FC2ブログ
重箱の隅をつつくように小さな萌えを語ろう 13
2007-05-22 Tue 08:51
なんて。
なんて久しぶりなこのコーナー。
みなさまに忘れられてるんじゃないかと思われるこのコーナー。

3月の、インフルエンザ更新(なんじゃそりゃ)よりの

2か月ぶりぶりぶりぶり(無限エコー)


そでではきをとりなおしていてみませう。

~~13話 約束~~

ザルバの語りで続けられる総集編。

異例の、1クール終了時点での総集編。
こんな早くの総集編なんて、あんまり見たことないなー。
リアル放送当時はどういう反響だったんだろう、この約束。

もともと25話のなかに組み込まれていたのかしらん。
(そう思うと、いろんなところでささやかれる
唐橋くんの出たというボツになったやつの
穴埋め的ストーリーなんだろうかと勘繰ってしまう自分の浅はかさ。)


でも、すごく面白い編成だとは思うのですよ。
すごく好きな回です。



雨宮文字でバンと映し出される「鋼牙」。
1話の剣技の稽古をする鋼牙の映像にかぶせて、
ザルバが鋼牙について語り始める。
それに続いて、赤騎士戦、アングレイ戦、そしてイシュターブ戦。

「守りし者としての使命が
こいつを突き動かしているんだ」

ひたすらなにかを「守ろう」としている鋼牙がうかがえる一言です。

なにごとにも傷つかない
暗闇でしか光れないダイヤモンド=鋼牙。

それを照らす存在として現れたのが、
・・・カオル。

「遊びじゃないんだ」
「あたしの絵だって遊びじゃないの!」
この見下ろし見上げるアングル、大っ好き!

ここで注目したいのが
ちょろっと入る、自転車便のバイトをしていたカオル。
道に迷って、通行人に道を聞いているような感じだけど。
この映像は本編ではつかわれてなかったやつですよね。

後の24話「少女」の幻のハグシーンのように
撮ったけど使われなかった映像が
実はたくさんあるってわけですよねー!
くー、こういう映像もっとみたいなあなあなあ。


「おっと、こいつは初めて見る顔だな。龍崎駆音か・・・」
と、カルネ様が登場。
いつもながらうるわしー。

ザルバがカルネさまを知らないってことは
ザルバが吐き出したリングはカオルの所在はつかめても、
そのときカオルが何をしてるかとか
誰と会ってるかまではわからないんだよね。


「出会いは不運だった」

偶然巻き込まれてしまったアングレイ戦のさなか、
ガロが斬ったアングレイの返り血をあび、
血に染まりしものとなってしまったカオル。

「あのとき、ホラーの返り血を浴びなければと考えちまう」と
ザルバは言っていますが。

このとき、この出会い方でなければ
後のあの展開はありえないわけですし。
えと、わたしもここでこれを書いてはいないわけですから(笑)
違う出会い方であれば、
それは別のお話になってしまっていたであろうと。
鋼牙とカオルの運命は
ここで、こういうふうにかみ合う運命だったのですよ。

巴がゆく!のラストのセリフとかぶりますよねー(一部限定ネタ:笑)



「できれば月の光のように影を照らすものとして
鋼牙を愛とか夢とか希望といった光に
導いてくれる存在になってくれると嬉しいのだが」

ザルバも、
鋼牙の行く末を案じてるのね。
強いだけではいけない。
闇には光が必要なんだと。
きっと、大河の最後に託されたんだろうな~、鋼牙の未来を。

主従をこえたつながりが垣間見えます。


だったら

そのカオルを

17話「水槽」で、「餌に使え」なんて

言わないでよねーーーっ!



まあ、ザルバも
ホラーを狩るものとして言わなきゃいけなかったんだろうし、
鋼牙なら絶対守れると思ったからの言葉なんだろうけどね。

くう、心までは守れなかったのよさ・・・。


ごほん。

振り返るこれまでのホラー戦。

そして、番犬所の解説では、
作中初めて語られることがいっぱい。
ケイル・ベル・ローズの名前。
狼のオブジェがなんのためにあるのかとか、
小さな剣はなんなのかとか。
シチュエーションでわかっていても、
きちんと作中で語られることはなかった部分。

というか、一から十まで理詰めにしないで
あえてぼかしたままにしておいたんだと思うのだけど。
牙狼の視聴者層はおそらく予備知識を持って
作品を見てるんだろうな~と思っての設定なんだろうな。

零との邂逅。
(う、かいこうって絶対自分じゃ書けない・・・)
7話のほんとーーに熱い肉弾戦!
ふつーの特撮では、ないもん、こんなアクション。
もし自分がザッピングがなんかで偶然はじめてこの総集編にいきあたって、
この7話のバトルをみたら、
絶対1話から見たい!って思うもの。

おお、それか!この総集編の狙いは。

黄金騎士ガロの解説。
試練の鋼牙を振り返ったザルバが
「柄にもなく感動した」と言ってますね~~~。

ふと思いついた!

牙狼<GARO>全編
ザルバの副音声つきバージョン(笑)
面白そうだーーー


轟天や魔導刻の解説。
この砂時計も、後半はなかなか出てこなくなっちゃったね。
絵的には面白いんだけどねー。
無敵の騎士にもリミットがあるってのは
ウルトラマンの戦闘可能時間が3分であるのと同じように
見てる方の「大丈夫だろうけどハラハラする」って思いをあおるんでしょうね。

大昔「メカンダーロボ」ってアニメがあったんですが
どういうわけだったか
合体から数分でミサイルが直撃する、
直撃まえに敵を倒して解除しなければ搭乗員が死んでしまうという
っていう世にも恐ろしい設定があったのを覚えていますが。
あれもハラハラしましたねー・・・。

そして、名場面とともに流れる「SAVIOR IN THE DARK」。
盛り上がるねーーー!
血湧き肉踊るとはこのことです。
変にこまっしゃくれた昨今の特撮ソングにはない熱さでございます。
ぶらぼー、JAMpro!

やがて終わる回想。
「で、今オレが何をしてるかって言うと・・・」

カメラが引いていくと現れる
炎上する列車の上で戦う、ガロの姿。
落ちてってるんだねーー。

これって、
ノベライズ牙狼<GARO>のなかの「旅人」の話とリンクしてるわけですが。
実にうまいねーーー!
カオルと出会って、鋼牙が変わってきたな~・・という
ザルバの回想のもとに繰り広げられた総集編だったのですよね。
おお、あのシーンにつながるのか、唸りましたもの。

「戦いの最中、なにをぶつぶつ言っていたんだ」
「ん?べつになにも・・・」
「俺は不器用じゃないし、冷徹でもないぞ」
「・・・なんだ、しっかり聞いていたんじゃないか・・・」

炎に照らされるザルバがきれいですね~。

このラストの掛け合いだけで、
総集編というより、
一つのストーリーとして完成したのではないかと思います。

ザルバに「これからも見続けろよ!!」と、約束させられた
折り返し地点の13話でしたー。
スポンサーサイト



別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<ファミ劇集中放送~♪ | 冴島家の人々 | たらみーぃたーらみーぃ>>
連投でっす♪
そうそう、カオルに鋼牙を照らして欲しい…なんて期待するなら、エサにしろなんて言うんじゃナーイ! ってワタシも思いました(笑)
ザルバったら、やさしいんだか冷たいんだか…
ザルバの副音声、楽しそうです! いろいろ裏話も暴露してほしい…鋼牙はなんにも言ってくれないからサ。
最初、「総集編か~」なんて、気のないカンジで見始めたんですけど、あっという間に引き込まれちゃいましたね。細かいところまで手抜きナシ!さすがの雨宮組ですね。
2007-05-23 Wed 00:44 | URL | ナツロウ #iyCPUNVw[ 内容変更] | top↑
う~ん、まあザルバはホラーですからねえ、彼には彼
の規範というものがあるんでしょうが難しい所です。
あの列車落下、どこから落ちてるんだな滞空時間でしたが
ただの総集編で終わらないあたり、つくづく牙狼はやって
くれますよね。
2007-05-23 Wed 07:01 | URL | aoironeko #ONVmrvNQ[ 内容変更] | top↑
落ちる電車が小説とリンクした時は
思わず「おぉ~!」と
歓喜の声を出してしまったような気がします

私、小説も大好きです♪
ちょっと悲しすぎるところもあるけど

それにしても
落ちたところは
すんっごい崖でしたね~!

どんだけ田舎に行ってもアレはないでしょう~☆
2007-05-23 Wed 09:10 | URL | 007☆ #-[ 内容変更] | top↑
ありまとうございますー!
いつもわたし拙い文章にコメントくださいまして
ありがとうございますぅ。

>ナツロウさーん
でしょでしょ~ザルバも思うとこあってのことでしょうが
カオルのことだけでなく鋼牙のことも思ってほしいですよねー。
「副音声」楽しそうでしょ~。
「おっとぉ、ガロが牙狼剣を取り出したぜ」とか。
この回は総集編といいつつ、
立派にひとつのお話になってるところがよかったですね!

>aoironekoさーん
うん、そうなのよー。
ザルバも役割があって、しなきゃけないこともあるし、
鋼牙をひっぱらなきゃいけない部分もあるんだろうし。
ザルバも実は葛藤してたりするんでしょうねー。
崖落ちは、もしかしたら実際の時間にしたら一瞬で、
ガロがクロックアップしてるのかもしれないですよう!

>007☆さーん
歓喜の声!ほんとそうでしたね~。
あのシーンと小説、実に上手なつなげ方でしたね。
ノベライズは、バラゴの生い立ちとかがあまりにも救いがなくて
たしかにつらいところがあるかもですね。
その分、最後の転生が泣かせるんですが。

崖!↑でも言いましたが、あれ、
ほんとの時間は一瞬なんじゃないかなあ。
そのなかで常人の目にはうつらないほどの早さで動いてるとかー。
(なんちゅーご都合主義解釈:笑)
2007-05-24 Thu 22:19 | URL | RO-MI #CTg5lrAk[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 冴島家の人々 |