FC2ブログ
MAKING OF 白夜の魔獣
2006-11-30 Thu 21:54
今日、ファミ劇で放送された「GARO特番」。
結構もりだくさんな内容でしたよー。
おそらくは、白夜DVDに入れられるんでしょうね、これも。



これからよそ様で細かく説明されると思うけど、
うちでもかいつまんで。

まずは、先日のバンダイでの試写会の様子。
みなさんが並んで入場してるシーンもあります。
もしやご自分が写ってる部分もあるのでは^^。

それから、TVシリーズの解説から、
ガロスペを作るに至った雨宮監督のコメント。

鋼牙、零、翼によるコメント。
これは面白かったねー。

小西くんは
「ブランクがあって心配だったけど
衣装を着てザルバをつけたら、自然と鋼牙に戻った」とか
「男3人の現場は楽しかった!」とか
「鈴ちゃんをリードしてあげなきゃって思ってたら、
鈴ちゃんのほうがしっかりしてた(苦笑)」など。
うーん、やっぱりあなたには鋼牙がよく似合うー。
うっとり~~~。

藤田くん
「今回もアクションが大変で、
ワイヤーのあとが一週間とれなかった」
ほんとーに男前になりましたよね。
末恐ろしいよ、おばちゃんは。
山本くんが「(こんな17歳がいる)芸能界って恐ろしい」って(笑)

そして山本くん!
「アクション稽古で横山さんにすごくよくしてもらってたんで
調子に乗ってたら、現場でものすごく怒られた」
すっごくすっごくいい人ですねー、彼は。
時間があれば槍にみたてた棒をまわして稽古してたっていうエピソードが
素敵ですね~。


藤田くんと山本くんはツーショットで対談も。
山本くんの
「深夜の公園の子供用アスレチックで
ずさっと飛び降りてにらみきかせてイメージトレーニングしてた」っていう
エピソードに藤田くんが大爆笑ー。
「(知らない人が見たら)会社でやなことあったんだろうなーって(大笑)」


いや、仲いいねー牙狼<GARO>チームはー。
おばちゃん、ほほえましいー。

あとは、横山さんによるアクションの見所とか、
小坂さんのVFXへのコメントなんかも。

ちょこっと出てくるホラーとかオバケとかが
えっらく怖かったです。
試写会に出た方のコメントで「怖かった」との声を聞きましたが、
ほんとその通り。
あとは、レギュレイスがほとんどゼイラムだったさね。

30分の番組でしたが、
とても盛りだくさんでありました。
あと2週間ほどになったガロスペ放映、
ますます楽しみになってきましたね。




しかーし。
気になることがひとーつ。

カオルがまったくスルーな件・・・。

特ニューの付録DVDには出てるようだけど、
どこまで本編に・・・というかどこまで鋼牙に
絡んでくれるのか
しーんぱーいじゃあああ。

カオルちゃんと鋼牙は、
戦い終わったらオーロラの下で会うんでしょー?

そうなんでしょー??!!
そうだと言ってくり~~~(必死)。



ま、まあ・・。
放映を楽しみにするしかないかな~・・・・。
期待は裏切らないだろう、監督は。
スポンサーサイト



別窓 | 白夜の魔獣 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
そいえば!
2006-11-29 Wed 21:58
明日は。
ファミ劇で

「GARO新作特番」

ですよ、お母さん!
正座して見ねば!

kiji.jpg



ちなみにこれは
うちのケーブルTVのプログラムガイドの
「白夜の魔獣」の記事。



スカパーのガイドがウラヤマシす・・・。
別窓 | 白夜の魔獣 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
重箱の隅をつつくように小さな萌えを語ろう 9-1
2006-11-29 Wed 20:49
みなさま、
わたしの体調にご心配いただきまして恐縮ですー。
ありがとうございましたー><!
おかげさまで昨日一日ですっかり回復し、
来週のハンドメイドマーケットにむけての製作で
今日は張り切って木工制作にいそしんでおりました。

なので、全然時間ないんですが!

でもやっぱり書きたいのよー!
ということで、久しぶりのこの重箱シリーズ。
いってみまーす。

~~第9話  試練~~

「不意に懐かしいという感情に襲われることがある。
それが始めて見るものや風景だったとしても」

あるよねー、そういうこと。
夢で見たことがあるとか、デジャビュとかだったりするけど、
はっきりした意識ではないけど、
意識の奥底に眠ってる記憶が
呼び起こされるときがあります。

とある場所で、カオルがある壁絵の前に立ち尽くしている。

画面が引いていくと、
貼られた絵や走り回る子どもたちから、
そこが幼稚園であることが分かる。

我知らず涙を流すカオル。
そこへ、この幼稚園の園長である八木氏が現れ、
この女神の壁画の修復をカオルに依頼する。

力不足から一度は辞退するカオルであるが、

「あなたでなくてはだめなんです」

との八木氏の強い一言。
怪訝そうに絵を見上げるカオルはあることに気がつく。

そう、
この汚れてところどころ剥がれ落ちてしまってる壁画は
カオルの父、由児の手によるものだった。

この壁画、
現場ではグリーンバックで処理されてるってのが
びっくりだよね。
全然不自然じゃないもん。
公式ビジュアルブックでNG版の女神像を見ることができますが、
それはそれでいいのかもしれないけど
うーん、なんかかわいいパステルっぽい絵で
感慨深い絵かといわれれば、
そりゃNGでも無理はないだろうって感じでしたね。

同じ頃。
いつものように剣を浄化するべく番犬所にいる鋼牙。
ふと何かを思う仕草を見せたあと、
狼の台座に剣を差し込んだ鋼牙は、
光を放つ狼の口のなかに吸い込まれる。

3神官とコダマも驚きを隠せない様子。

???

驚くか、ふつー。
・・・あんたたちってば。
試練の儀式を知らないのか。
自分のまとめる魔戒騎士が
何体ホラーを退治したとか、成績つけてないのか。
100体、誰がカウントしてたんだっつーの。

そして鋼牙が引き込まれたのは魔戒文字の飛び交う
白い世界。
そこに現れたのは誰であろう、
金色(こんじき)に輝く勇ましい鎧姿、
GAROであった。

ところは戻り、八木幼稚園。
ちなみに、我が家のすぐ傍にも八木幼稚園が実在する。
なんか嬉しい。

どういういきさつでここにあの壁絵を描いたのか尋ねるカオル、
八木氏が言うには
「ふらりとやってきて、ここに絵を描かせろと言ってきたとか」。

うーん、由児は裸の大将であったか。

「丁度先代がこの幼稚園を作った頃で、
それ以来ここの歴史をあの絵が見守ってきたといっても
過言ではないかと」
と、しみじみ振り返る八木氏。

見守ってきた・・・ねぇ。
その割には。
写真の一枚も残ってないとは
随分な扱いじゃないよ。


しかも、絵が描かれたころから察すると
園の歴史は15年ほどってことかな。

芸術に没頭していて家族を顧みなかった父を語るカオルに、
先代も園のことを優先にしていて同じだったと言う八木氏。
そういえば、
八木氏のお父様である先代園長って、亡くなってるのかしらね。
もしかしたら引退してて悠々自適ってものあったり。

そこへ「園長先生ー、一輪車教えてー」
と園長室を訪れる男の子が
実はたぐっちゃんの息子さんであるそうな。

八木氏が真剣な表情でカオルに懇願する。
「随分あなたを探したんです。
どうか絵の修復、お願いします!」

八木氏の、ただならぬ意思を感じるところです。
実は、このあたりで脳内補完ができそうなので、
この話はまた後日に。

内なる魔戒で黄金騎士と対峙する鋼牙。
「わたしはお前の内なる影。
そして、お前のもっとも畏れる存在だ」

黄金騎士が言うには、
鋼牙が封印した100体のホラー。
その証として、魔戒獣:轟天を召還する許しを与えるということだ、と。

えとえと。
鋼牙はこのとき25歳なのね。
で、やっと100体を封印。
でもって、零は18歳ですでに銀牙がいる・・・と。
なにげに、鋼牙はGAROの最高位を持っていながらも、
戦歴は浅いのでしょうなー。
魔戒騎士デビュー遅そうだし。

さらに騎士が続けて言う。
「わたしを倒せ。それがお前に与えられた試練だ」

その言葉に興味はないと背を向ける鋼牙だったが。
騎士の一言が彼の歩みを止めた。

「この道はお前の父親もたどった道。
犬死した冴島大河もな」

怒りで顔をゆがめた鋼牙が、
振り向きざまに魔戒剣を抜く。

このゆがんだ顔が、すーきーでーすー。

このコートなしのバトルシーン、
ワイヤーですっと後ろに引かれて剣をかわしたり。
何気にお気に入りだったりします。

剣を突きつけられる鋼牙に、
「ホラー:ハンプティがあわられた」との神官の声が届く。

「まずは魔戒騎士としての使命を果たせ」と、
鋼牙を送り出す騎士。
「わたしはここで待ってる」と。

走り去る鋼牙だが、
どうやってここの世界を抜けていくんでしょうねー。
また、狼の口から出てくるのかしらん。

夜の資材置き場。
でっかいかたまりが、ホラー:ハンプティへと変化する。

いやー、わたしハンプティ大好きでしてねー。
作中のホラーの中では一番好きかな。
なんか、言葉は話さないけど、すごく表情がありますよね。

雨宮監督が韮沢氏のデザインのなかで
ハンプティを一番評価してるってのも
すごく分かるな~。

ハンプティに跳ね飛ばされた鋼牙が
着地してぐっと顔を上げるシーン。
かああああっこいいー。

鎧を召還して戦う鋼牙。
硬い体に流石の牙狼剣も歯が立たない。
重厚な立ち回りが多い中、
ちょこちょことしたアクションが面白いシーンですよねー。

顔面への一点攻撃でキズを与えたものの、
鋼牙も鎧を外されて倒れてしまい、
ハンプティはいずこへと飛んでいってしまう。

飛ぶんだぜ、この重量が。
すごいよな。
ジェット噴射がついてるのか、ハンプティには。

「うちなる黄金騎士に心を乱されたか」とのザルバの言葉。
鋼牙は、戦いの場に残った煙をみやるしかなかった。


冴島邸の朝食の席では、
カオルが無報酬で絵を描いた父の行動について
疑問を投げかけている。

「よほど描き残しておきたかったのでございましょう」
さすがはゴンザさん、歳の功。
よくわかってらっしゃいますねー。

「その情熱の半分でも家族に使ってくれたら、
お母さん病気で死ななかったかもしれない。
お母さんだって恨んでるよ、お父さんのこと」

カオルの、これまで抱いてきた父への思いがよく分かる言葉です。
ほんとに嫌いだったのでしょうね、由児のことを。
わたしのこのあたりの勝手なカオルへの補完は、よろしければこちらに。

「それならば、修復することによって、お父様の真意が分かるかもしれない」
とゴンザの助言。
ナイスフォローです、ゴンザさん!GJ!

そのゴンザに同意を求められた鋼牙であるが
「他人のことに興味はない」と、パンを放り出して席を立ってしまう。

あのー。
おいしそうな朝ごはん、
そんなに残したらバチがあたりますよう。
わたしが作った朝ごはんを家族がそんなに残しやがったら、
全部食え!と、口に放り込むね。

それにしてもなんでしょうねー。
小西くんの立ち居振る舞いのなんと綺麗なことか・・・。
ほうー(ためいき)。

幼稚園で、女神の全身像を確かめる八木氏とカオル。
女神の右手部分がごっそり剥がれ落ちて、
修復の仕様がなくて困っているのだった。
が、全身についての確固たる意見は誰も持っていないという。

やはり、
結構ぞんざいな扱いじゃないのよう。
まあ、でもそんなもんかもね、
園や学校や公共施設に飾ってある絵画や像なんて。

悩む八木氏の顔を見て思わず
「大丈夫!任せてください」と言ってしまうカオル。
おいおい、ほんとに大丈夫なのかねー・・・。

冴島邸のある一室。
ゴンザがうやうやしく取り出したのは一振りの剣。
ソウルメタルではなく、ただの鉄であるという。
ただの鉄の割には、さびてもいないし輝きもまばゆいぞえ。
いつも磨いてるんか、ゴンザさん。

鋼牙の父も祖父も、この剣を使い試練に赴いたという。
冴島家が代々直系男子で続く家系であることが分かる、
とても興味深い一説ですね。
なんていうのかな、じっちゃんの名前は。
「が」はつくんだろうけど。
いつか、おじいさまのお話も見て見たいものですなー。

その剣をたずさえ、再びうちなる魔戒に赴く鋼牙に、。
剣を替えてもわたしを倒すことは出来ないと言い放つ騎士。

その言葉どおり、鋼牙は騎士にいいように振り回される。
腿を切られるシーンが痛々しいのよぅよぅよぅ。
思うように剣を操ることが出来ずに困惑する鋼牙。
「なぜこんな剣で親父は戦ったんだ?」

同じ頃。
カオルも修復作業に取り掛かり始めていた。




二人の試練は始まったばかりだった。





つーづーくーのよー。
ああっ、いつにも増して長いわー!
別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
一息ついて
2006-11-28 Tue 17:26
ちょっとダウンしちゃいまして

先週、子ホラー1号が学校で
「感染性胃腸炎」なるものにかかりまして。
ものすごく感染力が強いと聞いていたのですが、
わたしら家族はなんともなくて。
本人もすぐに回復したので
なんてことはなかったのですがね。

したら。
今頃やってきました

夕べ急に襲ってきた吐き気と下痢!
もう、一晩中トイレの住人になりましたよ。

日曜日に舞台の本番があったので、
きっと気力でもってたのかしらん。
ちゃんと終わってから発症するあたりが
いいやつなのか、悪いやつなのか。

ということで、
今日は一日中寝てしまいました・・・

牙狼<GARO>のDVD見ながらね。





この時間になってやっと復活してこれたので、
明日からはまたいっぱい活動せねば。

ここもしばらくちゃんとした記事書いてないので、
いろいろ書き連ねていきたいです~。



そうそう、
今、携帯の着信音系、
ほとんど牙狼<GARO>がらみにしてるんですが(笑)。
いいのよ、萌えのすべてをつぎ込んでるんだからして。

なかでも周りに好評なのが、

メールの着信音:

「どうやらメールが届いたようだ」

By ザルバ!



あと、不在着信の際に設定してる
「何をためらってる」

これは、周りにびっくりされるのと面白がられるのとで、
ちょっと気持ちいいですよ~。

みなさまの面白い着信音はなんですかー^^?
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
ちょろっとオチておりました
2006-11-26 Sun 19:21
いやー、忙しい週末でした!

ROMIはカントリー作家なかたわら、
市民劇団もやってるんですが、
今日がその本番日だったんですぅ。
わたしってば進行統括などやってるもので、
(あ、役者もやってまっす)
ここ数日はずっと準備&確認で忙殺されておりました。

ほとんど牙狼<GARO>に浸る時間はありませんでした・・・。


と、ほんとに時間はなかったんだけど、
ちょっと力つけていきたいなーと思って、
今朝は5時起きでDVD5巻を。
「生命」見て鋼牙のパワーもらって、
舞台でがんばってきました。



わたしども、
毎回、オリジナルのファンタジーの作品で活動しておりまして、
今回は、絵本の世界を消してしまおうとする炎の化身から
勇気ある女の子が世界を守るというお話でした!

ちなみに、下の写真は3月にやった同じ演目の舞台です。
今日は全然時間なくて、写真撮る暇さえなかった・・・。

dora.jpg




グラウ竜・・・、

ならぬ、
お手製ドラゴンです~~~!
ちなみに、わたしが1ヶ月かけて作りました・・・。
素人作の割には結構いい出来でしょー。

ずっと長い時間かけて準備してきて、
やっとやーっと終わったのですが。



すぐに来月から新作が始動するわけで。

せわしないながらも幸せな時間がまたやってきます。

小西マリウスのレミゼに負けないくらい、
素敵な作品を作っていきたいと思っています。

さて、また牙狼<GARO>にも浸っていきますよぅ!
別窓 | 関連 つらつら | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
すぃんじて待ってろ
2006-11-22 Wed 19:00
白夜公式の小西くんのインタビュー。


「必ず戻る。
すぃんじて待ってろ」




悶絶。



もう、おばちゃん。
ダバダバしちゃう。
画面の前でのたうちまわるさね。


しかも、その前の「あ”-」の発声練習がまたわらかしてくれる。

ああもうなんというか。

いつまでも待ってます。

ずっと応援していくことを心に誓おう




さて。
試写会も終了し、放映まで一ヶ月も切り。
ある程度の情報が解禁になったのか。
ファミ劇でのガロスペの露出が激しくなりましたよー

ファミ劇サイトのあの麗しくもたのすぃクイズ画像も、
コーナーとして流れています~。

スポットのCMも多くなったし
ロングバージョンの予告も流れるようになりましたです。

CM中でセリフも入ってきました~。

亜門法師「・・・なにやら妙に騒がしい」

鋼牙(鈴に向かって)「お前、りんというのか・・?」

翼(鋼牙と切り結びながら)
「なんのために魔戒の森に向かう?!」

ほかにも、
邪美の見目麗しいおみ足や、零の剣を構える姿。
カオルがキャンバスに向かってる様子なども、
興味深いですー。

試写に行かれた方々のコメントがみなさん絶賛だったので
早く本編が見たいですねー!




ときに。
夕方遅くにやっと、
赤いバラ届きましたー

ケースぱかっと開くと。
メンバーのみなさま、なんちゅう麗しさ。
とーくーにー。
小西くんのシャツの開きっぷりがなんとも・・・眼福眼福。
このキレイなしとが
「すぃんじて待ってろ」とのたまったのかと思うと・・・。

CD聴くのは、
家族が寝静まってからにしまする。

ポスターどこに飾ろうかなー。
カレンダーのフレームもまた作んなきゃ


連日の盛り上がり。
重箱や脳内補完シリーズも書きたいのに。
毎日飛び込むニュースでなかなか手が出ないにょ・・・。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
オーロラの下で
2006-11-20 Mon 21:17
今さっき、京本Pの出演するラジオで
「赤いバラ」「オーロラの下で」
フルコーラス流れました!

地元キー局なので、キレイに入ってよかったー♪



うわあああ。

泣けた。ほんとに泣けたよ。
特にオーロラの下で!
視聴がなかったのでメロディ聴くのも初めてだったけど、
なんちゅうきれいな歌でしょう。

あの例のらららがぴったしはまってたよ。
確かにWe are the world」だった!
これが、ラストに流れるのかと思うと・・・。

うわー想像すると泣けてくる。


発売はあさってだ!
新☆堂からも発送メールきてるし、
楽しみじゃー。
別窓 | GARO Project | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
散歩がてらにお気軽に~
2006-11-20 Mon 19:52
わたしは。


今日ほど


自分が


「しまむらー」
(注:しまむらer=しまむら愛用者)

でよかったと
痛感したことはない!


わたしはこれからも
しまむらーであり続けると宣言する!




※今日のタイトルは
知ってる人は知ってる
そう、小西くんも知ってるであろう
しまむらのテーマソングである。

♪散歩がてらにお気軽に~
ファッションセンタぁ~ しーまーむーらー♪
別窓 | 関連 つらつら | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
遠くで歓声を聞きながら
2006-11-19 Sun 20:17
夕べは、偶像で力尽きた。
2時だったさ。
スペシャルナイトはまだ真っ最中の時間だったけど。


朝起きて赤酒だけ見たのだがね。


これから5巻から見ようかと思ったのだが。
でも眠いから今夜は寝るよ。


これからもまだまだ自分的イベントは続けていくさね。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ふっ
2006-11-19 Sun 00:03
始まりやがったな、スペシャルナイト。


こちとら
DVD3巻まで来たぞよ。

また「大河」で泣いちまったじゃねえか。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
今宵はわたしも
2006-11-18 Sat 10:05

自宅リビングにて
1話から
DVDオールナイトで行くさねー





仕事しながらだけどね。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
心震える歌
2006-11-17 Fri 19:05
連日、レミゼ公式をのぞきに行っては感動に浸っております。
気がつけば、「民衆の歌」を鼻歌状態で歌ってますね。

この「民衆の歌」。
最初のソロは、
激走戦隊カーレンジャーのレッドレーサーこと
岸祐二さんですね!
今は俳優のほか、
吹き替えや声優さんでも活躍されてらっしゃいますが。
はじめみたときびっくりしちゃった。
出世したなーレッドレーサー!

あと、キャスト70人での大合唱。
画面を通してでも震えがくるほどの感動です。
プリュメ街やカフェソングもいいけど、
やはりこちらがレミゼを代表する歌でしょうね。




さて、わたしが始めてレミゼを観たのは高校生のときでして。
滝田栄さんや鹿賀丈志さん、島田歌穂さんなんかが
出ていらした頃です。


当時は舞台に燃える演劇少女でしてー。
アングラ劇団や結構大きな舞台なども見に行ってましたね。
でもレミゼは天下の帝劇。
学生などにS席など夢のまた夢なので、
B席、それも最後列での観覧でした。
もちろんオペラグラス使用。


ちなみにこのときは、偶然知り合った帝劇関係者がいて、
その方にチケットとっていただいたので、
チケ取りの苦労は知らずにすんだのでありました。

舞台って、
一回観ただけだと舞台転換めまぐるしくて
あんまり記憶に残らないんですよねー。
でも、学生風情、
そんなに何回も帝劇に足を運べるほどお金ないから、
そのときは一回きりの観覧でしたけどね。

それでも、
砦のシーンやエポニーヌのソロが今でも忘れられない。
ラストの民衆の歌は、オペラグラスがのぞけないほど号泣ー。
いやーいいですよ、舞台は!

今回の小西くんを通してのこんな縁で
またレミゼを観にいこうと心に誓ってるわけですが。
自分の中でいろんな世界が広がっていくのが
なんと幸せなことか。

とりあえずはお金ためなきゃね、皆様!


そうそう。
「民衆の歌」と同じくらい帝劇でどうしても忘れられないのが。
ロビーで売ってた
1個1200円のカツサンドだったりしちゃったりして。
他の弁当なんか、高くて買えなかったんだよ・・・。




あ、全然私事で恐縮なんですが。
心震える歌の続きを読む
別窓 | 関連 つらつら | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
We are the world!!
2006-11-16 Thu 19:12
さてー。


ガロスペ放映まで一月を切り。
わたしは
草葉の陰から見守るしかありませんが
イベントも週末に控え。
いやがうえにもヒートアップしてくるのでしょうが。

ほんとに、ここのところ動きが多すぎる
牙狼<GARO>界隈でございます。



しばらく取り上げておりませんでしたが、
ESPのほうもどんどん更新されてらっしゃいますね。

気がつけば、来週には発売ではないか>赤いバラ。
あると思ってた、
いや、あるに違いないと信じてたガロプロイベは・・・

なかった(滝涙)。

せっかくせっかく
新規登録までして新☆堂で予約したのにぃにぃにぃ(無限エコー)。

仕方ない・・・。
ラジオで盛り上がることにしよう。



そうそう。
赤いバラばかりが話題に上がりがちですが
わたし的には「オーロラの下で」のほうが興味深かったりするのです。

オーロラと最初聞いたときは
やはり北の管轄の話か??!!と思ったのですが。
違うようですよねー、ちょっち残念。

ESPによると、
「オーロラの下で」は、メジャーキーで明るい雰囲気の歌だとか?!
エンディングに使われるそうですが。



しかも
監督が京本Pに注文したのが
「We are the worldみたいなの」ということー。

うぃーあーざわーーーーーるどぅ~~~
うぃーあーざちゅーどぅれ~~~ん
(切望:ブルース・スプリングステーン調)


思い出すと感動するね、「We are the world」
あの頃は、マイケルも正真正銘スーパースターだった・・・。

すみません。
バリバリ、ライブエイド世代なROMIですこんばんは。
(重ね重ね歳ばれるのぅ)

なるほど。
いろんな人の思いが詰まってるような歌ということかな。

しかも、ラクーアで録音された例のらららーが入るとのことで。
(もうあの節は忘れちゃったけど・・・)

ということは。
ということはですよ。

「白夜の魔獣」は

ラストに
明るくて壮大な歌が流れるような
幸せな結末ということで
よろしいのですね!


うー、
楽しみー。

カオルの扱いがどうなってるのか
一抹の不安が拭い去れない
鋼牙×カオル推奨派なわたしですが。
この二人的にも幸せな結末であると信じたいーいーいー(おなじみ無限エコー)。


赤いバラ発売まで、
あと1週間。
みなさま、奮えて待ちましょうね。





ところでー!
レミゼ公式の「カフェ・ソング」の動画!
30分たってもまだ来ないー!
きー!

と思ってほっぽっておいたら。
夕飯作ってる間にいきなりキター!

ががががんがれ、小西マリウス!

さあ、また「ブリュメ街」にために、
もう30分だー。
別窓 | GARO Project | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
果たして冴島邸に「ひげそり」はあるか
2006-11-14 Tue 19:22
すみませんすみません!

ガロスペイベ直前の盛り上がりや
レミゼの動画の感動の嵐の最中。
こんなことしててすみません。
ギャグやパロディがお嫌なかたはスルー願います!!!


☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆








冴島家の朝食の席。

「ねえ、ゴンザさん・・・
あたしさっき思ったんだけど・・・」

「なんでございますか、カオルさま」

「あの・・・鋼牙やゴンザさんって
ひげそりするの・・・?」

「それは唐突な質問でございますなあ」

「さっきあたし鼻の下のうぶ毛そってて思ったんだー」

「カオルさま、妙齢の女性はもうちょっと恥じらいがあっていいものですよ・・・。
ごほん、もちろん鋼牙さまもわたしもいたしますよ。
一応成人男子なので。」

「だって、
洗面所にはひげそりとかかみそり類はなんにも置いてないよね。
はっ、まさかいつもの魔戒剣で剃ってるとか?!」

「そんなことがあるわけないでございましょう」

「へー、じゃあやっぱりなにかかみそり類があるわけ?」

「はい、使ったらすぐに片付けているだけです。
わたしや鋼牙さまは、どなたかのように
モノを出しっぱなしにはいたしませんので」

「ぐさっ・・・。
え、えっと、ゴンザさんがひげそりするのはなんとなく分かるけど・・・、
鋼牙なんて、一般の生活そのものが想像つかない」

「まあ、確かに
俗世からはいささか離れておりますからなあ、わたしどもは」

がちゃ。鋼牙が部屋に入ってくる。

「おはようございます鋼・・・どうかされましたか?!」

「どうしたの、鋼牙?!」

見ると、鋼牙が両頬を絆創膏だらけにしてる
(あ、ここでもネタが出来てしまう。
果たして冴島邸に絆創膏はあるか?・・・あるだろうねぃ)

絆創膏を手で押さえながら鋼牙が眉間の皺を深くして黙り込む。

(ザルバ)「ゴンザ、ひげそり替えただろう?」

「・・・?・・・!あっ、はい!確かに!」

(ザルバ)「鋼牙のやつ、かみそり負けだ」

「「?!」」

(ザルバ)「だから、鋼牙はかみそりに負けたと言っているんだ」

「「かみそり負けー?!」」

「ももも申し訳ありません、鋼牙さま!
たまにはよろしいかと思い違うものにしてしまいましたが
やはり、3本100円の特売かみそりではいけませんでしたかーっ!」

「(3本100円・・・あたしのもそうだけど)」

「すぐにいつものドイツ製最高級品にいたしますので」

(ザルバ)「・・・えらく極端だな、ゴンザ・・・」

「いや、かみそりのせいばかりじゃない。
俺としたことが・・・
剣士が刃物に負けるとは・・・不覚だ。情けない・・・」

「こっ・・・鋼牙がかみそり負けーーーっ??!!
ひーっ、かみそり負けーっ!
あっはっははー!最高!
あんたでも人間くさいところあるんじゃないーっ!」

「お前笑いすぎだ・・・」



☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆











やはり魔戒騎士たるもの、
電動シェーバーとかではなくて
刃物でおひげそってもらいたいですね。



ということで。

全国1億数千万人の牙狼<GARO>ファンのみなさまに
土下座


あの、あのね、

小西くんて

アップになったとき
おひげのあと、濃いぃときあるよね・・・?よね
別窓 | 果たして冴島邸に〇〇はあるかシリーズ | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
ありえないー
2006-11-13 Mon 19:43
今日配信された星屑公式のK氏の日記。

「ただ今アフレコ中!」


・・・・。

嬉しいよ、
そりゃ日記の更新は嬉しいけど。
写真ついてたのも嬉しいけど。

たぐっちゃんのブログでアフレコの話題が出たのはもう
3週間近く前。

ここまでタイムリーじゃない日記ってどうなんでしょうね・・・。

ソロの歌の情報もまだ出さないし。

フレグランスの企画する以前に、
やることあるんでないのかね。

と、地の果てでつぶやいてみる。
ま、いいんだけどね、嬉しいから。

・・いや、
やっぱり、あんまりいくないかも。
別窓 | 関連 つらつら | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
たまには・・・
2006-11-11 Sat 22:51
わたしの本職のご紹介など・・・。
えと、何度か申し上げておりますが
リアルではカントリー雑貨を作る仕事・・というか内職というか。

お店には卸してませんが、
口コミやネットでご注文をお受けしたり、
ときには販売会を開催したりで
木工品や布小物などを作ってます。


ちなみに最新作はこちら。

dekimaru.jpg


こんなの作るお仕事してまーーす
これで完成。
来週の納品する予定でっす。

木工するときは
屋外で、一枚板から電動糸のこや電動のこぎりなんかでパーツ切り出して
部屋の中で組み立ててるんですが。

大体その組み立てのお供のBGMは、
往々にして牙狼<GARO>のDVDだったりします。

1002-3.jpg



わははー。
まあ、そんなことをしてたりするのですが。
間違いなく、
まだまだ牙狼<GARO>に支えられての制作が続きそうです~~。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ここのところのよもやま話
2006-11-10 Fri 16:07
すっかり寒くなってきましたね~。
我が家はまだ暖房出しておりませんが、
そろそろヒーターが恋しくなってくる頃です。
今年も灯油高いんかな~・・・。

気を取り直して
いっぱい小ネタを。

今、東映チャンネルで1ヶ月かけて
「コワイ女公開記念:
雨宮慶太特集」をやってまーす。

ちなみに、
この「コワイ女」のなかで出てくるオバケさん。
12話大河で、ザルバがチビ鋼牙に見せた夢のなかに出てくる
あのオバケさんです~。
CM見てるだけでもコワイヨーコワインダヨ~~~。


今週は、
昼間はずっと監督作品を放映。
昨日今日は「ゼイラム1、2」。
ガッコのオツトメからダッシュで帰り、
木工仕事しながら(注文品制作で嬉しいけど忙しいの:ぐすん)
画面にかぶりついていまーす。
ああ、イリヤかっこいい・・・(イリヤは女だけどネ)。

「人造ハカイダー」
ハカイダーを演じてらっしゃる岸本祐二さんの
驚くほどの二枚目っぷりぷりっぷりっ

黒の上下革スーツで、
えらく鋼牙とイメージ重なりますー。
お顔も、ちょっと西洋人ぽいところが小西くんに結構似てるかな?
子ホラーも似てる似てる!言ってます。
ちなみに岸本さんは こんな方
ついでにヒロインの名前が・・・カオルでした。

で、
特集からみで
監督のインタビューコーナーもやっぱりありました♪

「ハカイダー」では
ハカイダーとミカエル、これも黒と白の戦い!
マシンVsマシンのバトルだけど、
生身同士の戦いにしたかった、とか。

「仮面ライダーZo」のときは、
旧ライダーが好きなので、
いつかライダーを撮るのが夢だったと。

「J」では
これはライダーシリーズでは異質なんですよね~、
なんつってもライダーが大地の精霊パワーを得て
巨大化しちゃうんですが。
故・石森先生がおっしゃっていたそうな
大地の死者としてのライダーを表現したかった、と。

さすがに
牙狼<GARO>の話はなかった・・・・。

同じ東映つながりで。
「東映ヒーローMax」という雑誌があるんですがね。
(東映好きな我が家の愛読書でありんす)
そのなかで、
「仮面ライダーの卒業生」として、
藤田くんが取り上げられてまして~。

藤田くんは
牙狼<GARO>についても語ってくれていました~><!
DVD6巻の映像特典中のインタビューにもありましたが
「555」の北崎くんと零が似通ってるところがあるから、
その違いを出すのが難しかったと。

しかも、ガロプロの話もー。
小西くんや美佳ちゃん、たぐっちゃんの名前もだしてくれてました
DUSTZの話題もありますよ。
東映雑誌で、牙狼絡みの話題が読めるとは思わんかったな~。
ちょっと嬉しかったじょー。
もし立ち読みする機会があればぜひ~。

ついでに、プリプリDで共演していた黒姫の花園くん=中村優一くんも
「響鬼」の卒業生としてとりあげられてまっす。


ファミ劇のガロスペCM。
こないだは「ダン」!
しゃべってる山本くんを拝見したのは初めてだったので、
新鮮でしたー。
思ってたより、重めの声だったかな~。

ガロプロのラジオ出演~。
・・・ほんとにガロプロ出るんかね・・・?
まあ、京本Pだけだったにしろ、
ガロプロの曲を流してくれるには違いないだろうから、
BayFMもばっちり入るし(なんつっても地元局♪)
チェックしよー。
こゆとき、専業主婦はオトクよ。

気がつけば、「赤いバラ」発売ももうすぐだったのねー。
「オーロラの下で」も激しく楽しみなんですが、
そっちの視聴はやってないにょね(くすん)。

発売といえば。
小西くんが歌うお台場湾岸テレビの主題歌ー。
こっちは発売されぬのかねー!
こないだやっと聴けました(というか見れました!)。
よいですねーうん、よいですー。
TVサイズでしか聴いたことないですが
無理のない音程で気持ちよく歌ってる感じですよね。

そういえば、マリウスのほうも始まってるようで、
小西くんも新しい世界が広がってますねー!
ワクワクで追いかけたい!
・・・のですが
星屑公式からはなかなかニュースが届かないのが・・・


ささっと書くつもりが長くなってしまいましたのぅ・・・。
お付き合い感謝




それにしても、
よもやま話の「よもやま」ってなんなんでしょうねー・・・。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
外れちまった悲しみに・・・
2006-11-08 Wed 21:47
いやー。





外れちまったようです>試写会。
界隈でちらほらと、たくさんのサイト&ブログマスターさんの
祝・当選の朗報をお聞きしていましたが。

残念ながら。
我が家のポストにはDMとガスや水道の検診票ばかりが。

よよよ。

うーん、まあね。
当選する人がいれば外れる人がいるのは世の理(ことわり)なので。
ガロスペイベになーんも参加できないのは
もちろん寂しくはあるけど。
スペシャルナイトも、
自分で「買わない」との選択肢を選んだわけだし。

ファミ劇も普通に見られることだけでもありがたいことなのだろうと思って、
12月の放映を楽しみにまってようかと。

当選されたみなさま、
どうかどうか楽しまれてきてくださいませね!
で、無理のない範囲でのレポお待ちしてまっす。
わたしも盛り上がるさね~~!





今日の美佳ちゃんのブログで、
9月の木曜日の雨の日に~・・・というお話がありましたが!
コメント欄にもたっくさんの書き込みがありましたが、
あれは、さだまさしの
「雨やどり」という曲ですよね。

9月の雨が降った木曜日、
ある女性が、同じ軒下で雨宿りをしていたずぶぬれの男性に
スヌーピーのハンカチをかしてあげてから、
お付き合い、ゴールインまでのエピソードを
ほのぼのつづった名曲ですね~ませませー。

実はわたし。
さだまさし大っ好きなんでして。
昔は土曜深夜のセイヤングとか聴いていたクチ(←誰も知らんね)。

美佳ちゃんが「雨宿り」を弾いていてかと思うと、
えらく感慨深く感じられます~。
ESPのほうでも、
美佳ちゃんのギターに対する真摯な姿勢が伺えますね。
いやーなんか嬉しかったなー。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
お祭りじゃーい
2006-11-06 Mon 18:49
いやー。
昨晩はすっかり堪能いたしましたねー
バリボー延長で30分の遅れ、
たぐっちゃん、ナイスフォローでした。GJ!

内容については
もう細かい説明は必要ないですよね。
感動したっ

ぜひとも、
トナカイくんとの再会編にもご登場いただきたいものですね!



18日からの牙狼スペシャルナイト
参加される方、とっても多いようですね。
いいな~オールナイトで牙狼<GARO>ヅケ!
すばらしいー。
うらやましいー。
シークレット映像ってなんだろうー。
きっと、ネタバレ厳禁の戒厳令で、
なんも情報伝わってこないんだろうなー(しょぼん)。


同じ日の同じ時間に、
一晩中DVDかけてようかなー。
これもある意味スペシャルナイトさねー!
いいのさ、
それぞれの出来る形での楽しみ方をしようじゃないか

願わくば、
19日の昼間の部だけでも参加したいものですのぅ
別窓 | 関連 つらつら | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
お祭りカウントダウン
2006-11-05 Sun 22:04
うおー、バリボー30分の延長につき、
「ウルルン」30分遅れの放送じゃよー。
別窓 | 関連 つらつら | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
世の中は三連休ですが
2006-11-03 Fri 16:08
我が家はとくにイベントもなく、
家人と子ホラーは遊びに出かけましたが、
わたしは木工仕事しながら
ほげ~っと暮らしております。
撮りだめしてるドラマや映画でも見ようかと。
わたしインドア派なので、
こんな休みの過ごし方も大好きだったりしま~す。


で、三連休の前哨戦で、夕べはひっさしぶりに、
家族が寝静まったあとで
縫い物仕事をしながら
21話「魔弾」から最終回「英霊」までじっくり見まして。
DVD5巻以降は、じっくり一人のときにしか見ないようにしてる
変なこだわりを持つROMIです(笑)。

でも、このあたりは画面に釘付けになっちゃうので、
針を進める手が止まっちゃうんだけどね~。
いやー、何度見ても感慨深かったのぅ~。



さて、
ファミ劇でポイントポイントで流れるガロスペ予告が、
少しずつ長くなって来てるのです~。

DVD7巻の特展映像(あれほんとに短いよねー><)の部分に加えて、
出演者のメッセージが入るようになりまして。

こないだまで邪美のさとうさん、
つい先日からは鈴役のゆずゆずちゃんに。
お二人とも、
「12月放送、牙狼<GARO>、白夜の魔獣、お楽しみに~」と
おっしゃってますよ^^。

この具合だと、
これからどんどんメインに近い人になっていくって感じでしょうか?
カオル、翼、零、鋼牙くらいの順番かな。
もったいぶらずに、
どんどん出てきて欲しいものですー。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
牙狼<GARO>ノベライズ、やっと読破
2006-11-02 Thu 16:32
いや、
読破・・・ってほどじゃないのですが。

先日、家人が神保町の書の泉で買ってきてくれましたー。
ありがとう~~。


読み出したら一気に読んでしまいまいた。
本は厚いけど、
文字数が多いとは感じなかったな~。

で、いろんな賛否両論を聞いていたし、
自分も若干の心配もあったので、
内心どきどきで読み始めたのですが。

いやこれが、
結構するっと受け入れられましたよ。

あっちとこっちをくっつけるのが
無理やりだな~と思うような部分もありましたが。
許せないほどじゃなかったのではないかな~。
「ほー」「へー」と、にやりとしましたよ。


うちなぞをのぞいてくださる方々は、
きっともうお読みだと思うので、
詳しい解説は割愛いたしますが。
特筆すべきを数点。


バラゴの過去。
こりゃ、哀しすぎるほど救いがない・・・。
アナキンだってもっと幸せな時間があったぞ。
これでは屈折するのも無理はない・・・。
それでも、
バラゴが最期の最期に、
ああいう終わり方が出来てよかった。
もう、泣けて泣けて。
あのシーン、普通に見てても感動するけど、
これからは違う意味で、心を揺さぶられそうです。


大河と由児の接点。
急に女神像を描こうと決意するあたり、あまりにも唐突だけど、
ほほ~、これもなかなかどうして。
丁度、DVD7巻の笑顔にある、
かりんさんが由児への思いを語る部分とマッチして、
感慨深い一遍だと思いました。


「旅人」これは面白かった!
13話のあのシーンにつながるのも「なるほどーっ!」と唸ったね。

「古傷」「同志」なんかも、興味深かったですね。

なによりも、
ラストのカオルの手紙が・・・っ。
わたし、最後の一文で号泣でした。
ありがとうありがとう小林さん!


本編のちょっとしたエピソードから
そこからまた別の話が生まれてくるという、
いい意味での
小林氏による2次創作と言ってもいいのではないかと。

そして、最後の小林氏のあとがき中のコメント。
いみじくも、
由児がかの絵本のラストページを白紙にしたことと同じで、
「物語は無限の解釈があって然るべき」という一言。

人それぞれの抱いてる
牙狼<GARO>があっていいということですよね。

なんか安心しちゃいました。
小説のなかではこう語られていたけど、
こういう設定もありかな~と、
これからもマイ脳内設定を繰り広げていこう~^^。

自分的にはそれなりに、
いや結構、
というか随分
満足できた小説でした。

表紙は
「冴」の流用だけどねーっ!
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 冴島家の人々 |