってなに泣いてんの?」

と、子ホラー2号・・・っ。

お母さんは幸せなんだよー、
こんな歳になっても、こんなに熱くなれる作品に出会えて。

また夜になったら見返そうー。
ガロプロイベントも盛り上がるじょー!
DVDもスペシャルも楽しみだー!

あ、そうそう。
ファミ劇でスペシャルの予告が入りましたよ。
「再びゲートが開く!」
って。
「続編」とあったんですが、スペシャルのことでいいんだよね。

まだ正式な時期は分かってないんですよねー。
年内は年内だろうな。
どんなお話になるのかヒジョーにヒッジョーに楽しみです!!

今ロケ中のようですが、暑さの中キャスト&スタッフもみなさま、
どうぞお体に気をつけて頑張ってください!



とりあえず、今日は浸るよあたしゃー。
長文にお付き合いくださり、感謝感謝。
スポンサーサイト



別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<祭りは続く・・・ | 冴島家の人々 | 1夜あけて  >>
こんばんは~、連続でお邪魔致します!

思い出します、4月最初の日の1時半、赤酒の代用品のワインを用意して正座してテレビの前に座っていた時を。
私も見終わった後、とても眠れませんでした。
今まで特撮物を見ていたのはこの作品に巡り合う為だった、そう思えるだけの作品でした牙狼は。

ザルバの崩壊には泣きました。
ザルバといい、シルヴァといい、契約というドライな言葉を超える関係をそれぞれのパートナーと結んでいますよね。
記憶はなくなったけど、また新たに歴史を積み重ねてゆけると信じてます。

絵本を見て涙を見せる鋼牙、このシーンに小西君の素直な性格が良い感じで鋼牙とオーバーラップしているなと感じました。
勿論、見ているときは冷静な分析など出来る筈もなく、もらい泣き、でしたよ。

ラストページ、見せなかった演出は大正解だと思いますが、監督によるとラストページまで下書きは出来ているとのことなので、いずれ形になる日を楽しみにお待ちすることにしてます。

エンディングで流れた曲「英霊」と新魔界のシーンで流れた曲「信じあう心」はエンドレスで聴いています。
音楽も良かったですよね、牙狼は。
2006-07-17 Mon 20:49 | URL | aoironeko #ONVmrvNQ[ 内容変更] | top↑
♪aoironekoさん、
たくさんの嬉しいコメント、
ほんとにほんとにありがとうございます!

ほんと、終わった後は頭真っ白でした。
予習(笑)していたわたしでさえこれほどだったので、
リアルタイム組もみなさんは、
ネタバレもなにもなしで挑まれたことと思うので、
わたしよりずっと衝撃は大きかったでしょうね。

>この作品にめぐり合うためだった

激しく同感です(涙)。
ほんとに特撮ファンやっててよかったと心底思いました。

音楽、よかったですね~。
実はまだ音楽版未入手なんですが、
どうしても欲しくなりました。
がんばって内職しることにします!


まだまだ語ってまいりますので、
どうぞこれからも懲りずにお付き合いくださいませ~。
2006-07-18 Tue 20:07 | URL | RO-MI #CTg5lrAk[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 冴島家の人々 |