FC2ブログ
果たして冴島邸にサンタクロースは来るか
2006-12-24 Sun 15:18
白夜の魔獣後編放送より2日。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

今日は12月24日。
全国的に浮かれモードなわけですが。
わたしどもも、別の意味で浮かれまくっていますね~。

ということで!
細かい感想は週明けにおいておいて。
今日しか出来ないネタ、行ってみませう。

例のごとく、
牙狼<GARO>を茶化さないで!とおっしゃる方や、
ギャグやパロディがお嫌な方はスルーでお願いいたします。



☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆


果たして
冴島邸にサンタクロースは来るか?!



12月24日。

冴島邸のリビング。
扉をあけてカオルが入ってくる。

「ふわあ・・・、すっかり寝過ごしちゃった」

「もう昼だぞ。よくそんなに寝てられるもんだ」

「昨夜遅くまで絵描いてたんだってば。
・・・って、鋼牙・・・なにしてるの・・・?」

見ると。

リビングの窓際に、昨日まではなかった大きなモミの木がおいてあり。
キラキラのモールや星型やキャンディ型の
デコレーションをほどこしている鋼牙の姿。
その表情は、なんとなく柔らかい感じさえする。

「知らんのか。これはクリスマスツリーをいうものだ」

「・・それくらい知ってるわよ!
ああ、そうか、今日はクリスマスイブかあ~。
なんか忙しくてすっかり忘れてたー。」

「常に問題意識を持って生活していないから
日にちを忘れるんだ」

「いちいち嫌味な言い方ねー。
クリスマスか~去年はケーキの売り子だったな~。
で、おととしはスーパーの厨房でひたすらチキン焼いてたし。
その前の年は・・」

「お前のくだらん回想話はいらん」

「はいはい、そうですかーっ!
・・で、鋼牙・・・それってば靴下・・・?」

大きめの靴下をツリーに吊るす鋼牙。

「ああ、そうだ。
こうしておくと、夜の間にさんたという術者が
この中に贈り物をしてくれる」

「・・!!サンター!
鋼牙の口からサンタなんて言葉が出てくるなんてーっ!」

「なにがおかしい。子どものころからずっとそうだ。
去年は手あれ用のクリームが入っていたぞ」

「く・・クリーム?
だ、だってサンタって・・・サンタの正体って・・・」

「なりませぬ~~~~!!!」

ものすごい勢いで扉をあけて飛び込んできたゴンザ!

「カオルさま!それ以上はなりませぬー!」

そう言ってカオルの口をふさいで外に引っ張り出していく。


それをいぶかしげに見やったあと、
またデコレーションの手を進める、
魔戒騎士最高位の称号を持つ男、冴島鋼牙。



☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆



冴島さんちのサンタさんはゴンザさんということで

訓練つづきで子どもらしいことが一切なかった鋼牙のことを
不憫に思ったゴンザさんが
ずっとサンタ役をしてきたと思ってくださいまし。
ゴンザさん、実はノリノリでこの役をやってきたのでわ?

ということで。

わたしも今宵はサンタになりマース


みなさま、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。

 ☆お手製カントリードール鋼牙くん:クリスマスバージョン☆

m-c-k4.jpg

スポンサーサイト



別窓 | 果たして冴島邸に〇〇はあるかシリーズ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<白夜の魔獣 後編の前半 | 冴島家の人々 | とりあえず一吼え!>>
RO-M Iさん、こんばんはでメリークリスマス♪
です!!

もうもうもう~さんた(ここがミソですね~♪)を未だに信じている鋼牙は萌えです!!
萌えまくります~!!(笑)
かわいいよ~~かわいすぎて~♪
(と、人様のコメントで騒ぎすぎてます、すいませんm(__)m)
確かに、ゴンザがサンタの正体を言わない可能性ってありますよね~~☆
もう、RO-MIさんさすがですよ~
鋼牙にもステキなさんたさんが来てくれていると思うだけで、幸せな気分になりました♪
ありがとうございました!!
2006-12-24 Sun 19:05 | URL | タカツキ♪ミオ #-[ 内容変更] | top↑
 やっぱりゴンザは素敵です。個人的にお気に入りのキャラです。雨宮監督作品の中で、蛍さん過去最高のハマリ役だと思ってます。
 僭越ですが、後日談を思い付きました。

 翌日。
 「まったくもう、あたしより年上のくせにまだサンタを信じてるなんて、鋼牙ったら・・・」
 例によって遅い目覚めを迎えたカオルは、ブツブツ言いながら書きかけの黄金騎士を描いたキャンバスに目をやった。すると、
「え?」
 キャンバスの縁に引っ掛けられた赤い靴下。そこから覗いているのは、油絵用の高級な絵筆が数本。先日、ゴンザと一緒に買い物に出かけた時に偶然見つけたものの、値段の高さに諦めた品だった。
 驚きで声も出ないカオル・・・サンタに縁が無いのは彼女も同じだった。幼くして両親を失い、一人で生きてきた彼女には、サンタなどただの御伽噺でしかなかったのだ。それなのに。
 絵筆を手に取り、慌てて扉を開け、階段を駆け下り・・・
 「ゴンザさん!」
 「どうかしたのか、カオル?」
 朝食を取っている鋼牙が不思議そうに尋ねた。脇にはいつもの様にゴンザが居る。
 「・・・そうか、お前にもサンタが来たんだな。見ろ、俺は今年は靴を貰ったぞ。最近忙しくて、だいぶ痛んでいたからな・・・」
 ちょっとだけ、でも嬉しそうに黒い靴を見せる鋼牙。さっきまで、コイツを心の中で笑ってやろうと思っていたのに・・・。
 カオルは言葉を返す事も出来ない。絵筆を持つ手の震えが止められない。
 「良さそうな絵筆じゃないか」
 心なしか、いつもより優しそうな鋼牙の声。
 「良かったな、カオル」
 「うん・・・」
 「ようございましたな、カオル様」
穏やかに微笑むゴンザがそこに居た。
 「うん・・・うん・・・」
 溢れる涙をカオルは止められなかった。

 お粗末様でした。
2006-12-24 Sun 20:44 | URL | しげくん #8mAmU.cM[ 内容変更] | top↑
うう、鋼牙って浮世離れしてるから、どんなことでもあり得るような気がします。
あ、でも7歳、つまり父上存命時は厳しく育てようと心がけつつも、実は息子可愛くてしょうがなかったんでは、と密かに思ってます。
サンタさんは(絶対絶対気づかれないようにしてた)パパだったかも。
2006-12-24 Sun 20:47 | URL | aoironeko #ONVmrvNQ[ 内容変更] | top↑
皆様、石を投げないでくださってありがとうございますー。

>ミオさあん
ももも萌えてくださりましたかああっ!
身に余る光栄です。ありがとうございます。
幼少にはじめたゴンザさんたも
やめるきっかけがないまま
ずっと来てしまったということで(笑)。
嬉しいお言葉、ほんとにありがとうでした♪

>しげくんさあん
蛍さん、本当にいい味だしてると思います。
(ゴンザも最高だけど
、神谷さんも捨てがたいなあああ。)
ゴンザさんがいたからこそ、
鋼牙というキャラクターに厚みがでたのは間違いないですから。

ほほほ~続けてくださってありがとうございますー。
カオルちゃん、
実は鋼牙以上に切ない身の上ですものね。
冴島邸のみんな、
素敵なクリスマスを迎えられたことでしょうね。

>aoironekoさあん
そうですよねー、冴島さんちは
世の中とかけ離れてるからいろんなネタができます^^。
>パパは息子かわいくて仕方なかった
いや~~~ん、絶対そうだと思います~~~♪
パパは家族をものすごい大事にしてたに違いないですねー!
さんたはじめたのも、実はぱぱりんだったりして。
で、大河なきあとゴンザさんが引き継いだとか・・。
ううっ、そう思うと泣けてくる・・><。
深い、深いぞ、クリスマスー(涙)!
2006-12-25 Mon 17:24 | URL | RO-MI #CTg5lrAk[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 冴島家の人々 |