FC2ブログ
重箱の隅をつつくように小さな萌えを語ろう 8
2006-10-31 Tue 10:00
ガロスペやらノベライズなどで
すっかり盛り上がっちゃってる界隈ですが。

やはり、
大本のTVシリーズも大事にしていきたいところですねー。

ということで、
ROMIの究極自分勝手解釈:重箱シリーズ8弾、行ってみましょー。

~ 8話 指輪 ~

とある雰囲気のあるバー「ディープブルー」。
ピアノ奏者の面接にきているらしい美青年がピアノを弾いている。

なんという贅沢、某生徒会長こと、
斉藤工くんですね!!!

彼を意味ありげなまなざしで見つめる女バーテンダー:美理。

美しいですね~~~エリカさん。
目が実に印象的で、ほんっとに綺麗です。
今DHCのコマーシャルにでていらっしゃりますね。

弾き終えた青年が一言。
「俺の曲調なら、この店にぴったりだと思うけど」

その彼ににじりより、手をかさねてくる美理。
彼女の左手の薬指にはリングが。

「きれいな指ね」
男の手をとったまま、美理の瞳が妖しく輝く。

ところ変わって、美理の部屋。
正面になにやら、木枠で囲われた大きな物体。
それに向かって、バールを振り上げる美理。

TVからは、男の死体がみつかったとのニュースが流れる。
遺体からは「指」が切断されているという。
しかも、これに類似した殺人事件が連続していると・・・。

木枠を取り払って現れたのは、

一台の冷蔵庫。

傍らにあるもう一台の冷蔵庫をながめる
底知れない美理の微笑。

まあ、この時点で連続殺人事件の犯人が美理であると
視聴者には分かるわけですね。



冴島邸。
いつものように鍛錬中の鋼牙。

今回のコンセプトが「指」であることで、
鋼牙の指も印象的に映像に組み込まれております。

小西くんの手は、
骨太っぽく男らしい手でヒッジョーによいですねー。

ROMIは男の骨ばったデッカイ手が大好きです!!
ちなみにわたしは、
市販ののびのび手袋がのびないほど
手が小さいです!

その鋼牙の手をスケッチするカオル。

「邪魔くさいんだよ」
「あんたのチャンバラをかっこよく描いてやってるのに」

このあたりの鋼牙とカオルの掛け合いは楽しいですね~。
君たち、小学生のケンカですか。
このときの見上げ見下ろす身長差が・・・
あああ、ビバ小さな萌え!

そこに入ってくる
助け舟だか合いの手だかのゴンザさんも
いい味です!
わたしがそのお茶いただきますわんーーーっ。

実は、
カオルはちょっとスランプのよう。
自分の指が言うことを聞いてくれないと・・・。
なぜ自分が絵を描くのだろうと悩むカオル・・・。


美理の部屋、
ある氷づけの小さなものを大事そうに持つ彼女。

ワイドショーでは
カルネさまが指を切断する連続猟奇殺人の解説をしてらっさる。
有名なんですねっ、カルネさまってばー。

冷蔵庫の中には、
氷づけの指・指・指・・・。

ピアノの調べにのせてはじまる美理の回想。

美理の恋人、
弓削智久氏演じる吾郎ちゃん(違)。
三島さん(カブト)とは言わずに吾郎ちゃん(龍騎)。
弓削っち、かっこいいですね~(ほう~ためいき)。
この回は、斉藤くん、弓削っちとも、
贅沢なゲストさんです。

彼は将来を嘱望されていたピアニストだった模様。
二人の愛も最高潮、
なにもかもか幸せだった日々。
そんな日は長く続かなかったのですね。
なんらかの理由で、おそらくは指の事故などでしょうね、
ピアノが弾けなくなってしまった彼は自暴自棄に陥り。

美理の間の前で、
電車に飛び込んで自殺してしまう・・・。

呆然とする美理の手元に残ったのは・・・。
無残にも飛び散った、リングのはまった彼の指だけだった。
そのときの光景が、
美理のトラウマになっていると・・・。

この、電車事故で指が一本のこってるというシチュエーションは
雨宮監督が遭遇してしまった実体験だそうですが、
えっらく生生しいですよね・・・・。

涙を流す美理の元に、
冷蔵庫をゲートとしてホラーが出現。
この冷蔵庫、かつて殺人者が死体を隠すために使用したという
いわくつきの冷蔵庫という設定のようですね。

憑依された美理の目は、
新たな犠牲者を生みつつ、青と赤に燃えるのです。


美理のバーで飲む、カオルと亜佐美。
鋼牙の愚痴を言うカオルに、亜佐美ちゃんは
「この幸せ者ー」と突っ込む。

ええ、わたしも言わせてもらいます。
この幸せ者ーーーっ!

亜佐美ちゃんてば、
男友達に誘われてカオルを残して行っちゃいます。
カウンターに座るカオルに
「なにか悩み事?」とにこやかに話しかける美理。
ああ、ほんとに綺麗・・・。

悩み事って、
まったく関係ない第三者に聞いてもらうのもいいんですよね。
自分の絵に対するう姿勢について、
ぽつぽつと悩みを語りだすカオルちゃん。

「氷にはね、不思議な魔力があるの。
刻(とき)を封じ込める不思議な力がね。
絵を描くこともピアノを弾くことも似てるかもしれないよ。
大切な瞬間を切り取っていくわけだから」

美理の言葉が、カオルの心に響いていきます。


いい言葉ですよねー。
「大切な瞬間を切り取っていく」
わたしも実生活ではモノを作る作家の端くれなので、
すごく説得力のある、大事にしていきたい言葉だと思います。


すっかり打ち解けた様子のカオルと美理。
そんな美理の視線は、・・・カオルの指にそそがれています。
モロクの手が今にもカオルにかかろうかというとき。
どこからともなく拍手が。
その元は、壁に寄りかかる零でした。

「御姉さん、クリームソーダひとつ」

いいねーかわいいねー。
おばちゃんが今度おごってあげよう!

前回、自分に殺意を込めて剣を向けた零。
しかし、当の零の態度は、
そんなこと忘れちゃったというような軽いもの。
彼に不信感を隠せないカオルだったが・・・。
カオルちゃん、美里のもった薬で眠らされちゃってます。

美理に詰め寄る零。
そこに我等が鋼牙登場。
零はカオルを鋼牙に手渡して一言。
「彼女、あんまり悲しませるなよ。
短い人生なんだから」

零が、カオルに対して少なからずの感情を持ってることが分かる
一言ですね~。

その言葉を噛み締めてるのか、
鋼牙は彼女をソファに横たわらせると、
美理と対峙します。

美理:モロクのロケットパンチ炸裂なバトル。
各種特典映像でたくさん紹介されてる
電車車庫基地での戦い。

鋼牙の剣を構える指を見て美理が言う。

「きれいな指ね。
でもそれは、
たくさんの血を吸ってきた

汚れた指ね」

モロクの姿があわられると、鋼牙も鎧を召還です。
この召還の際、剣を突き上げる前に
ザルバに魔戒剣をかませていますね。
全部の召還でやる所作ではないようですが、
この描写好きなんだよな~。

モロク戦。
ピアノの曲にのせてのバトルですが、切ないですね~。
金田監督、クラッシック音楽がお好きと見えて、
後の15話、17話でも効果的に使われておりますね。

その曲にかぶせられる、恋人との葛藤。
それは美理の魂の叫びか。
鋼牙にもそれが届いているのでしょうね。

烈火炎装の一閃。
「ときを封じ込める貴様の陰我!
俺が解き放つ!

永遠に!」

美理は、誰かに
自分を止めて=救って欲しかったんでしょうね。
幸せだったあの時を止めてしまう幸福を感じながらも
そこから解き放たれる時も、また、
待っていたんのではないでしょうか。

落ちたリングの美しい軌跡が
哀しく輝きます。

このリングが、後に続くとは、
このときは誰もまだ知らないわけですね。


そのバトルを見つめていたカオルの心にも、
なにかが伝わったのか。
そして、さらにそのカオルを見ていた零の心にも・・・。


居間で居眠りする鋼牙!
ああ、居眠りですよ!
なんて無防備な!
その脇で、
わたしも眠らせていただいてもよろしいでしょうか!

その指をスケッチしてるカオル。
「カオルー」と
ザルバに不意に呼ばれ、飛び上がるカオルちゃんがかわいいね。

ザルバとカオルの掛け合いに目を覚ます鋼牙。
カオルのスケッチを取り上げて一言。
「俺の指なんか描いたって
一銭の得にもならないぞ」
そういって背を向けて行ってしまうのですが。

このとき!こーのーとーきー!
マイ脳内では、鋼牙はにやけているに違いないと!

そんなオバカなつぶやきはどうでもいいのですが。

ラストのカオルのモノローグ。
「そんなことない・・・
あなたの指は・・・汚れた指んかじゃないよ・・・」

自分の描いた鋼牙の手のスケッチに、
自分の手をのせるカオル。
実物大ですね、そのスケッチはー。

それぞれが持つ大切な瞬間を
描きとめていこうと心に誓ったカオル。
そして彼女は今日もペンを握るのでした。


愛と狂気は表裏一体。
人の持つ愛ゆえの狂気を
切なくも美しく切り取っていった
オトナテイスト溢れる 第8話でした。
スポンサーサイト



別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
我が家の格言が出来ました
2006-10-30 Mon 16:59
男は

だまって

ボクサーパンツ
別窓 | 関連 つらつら | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
やっとDVD7巻見れました・・・
2006-10-29 Sun 22:42
ウルルンの予告を待ちながらこれ書いてマス~~。


子ホラーたちの学校のPTA祭りが無事終わりましてー。
怒涛の役員進行も終了!
やっと一息つくことができまする~!

ということで、やあああっと
DVD7巻を見ました!

「少女」と「英霊」は、
21話あたりからじっくり続けて見たいなー!と
変なこだわりがあったので、後日にすることに。

で、各所で話題の「笑顔」!

わらかしてもらいましたじょー。



事前情報では、
本編中でボツになったストーリーを再編集した話・・・
と、言われていましたが!

これはあれですね、外伝と位置づけられていますが
完璧にDVD用特典映像ですね。
ヒロビ22号のなかで美佳ちゃんが
「特典映像用の撮影で舞台の上を動くのに
蛍さんの助言をもらった」みたいな発言がありましたものね。
そうなのよ、あの美佳ちゃんの言葉があったので、
いつになったらDVD特典に舞台上での場面がくるんだろうな~・・・って
ずっと不思議に思ってたのでした。
これねー、これなのねー!



てことはさ、例の唐橋くんが出てたというお話は
やっぱりボツになったままなの?
それとも、ただのガセネタだったってこと・・・?



いやまあ、それは置いておいて。
カオルがいきなり放り出された世界。
蛍さん演じる「絵画の神様」いわく、


これは試練である。
自分の絵を本当に好きだと言ってくれる人に会えないと、
ここから出られない。



あまり深くは考えずに、
ひたすら楽しみましたよ~。


もうよそ様で十分語りつくされてるので
細かい説明は割愛を。

そもそも、
後期OPの絵に初期のOP曲がかかってるのが
面白い。

マークさん演じる、笑ってる鋼牙!
「やっぱり鋼牙は無愛想がいい~~!」と叫ぶカオルちゃん!
同感だわ~~~。



子番犬ずちゃんたちの生声。
かわいいねー。
DVD4巻の映像特典のなかで、
小西くんと遊んでる普段の彼女たちの様子がありましたが、
普通の彼女たちは当然ながら、普通の女の子たちなんでしょうね。

「冴島鋼牙が愛してるのはお前ですよ」
ちょっと嬉しかったな~^^。

コダマの英語@関西弁のマシンガントーク!
「コダマっつっても新幹線じゃないよ~」には
家族で大笑い。


ザルバ&シルヴァの人間体。
影山さん、折笠さん、満を持してのご出演です~~。
なぜにロココ調?面白いからいいけど。

ここでも
「あいつの支えになってくれ」のセリフににやける。

ええ、そうよ。
わたしは鋼牙×カオル史上主義さ。


カオルのお母さん&お父さん。
とくに、かりんお母さんが語った由児お父さんへの思いは、
9話「試練」の補完ができる、いいエピソードでしたね。

目の前でお母さんを亡くさせる必要はなかったかな~。
カオルに2回お母さんを見送らせるのは、
見てるほうてきにはつらかったですね。

由児氏(相変わらず顔色悪いよねー・・・)。
カオルに、金色のエンピツを手渡します。

え?え?
カオルの絵を本当に大事だといってくれるのは
お父さんなの?なの??

まあ最後は、
「その人」が鋼牙であるというようなことを匂わせての
エンディングでした。


いや~牙狼<GARO>外伝「笑顔」
面白かったさー。


映像特典、「牙狼<GARO>よ 永遠に」では、
雨宮監督×京本Pの対談に
クランクアップ時の感動映像ー。

金田監督もいらしてた様ですね。
ヒロビ22号でじっくり様子が書かれていましたが、
みんな大泣きでのハグハグ。
うううっ、泣けてくるー。

あの場にいた全員が
「やりきった」と言える現場だったことでしょうね。
だからこそ、多くの人の心を揺さぶったのだと。
つくづく、
牙狼<GARO>にめぐり合えてよかったなーと。


映像コレクションでは、CMや予告など。
ファミ劇用は見慣れたものなのですが、
テレ東のCMや劇場用映像は初めてみたので、新鮮~~~。

白夜の魔獣予告ムービー、
あれが以前ここで書いたヤツです。
短いっしょ?

「僕はまだ~」については、次回語ろう~。

うーむ、幸せ。


さあ!

いよいよウルルンの予告がやってくるよ!!!
別窓 | 書籍・雑誌・DVD | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
巷では
2006-10-27 Fri 19:37
牙狼<GARO>界隈、大盛り上がりなのに。


忙しくてじぇんじぇん時間がなく(滝涙)。
小説もDVD7巻も
来週まであおずけでありんす・・・。

いいんだ、
待たされたほうが楽しみが増すってもんよ。



早く見たいよ~~~~。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
絶賛立ち読み推奨日
2006-10-25 Wed 19:42
今日は実はとある日だったりするのですが。

まあ、そっちは置いておいて。


今日はガッコのオツトメ終わってからの夕方。
子ホラー2号を伴い、
マニアックな書籍が並ぶ本屋さんへ
ホビー系雑誌を立ち読みしにGO。



まずはお目当てのホビージャパンの
「鋼の咆哮」!
うわうわあ~~~。
語り手はあの人だったんですかね~><。
で、語られてるのは、あの人の子息なんですかねー。
立ち読みしながら、うわうわ言ってる自分が怖い。

そのあとは、電撃ホビーマガジンやフィギュア王などなど。
キバや心滅ガロの写真が多かったですね~。
ほんとに、この手の雑誌はぶ厚いしお高い・・・(涙)


あとあと、丁度脇にあったので、
各所で話題の「Newtipe ROMANCE」も。

・・・気がつけば。
結構な時間、立ち読みしちゃってきました。

しばらくの間はまだまだ続くであろう、
月に一度の立ち読み推奨日でした。
別窓 | 書籍・雑誌・DVD | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ヒロビ24号確保
2006-10-24 Tue 16:08
昨日の夕方、
ご近所の本屋を回ったが、
どうにも見つからない話題満載の英雄画像24号。

23号は数冊まだあるのにぃ。

あ、あれか。
ご近所にもファンがいらして、
先に買われちゃったってか。

しかし見たい。拝みたい。
なれど夕方もすっかり遅くなり、
子ホラーたちが腹空かせて家でまってる。
いつもの、ちと遠い本屋にこれから出かけるわけにもいかず。

そこで、
帰るコールをしてきた家人に
「・・・か、買って来てくれませぬか」と頼むと。

「いいよ」と、
相変わらず嬉しくも頼もしいお返事。
感謝ー。

そして小一時間後、家人よりのメールで
「ヒロビ確保と。


帰ってきた家人から手渡された、
チーフ(ボウケンレッド)&映ちゃん(ボウケンシルバー)の麗しい表紙!
うわあああい。

ぱらりとめくると、
いきなり現れる3人の魔戒騎士ポスター


心停止寸前・・・っ。


すーはーすーはー。
こういうときは深呼吸だっ!

気を引き締めて、もいちどめくるポスター。

これだけで。
あと2年は生きていける・・・っ。



ボウケン、ライダーなどほかの記事もぱらぱらめくり進めると。

たどり着いた
小西くん&藤田くん&山本くんの、
3人の魔戒騎士の見開きページ

ぐわあ。
やられてしまいました。
左側の剣を構えてる鋼牙がお気に入り。


魔戒騎士対談では、
山本くんのニックネーム「スー氏」の由来や、
虫嫌いの小西くんネタに大笑い。
みんな仲いいね~~。
おばちゃんには大変ほほえましい。

3人が左手を胸にあてて、魔道具をかざしてる写真がよいですね。

小西くんのインタビューが楽しすぎる罠。
待ち受け画像が・・・
まいっちんぐマチ子先生・・・。
いつもばら色に燃えて、この胸ときめいてるんか~小西くん。

また、
アピールのためにすることが、謎の行為だがなんとなくニュアンスは分かる
「ダバダバする」

そんな美しいお顔でそんなこと言われちゃ・・・、
おばちゃん、のたうちまわるしか・・・。

いやー、いいもん見ちゃったな~~。



その後には、

雨宮さん&横山さん&小坂さんの
誰が名づけたか牙狼3神官対談

興味深いことこの上なし

「それぞれの感性がちょっとずつずれてるのがいい」と、
クリエイター魂炸裂のトーク。

「鋼牙を血だらけにしたい!」という横山さん!
あああ、見たい!それ見たい~~~!

また、なにより心に響いたのが
「牙狼<GARO>は鋼牙とカオルの話だ」と
監督が言い切ってくださったこと。
う~ん、嬉しかったー。



撮影現場レポも面白かったですね~。
7月末の模様でしたが、
美佳ちゃんのブログで撮影参加と書かれてた頃なのでしょうね~。

京本Pが差し入れもって飛び入りしてらっしゃいましたが、
「魚河岸のダン」は笑ったー。
もうそれとしか見えなくなっちゃう。

う~む、
ガロスペにはやっぱりバラゴさまは登場しないんかな~・・・。
いや、まだまだ一月半もある!
サプライズがまだあるやも!やも~!


いや~堪能した英雄画像24号!
他にもたっくさん面白そうな記事があったので、
これからじ~っくり読もうと思いますー。

とりあえず、巻末葉書は出さんと~^^。
別窓 | 書籍・雑誌・DVD | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
奇妙な連帯感・・・
2006-10-23 Mon 20:29
昨日の夜は。

小西くんの「次週予告」を求めて。
日本中(←大袈裟)の小西ファンがウルルンを見ていたに違いない。



ちなみに昨日は香椎由宇さん。
映画「ローレライ」やこないだの「マイボスマイヒーロー」、
肘井美佳ちゃんが出たネットドラマ
「私の頭の中の消しゴム~アナザーレター~」にも
出演されてましたね。
印象的な演技の、
なかなかに好きな女優さんだったりします。
番組中で作っていらしたプロヴァンス料理も
とっても美味しそうでしたね!
みなさん、
「心の色」は大事にしましょうねー。

あ、わたしは通常も普通にウルルンみてますよ。

で、どきどきしながら待った次週予告に出ていらしたのは、
熱血泣き虫先生こと(ふっる~~古すぎる!)山下真司さんでしたね~。
だまし絵に挑戦ということでしたが、
どんな活躍を見せてくださるか。

一部地域ではそっちの情報も出ていたので、
ははーんやっぱりね~でした。

ということで、小西くんの回は
その次の11月5日・・・になるのかな?かな?

でもまあ、せっかくだから、
小西くん以外のウルルンも楽しんじゃいましょうね~。




あいやしかし。
昨日は空振りだったとはいえ。
ココロザシを等しくする同氏たちが、
みんな同じように、
食い入るように画面を見つめていらしたのだろうと思うと。

ふと湧き上がる
奇妙な連帯感



この連帯感は。
間違いなく、次回の予告、
さらに本命であるその次のウルルンでも同じであろうと!

おそらく、放映自体は間違いないことだと思われるので。
ワクテカで奮えて待ちましょうね~。
別窓 | 関連 つらつら | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
小説『牙狼 暗黒魔戒騎士篇』
2006-10-20 Fri 19:47
いよいよ発売になるのですね~。
小林氏による、牙狼<GARO>ノベライズ。

氏のブログを追いかけてる最中は、
スケジュールぎりぎりで「大丈夫なんか?!」と心配したものですが、
すごいスピードで完成されましたね!
すごいです!

密林で予約しようかと思ったのですが。
1200円だと送料がかかるよな~なんて・・・
迷っておりますと。

月末まで仕事場が都内某萌えの殿堂にあるという家人が
「それくらい買ってきてやる」と
嬉しくも頼もしい一言を言ってくれたので。
WEB予約はしなかったです。

・・・なんてことはない、
家人も本屋が好きなだけであるが。
ちなみに、「冴」も家人がお茶の水で探して買ってきてくれました!



ですが。
とても楽しみである反面。
妄想好きなROMIは・・・寂しくもあったりします。


「そんなこと考えるなんて!」という方は、以下スルー願います。








今まで
ここのブログでもよくやっておりますが
「もしかしたらこうだったかも~」
「いや、こういう設定もありだろう~」という
オリジナルから妄想という名のストーリーを繰り広げていくことは
ほんとに楽しいことなので。

牙狼<GARO>のメインスタッフでらっしゃる小林氏が
外伝をお書きになるということは。
とりもなおさず、
それがオフィシャルな設定だということは明白であり。

自分の考察を
思いっきり否定されちゃうことになっちゃうのかも。


もちろん、
大河と由児パパを描いたという「希望」や
鋼牙の背中の傷の謎という「古傷」などの
たくさんの興味深い題材、
読みたいと強く思いますが、
オリジナルな解釈ができる妄想の余地も残しておいて欲しいな~~・・・とも思うのでした。

勝手な言い草でごめんなさい~。
そんなこと言ってても、
発売日に買ってきてもらって、
じっくり読んでる自分がいるんだろうけどね。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
果たして「魔戒医師」は存在するか?
2006-10-19 Thu 17:52
すっかり秋らしくなってまいりましたね。
朝晩の冷えがひしひしと感じられるようになった今日この頃。
みなさま、体調を壊されてはおりませんか?


☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆


「くしゅん・・・っ」

「おや、カオルさま。お風邪ですか、いけませんなあ」

「・・ぐすっ・・・うん・・・。
ここのとこ、遅くまで絵描いてるもんだから」

「そうですか、ここ数日すっかり冷え込んで参りましたしね」

「お前の体調管理がなっとらんだけだ」

「むっ」

「鋼牙さま、もうちょっとものの言い様が・・・。
カオルさま、今夜は早くにお休みになったほうがよろしいですよ。
あとで温かいミルクティーを淹れて差し上げましょう」

「うん、ありがとう。そうします。」

「そんなものに罹るやつが軟弱なんだ」

「再びむっ。
・・・そういえば、
鋼牙たちって風邪ひいたりとかしないの?」

「ない。お前たちとは鍛え方が違う」

「三度むっ」

「だから、鋼牙さま・・・。
言われれば、魔戒に関わる者はあまり風邪などはひきませんね。
体質なのでしょうかね。」

「精神のあり方の相違だ」

「はいはい、そうですかー。
鋼牙みたいな無愛想じゃ風邪だって逃げてくってもんよ」

「カオルさまも売り言葉に買い言葉で・・・。
わたしどもも風邪というか、
体調を壊すということがないわけではないですが。」

「ふーん、お薬とかもあるの?」

「いろいろありますよ。
体調を壊すというより、怪我のほうが多いかと。
屋敷にも各種薬品が取り揃えてございますよ。」

「俺はさほど使わんがな」

「ねえねえ、お医者さんみたいな人はいないの??」

「おりますよ。
魔戒法師がそのような役目を負うときもありますが
医師には重篤な病や怪我の際にかかります」

「わっ!その人、メフィストっていうんじゃないの??
わたし、今この本読んでるんだー!
かあっこいいよねー、この人!」

そういってカオルが取り出した本のタイトルは。

「魔界医師メフィスト  菊地秀行 著」



「・・・(大きなため息の鋼牙)」

「カオルさま、それは「戒」違いでございますが・・・」


☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆

ほんとはいないかな~魔戒医師は。
邪美もカオルの傷治してたし、
魔戒法師が治療もするんかな。

今日のネタは、菊地秀行を知らんと全然面白くなかったですね。
ごめんなさいです。
以下、ファン語り。分かる方だけニヤリとしてください。


すみませんすみません。
わたし、菊地秀行氏大好きだったんですぅ。
公認ファンクラブにも入ってました(笑)。

「魔界都市シリーズ」ボロボロになっちゃいましたが
今でも大事に持ってます。
魔界都市シリーズは、
メフィストやせつらといったオトナ向けも好きでしたが、
一番好きなのは、菊地氏のデビュー作である
「魔界都市新宿」の十六夜京也くんだったりしますです。

よもや当時の関係者さまはここにはおいでになってないと思いますが、
(いや、系列はあまり違ってないのでもしかしたら・・・)
その節はお世話になりましたーーー!
別窓 | 果たして冴島邸に〇〇はあるかシリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
東映チャンネルでー
2006-10-17 Tue 22:04
東映好きな我が家。
CSの有料番組:東映チャンネルに加入しちょりますが。

いつものようになにげなーくチャンネルあわせておりますと。
「Comng Soon」という来月の特集予告で
ハカイダーやらタオの月やらの予告映像が。

なんだー
来月は雨宮祭りかー?と思っておりましたら。

やはりこちらもお祭りでした!

祝!
「コワイ女」公開記念
雨宮慶太特集!


人造人間ハカイダー
仮面ライダーZO J
ゼイラム1,2
タオの月

などなど、放送予定。
わーい。

毎月、
特集作品に縁のある方のインタビュー映像があるんですが。

(ちなみに今月は
「実写版:美少女戦士セーラームーン」特集で
タキシード仮面さまこと、渋江譲二くんのインタビューだったりするので
ROMIは嬉しかったりする。)


ココロで、各種媒体でインタビューを受けたとありましたが。
ここにも監督出演されるのかしらん。

(あ、今回のココロの写真、ほんとにかわいいねー。
とっても癒されます~~)



ついでについでに
ガロスペの話なんかはでないかしらん。
・・・ならないかな?
(ファミ劇と東映チャンネルは
戦隊やヒーローものでよくコラボしてるので)

まあ。
牙狼<GARO>が出てこなくても
雨宮ワールド炸裂で楽しみな企画ではあります!
欲を言えば未来忍者も欲しかった・・・。
とりあえず
なにか映像の情報などありましたら
お知らせしたいと思いまするるる~。


あ、そうそう。
ガロスペ応募葉書
やっと出したじょー!
当たりますように!
なーにーとーぞー当たりますように!
別窓 | 関連 つらつら | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
葉書出してねぇ~~~~><!
2006-10-16 Mon 21:42
ここ数日。
ほんとにリアルの生活がせわしなくて
家事好きのわたしが、お掃除もままならぬほどせわしなくて。
牙狼もゆっくり見ることができませぬ・・・。よよよ。


ガロスペイベント応募でございますが。
締め切りは20日消印有効ですよー!
みなさま、葉書は出されましたか~。

わたしは、その忙しさにかまけて・・・まだです・・・・。
当たる確率は少ないとは言っても!
出さぬことにはお話にならんですね。
ああああ、いい加減出さねば!
明日は、明日こそは~~><!

いや、マジで。


ええーん。ゆっくりDVDが見たいよ~~。
別窓 | 白夜の魔獣 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
祭りじゃー
2006-10-14 Sat 21:21
祝・小西くん:ウルルンご出演ー


あるよね絶対あるよね、
放送予定変更にはならないよね、ママ?
今日の星屑携帯サイトの日記だって、
そう思って読めば、ははーんなるほどーだもんね!

うわうわどうしよどうしよ。
おろおろどたばた。
ととととりあえず祭りじゃー
別窓 | 関連 つらつら | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
人生 安全運転で
2006-10-13 Fri 22:44
今日は、我等が御月カオルこと
肘井美佳ちゃんのお誕生日でしたね。

最初に彼女を拝見したのは仮面ライダー剣<ブレイド>であるはずなんですが。
そういえば、女のアンデッドがいたな~・・・くらいの認知度で。
申し訳ないことにすっかりわすれちょりました・・・。

牙狼<GARO>で「肘井美佳」を知り。
牙狼<GARO>にはまり、鋼牙にはまり、カオルにはまり。
今に至るわけですな。

カオルといえば。
一番すきなのは、最終回で鋼牙の腕を掴むシーンなのですが。
9話「試練」で、ゴンザに声をかけられての振り向きざまの顔つきや。
17話「水槽」の、わたしがはまったきっかけの「鋼牙ぁ・・」や。
20話「生命」の、黄泉の道から抜け出る瞬間なども、思い浮かびます。

わたしは鋼牙ファンではあるけれど。
「カオルを想う鋼牙」が好きなのでした。
かっこいい鋼牙だけじゃ、
わたしはここまで牙狼<GARO>に浸らなかった。

わたしが言わずとも、各所で十分言われてますが。
ほんと。カオルが美佳ちゃんでよかったです。



ブログのほうでは、
最近免許取られたということで(よく教習所行く時間があったなああ)、
運転になぞらえた、人生の歩き方を語られてらっしゃり。
道のりのなかには減速車線やあぜ道もあるという。
いいですよね~、この減速車線というのが。

いやーわたしより若干・・・
いや、ちょっと・・・
というか、随分・・・お若いのに
なんて素晴らしい意識のありかた。

おばちゃん、感動した。

嵐のようなコメントの山もすごいですね。

白夜公式のほうでもたぐっちゃん(命名:あおいさん)からの
ハピバスのコメントがありましたね。

あ、そうそう!
8日はたぐっちゃんご本人のお誕生日でもあったんですよね!
おーめーでーとーございますーーーー。
第一回目放送の際の感動話も素敵でしたね!!



8月の監督のお誕生日のときも思ったけど。
牙狼<GARO>ワールドはシリアスでシビアであるのに、
そこの根底に流れてるものの、なんと温かみのあることか。


牙狼<GARO>はなんか暖かいね。




ところで!
監督のココロで「いい写真が撮れない・・ゲームってなんだか分かる?」とあったけど!
いい写真が撮れなくて困るゲームって、
PS2のホラー系ゲーム「零―ZERO―」という、
除零機能付きカメラでおばけたちを写真にとって封印していくゲームを思い出すのですが。
わたしこれ、えっらい怖くて、鳥肌立てながらプレイしてたんだけど・・・。
監督の言ってるのと違うかな?かな?
全然違ってたら、笑ってやってね。

でもでも、これって零って書いて、ZEROって読むんだよ!
なんか牙狼<GARO>と縁のあるゲームだと思いません(笑)?
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
なんとか帰ってまいりましたー
2006-10-12 Thu 18:35
いやー、長いオチでございました。
みなさま、お久しぶりでございます。
RO-MIでございます。

先週、家人の岩手のおばあちゃんが骨折&入院しちゃいましてね。

あ、生死がどうこうではないので心配はないのですが。
齢百歳なのでちょっと心配になりまして。
あちらは女手も少ないので、
家族で様子を見に行っておりました。

ら、
連休の都合で手術が火曜日になっちゃって!

家人が手術に立ち会うことにもなっちゃって!

急遽家人も会社を休み、子どもたちも学校休ませ!

思いのほか滞在が長ーーーくなってしまったのでした。


こちらにおりますときは、
全然時間のないROMIなのですが。

あちらに手作りの材料を持っていくわけにもいかず。
おばあちゃんが入院してるといっても、
命に別状がということでもないので
病院にへばりついているわけでもなく。

・・・ちょっと時間をもてあましてしまいました。


なによりも。

不謹慎なれど。

牙狼<GARO>が見れないのが
つれえ~~~



公式や星屑の携帯サイトをちらちらみたりはするものの。

いや、実に飢えたね、牙狼<GARO>成分に。


そんなときに心の拠り所になったのが。

やっと買った特撮ニュータイプ。

お値段リーズナブルなれど、
牙狼<GARO>は巻頭特集だし、
結構盛りだくさん。
(来号は特別付録:ガロスペDVD!!!)
ライオン丸Gのこともたくさん書かれていて、
面白かったとです~。


しかもしかも!
帰ってきてやっとチェックできたガロスペ公式で。
イベント参加者の発表があがあがあ。

じつは特ニューイベント、
応募しようかちょっと迷ってたのですが・・・。

この参加者一覧を見て。
これがいかずにいられましょうか!!!


あたるか外れるかはおいといて。

応募するじょー。

はっ、気がつけばもう時間もないことで。
急いで葉書を書かねば。

しかし。牙狼<GARO>への質問・意見というところで
葉書にも関わらず
熱く熱~~~く語ってしまいそうな自分が怖い。


帰ってこれてもPTAのオツトメで
朝から夕方までガッコにつめてるわたしなのですが。
今月末にPTA主催のお祭りがあって、
その準備で忙殺されてるのでした・・・。

でも!でも!
これからは牙狼<GARO>成分たっぷり補給しながら、
なんとか頑張っていこうと思ってますー。

ここもまったり続けてまいりますので、
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします~~~。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
盛り上がってるところですが
2006-10-06 Fri 18:59
急の用事で、しばらくオチます~・・・。
界隈盛り上がってて書きたいこといっぱいなんだけどなあああ。

復活は連休過ぎと思われ。
書き込みは出来ないですが
ケータイでここのチェックは出来るので、
いろいろ思いの丈を語ってってやってくださいませ~~~。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
重箱の隅をつつくように小さな萌えを語ろう 7-②
2006-10-04 Wed 09:15
いやー。
めずらしく朝書いてたりして。
最近、夜は時間ないのです~~~。
ということで、昨日の続きです!


~銀牙  7-②~


廃墟のような零の住み処に響く、階段をあがる鋼牙の靴音。
上り終えると、お昼寝からさめた零がソファに横たわっている。

「眠くてさ~寝ちゃっただろ」
零くんの寝顔、ぜひとも拝見したいものですなあああ。

「何が目的だ」
眼光するどい鋼牙の声に、
「知りたいか?」とあくまで軽く返す零。

「カオルには手を出すな」

あああ、あなたのその一言が聞きたかった。

逆光の部屋に静かに響く零の質問。
「なぜあの女を殺さない?」

それに対し、鋼牙は一歩進み出てきっぱりと。
「貴様には関係ない」

「ホラーの返り血を浴びた者が100日経った時どんな死に方をするか、
おまえ知ってるだろ?」

―――気を失うことも許されない激痛の果てに
       悪臭を放ち 
          醜くくずれ
             獣の声をあげ死んでいく―――

知らされるカオルの行く先・・・。

それを聞く鋼牙の表情は伺い知れないが、
おそらくぴくりともしていないのではないか。

「それを知りながらなぜ楽にしてやらない?
魔戒騎士失格だぞ?」

その零の言葉に、
再び「貴様には関係ない」と繰り返す鋼牙。
「もしかして餌にしているのか?」と問う零。

それには答えず帰ろうとする鋼牙の背に、
零の嘲笑を含んだ一声が突き刺さる。

「ガロの称号が聞いて呆れるな。
そんなんじゃ
・・・親子そろってろくなくたばり方出来ないぞ」

その一言が
鋼牙に火をつけた。

柱に叩き込まれる重い重い拳の一撃。

もう大好き、ここの一連のシーン。

鋼牙の拳をするりとよけ、
相変わらず薄笑いを浮かべる零。
「ほんとに黄金騎士なの?
もっと本気出してよ!」


戦いのゴングが鳴り響く。


言わずと知れた、横山監督渾身のアクションシーン。
牙狼<GARO>の作中、一、二を争う名場面ですね!

80年代の香港アクション映画のオマージュだというこのシーン。
大好きだったのよーこの頃の映画。
ちなみに、ジャッキーよりもユン・ピョウ派でした、わたし。

息つく暇さえなく、めまぐるしく展開する映像。
CGでも、どっかんどっかんの重火器アクションでもない、
生身と生身のガチンコ勝負。
雨宮監督が謳いあげてきた「強い映像・強いアクション」が
この一瞬に凝縮されてるのが伝わってきますね。

つむじ風が巻き上がるところや
カウンターに上がっての足蹴り。
ここ大好き~~~なんどもコマ送りしちゃいます!

零の足を掴みこんだ鋼牙。
それをはずさんと零もはげしくもがく。
マークさんがちょびっと入ってますね。

「おおおおおっ!!」
鋼牙の回し蹴り。
あああ、ほんとにかっこよすぎ・・・。

その蹴り、
零くんのびゅてぃほ~~なお顔にクリティカルヒット。
階段に飛ばされる零、掴みかかる鋼牙!
手すりを走る零の後ろ蹴りを受けて、鋼牙もふっとぶ。

お互いの気力が炸裂する、見事な空中戦。
横山さんてば、ほんとにぼらぼうー。
殺陣というより、まるっきり格闘技。

後の映像特典で、「このシーン10分で撮らなきゃならなかった」とありましたが、
すごいすごい、魅せますねー!

このアクションを考えた横山さんもすごいけど、
無理な体勢であるのに、
てすりに着地してからのポーズもちゃんと決めてる小西くんも素晴らしい。
体のコア、鍛えてるんでしょうねー♪
相変わらず美しく翻るコートが、なんていい味出してるんでしょう。

特撮歴長いROMIですが、
かつて、ここまで白熱する特撮はお目にかかったことがない。
牙狼<GARO>が歴史に名を残す作品となった瞬間です。

倒れた零に、抜き身の魔戒剣を突きつける鋼牙。

「先に剣を抜くとはな。おきての一線を越える気か?」
切っ先を見つめてにやりと笑う零に、
「魔戒騎士の血は、
・・・この俺で途絶えていい!」

「掟やぶり=御家断絶」の系図が分かってくるひとことですね。

走り去る零を追う鋼牙。

場所は変わって冴島邸。
今夜はカオルを一歩も外には出すなという鋼牙の命令に、
ゴンザが必死にカオルを押し留めてる様子。
納得できないカオルは、
鋼牙の戦いも知ることなく・・・。


闇が深くたれこめる駐車場。
こちらも牙狼<GARO>きっての名シーンになったところです。

お互いの剣を交わしつつ、キックや素手の攻撃も絡める。
まさに、
「現代的な動きと、昔ながらの殺陣を融合させたアクション」

刻は奇しくもホラーの時刻!
「上よ!」というシルヴァの言葉を受けて、
二人は上空を目指します。

零が落っこちそうになったり、
かと思えば鋼牙を踏み台にして飛び上がったり、
面白いよねーここの段差のアクションも!
見ごたえたっぷりです。

屋上に上がってからも早い展開!
ホラーに駆け寄る零の後ろから飛んでくる鋼牙の魔戒剣!
零がそれをはねのけるが、その剣が飛ぶ軌跡を読んでいるかのように
鋼牙が飛び込んでくる!
魔戒剣を掴み、ホラーへの渾身の一閃。

いやもう、これしか言えないけど、
ほんとにかっこいいです・・・。

お互いの剣を邪魔しつつ、ホラーと戦う二人。
剣がないだあとの屋上のてすりが
すぱっと落ちるところの描写がにくいね。

鋼牙が鎧を召還。
それを見た零も、同じく鎧を身にまとう。
二人の騎士の前に、ホラーは四散する。

ここに、
銀牙騎士:絶狼<ZERO>が降り立つ。
剣舞のような名乗り。マークさん、GJです!

「あと90秒遊べるぜ」とのゼロの挑発。

そして、もう説明の必要もない、ビル落ちのシーン。

えとえと。
このビルの損害賠償はどこが持つんでしょおおおおお???
ビルの破損だけでなく、
ガラスが落ちてだれか怪我しなかったかしらん。
どきどき。

1話のアングレイ戦のときにギャラリー周辺に結界が張られたように、
バトルゾーンは即席の結界が張られたりするのかなー。なー。
この辺もまた語れそうだ。

時間切れでバトル強制終了の鋼牙と零。
疲労困憊で着地。
この着地、小西くんの文字通り命かけた熱演ですね!
やはり3巻の特典映像内で、
「スタントマンではこの迫力はでない」とありますが、
まさにその通りですね。
アクション系でない普通の役者に、
ここまでアクションやらせる番組は見たことねえです。

まだ戦う気力はあるものの、力尽き果てた二人・・・。
零が先に身を翻します・・・。

空を見上げる鋼牙。
落ちてくるガラス片だけが、闇夜に哀しくきらめきます・・・。

やっとの思いで冴島邸に帰り着き、
力尽きて倒れこむ鋼牙。
抱き起こしたゴンザに「・・・あいつは・・・?」と問う。
「もう、お休みになられました・・・」
「そうか・・・」

鋼牙の胸に去来したのは、
カオルの眠りを守ることが出来たという安堵だったのでしょうか。

雨に打たれる零。
恐らくこれまで負けしらずで来ていたんでしょうね。
自分をおびやかす存在など知らなかった彼は、
負けの怒りに身を焼かれるのです。

「ああああああーーっ!」

激しい雨が、その叫びをかき消していくようでした。

鋼牙やカオル、そして零の行く先になにが待っているのか。
転換期を迎えた7話でした。

うわああ、いつも以上に長くなっちゃった・・・。
長文にお付き合いくださり、感謝感謝♪
別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
重箱の隅をつつくように小さな萌えを語ろう 7-①
2006-10-03 Tue 20:58
さて、昨日の予告どおり、今日は重箱シリーズに行ってみたいと思います~。
ここまで来ました、7話です!

~7話 銀牙~

「黄金騎士って案外にぶいんだな。俺の狙いもわかんないのか」

謎めいたセリフと艶やかな笑みを残して去っていった、
鋼牙の同業者だと名乗る涼邑零。

鋼牙とゴンザが魔戒騎士月報で調べてみると
どうやら彼が魔戒騎士だということは本当のようだ。

だが、彼のような魔戒騎士は
どこの系譜にものっていないという。

う~ん、これってどういうことだろう???
魔戒騎士しとして認められてるものの、
住民票がないみたいなもの?
むー、ちょっともやもやする箇所です。

そういえば今思いついたけど、
ザルバとかシルヴァとかの魔導輪(具)って、
契約者(=所有者)が変ると
番犬所などの執行機関に届け出なきゃいけないとかってあるのかしらん。
これはいつか語ろう。

ここで鋼牙が不思議な言葉を口にします。
「ヴァランカスの実は手に入ったか?」
それを受けてゴンザは
「手をつくしていますがまだ・・・。」

どうやら、確実な方法ではないものの、
「ヴァランカスの実」というものに、
ホラーの返り血を浄化する力があるよう。

「入手を急げ」
鋼牙の静かな、きっぱりとした声。


街角。
邪気を封印してまわる零。

魔戒騎士は、ホラーを狩るだけじゃなくて、
陰我あるオブジェを封印し、
出現を予防することも仕事なんだと判明。ほーへー。

「あいつの仕事を楽にしてやってるんだよ」
「怒らせるしか効果ないと思うけど」

鋼牙とザルバのそれも好きだけど、
シルヴァと零のやり取りがいい感じですよね~。


街中をさすらい、次々と邪気を封印していく零。
どくろ君にいい子いい子してからザシュっと剣を突き立てるのがかっこよし。
しかし、このオブジェ郡が面白いね。

零は薄笑いをうかべているものの、すごみを感じる。
それと同時に、
ザルバが「何か強い意志に突き動かされてるようだ」と表現しているように、
どこかしら悲壮感も漂ってる気がする。

ザルバの「肉体が影響を受け初めているはず」の言葉通り、
疲労を隠せない零は、
とある場所でエネルギー充填。

そのとある場所とは、ケーキカフェ!

カオルちゃんのバイト遍歴その4:カフェのメイドさん♪

「いらっしゃいませ!」と零に声をかける
三つ編みにぶりっぶりのメイド服のカオル、
いやーんかわいいじゃーん。

「こうやって会えたのも運命かな♪」
と、にこにこ顔でメニューを覗き込んだ零くんは
そのあとズラズラズラっとケーキの名前をまくし立てる。
カオルちゃん、まったく注文追いついてないはず。
わたしには「チョコチップのワッフル」だけしか聞き取れない・・・。
流れるような発音は、流石といったところか。

テーブル狭しと並んだケーキにご満悦の「桁外れの甘党くん」。

すすすすみません、
えらくかわいくて、たまりません。

ケーキおごってあげるから、
おばちゃんとデートしよ



最後はコーヒーで締めて、零くんほっと一息。
その彼のキズついてたほっぺに、
カオルちゃんが絆創膏をぺた。
「結構男前じゃない」

わたしには恐ろしいほどの男前と写る罠。

ふとカオルを見つめたあと、ぎゅっと手を取る零。
「なぜあいつといるの?もしかして・・・好きなの?」
「そんなわけないでしょ?!やめてよ!」
ちょっと慌ててお皿を片付けるカオルちゃん。
それを「ふ~ん・・・」て顔で見やってる零。

いいー。大好き、このシーン。

だが。
シルヴァの切羽詰った言葉で雰囲気一転・・・。

「彼女は、血に染まりし者・・・」
それに表情を変えずに答える零。
「そのようだ」

「ならば、狩るのがあなたの使命」
シルヴァの非情な指摘に、
零はカオルに貼ってもらった絆創膏にそっと手を這わしたあと、
ぐっと拳を握り締める・・・。

「お疲れ様でした!」
バイトあがりのカオルちゃん。
そこに、まるで待ち伏せしていたかのような零。

そして、
もう話すことはないというカオルに
「もう時間がないんだ」と言い放つ彼。
絆創膏の下の傷は、
もう癒えていた。

2つの魔戒剣をすらりと抜き、近づいてくる零!

この、壁に這った2本の魔戒剣の切っ先が火花を散らす描写が
素晴らしくいい!

零の真剣な表情に、脅しやひやかしではないと悟ったカオル。
逃げようとするが、足がすくんでるのかなかなか動けずに。
さらに近づく2本の剣!

そこへー。
どこからともなく身を翻す、我等が黄金騎士!
このとき、さっと後ろのカオルを見やる仕草がよいですね~。

ですが。
あなた、どこからいらしたんでぃすかー。
あれですか、両脇の壁際の上のほうで両手両足突っ張って、
出るタイミング待ってたですか?
(いわゆるサスケ状態:汗)

まあ、とにかくバッとカオルを背にかばった鋼牙は、
零と対峙するのです。
火花を散らすお互いの視線。
まるで、静かな戦いのよう。

先にその戦いから引いたのは、零でした。
にっこり微笑むと、さっと踵をかえして去っていきます。

抜き身の剣を両手に持って・・・。
あぶないですよ、あなたー。
それで道歩ってたら、間違いなく銃刀法違反。
そいえば、零の魔戒剣の鞘って見たことないですよね。


その背を見ながら「なんだったんだろう・・・」といぶかしむカオルちゃん。
鋼牙はその腕を取って引っ張って。

冴島邸に電話が鳴り響く。

もちろん、黒電話。
ああ、アンティークって素敵~。
今どこもプッシュホンの時代なので、
あれが電話って認識できない人が少なくないんですってよー。

関係ないけど、
わたしこの電話使わなくちゃならないのに
「電話がかけられないよ~~!」って夢をよく見ます・・・。

あ、いや、冴島邸に電話がかかってきたところですよね。
かけてきたのは鋼牙。
どうやってかけてるのか、興味深々。

公衆電話か、よもや自分の携帯なんぞ持ってるはずもなかろう。
まあ、カオルの携帯からかけさせて、
それを脇から取り上げてゴンザと話してる・・・って感じかな。
でも、「あ、鋼牙さま」と、
ゴンザさんが鋼牙からの電話にそれほど驚いてないところを見ると、
鋼牙が自宅やどこかに電話をかける用って、それなりにあるのかしらん。

それはそれで、
「鋼牙は携帯使えない」のに一票。

・・・だから、
冴島邸に電話がかかってきたところに戻すと。
どうやら「カオルを迎えに来い」という鋼牙からの依頼のようだ。
帽子を手に、急いで出かけていくゴンザさん。

番犬所では、シャボン玉遊びにふける3神官。
と、その脇で拭き掃除にいそしむコダマ。
コダマは内心、
「俺が掃除してるそばから汚すんじゃねえ」と思ってるに違いない。

「魔戒騎士同士は争ってはいけない」
「でも、二人は戦う」

壮絶な戦いの火蓋が切って落とされようとしていた。



と、今日はここまで~。
また続きは明日!
別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
果たして冴島家に「魔戒騎士月報」は送られてくるか!
2006-10-02 Mon 17:08
今日は朝から室内で木くずにまみれて木工作業です~。
もちろんBGMは牙狼<GARO>さ~~。

1002-3.jpg





さて。

実を言うと
今日は重箱シリーズを書くつもりでキーボードを打ってたのですが。

ゴンザさんの
「西の管轄から魔戒騎士が一人、
間違いなくこちらに来ているようです」
のセリフが気になって気になって。
で、ええい、今日はこっちのネタにしようと路線変更!


以前から思ってたのですが、
ゴンザさんてばこのセリフを、
なんの書類を見て言ってるのか・・・?

もしかしてもしかして、
魔戒騎士には、一般の社内報や市内報のように
魔戒騎士月報とかが送られてきたり。


でもってでもって、
「【異動】
銀牙騎士:涼邑零さん  
西の管轄より東の管轄へ入ります。
任務終了までどうぞよろしくお願いいたします。」


とか書いてあったりして。



おそらくそれには他にも

「【おめでとう】  
北の管轄 青銅騎士:タグさん(←命名適当)
氏に待望のご長男が生まれました。
健やかな成長をお祈りします」

とか!

「【魔戒騎士慰労ツアー】
南の管轄より 南の海はキレイです!
参加者のコメント『今日は家族ときました。
海もキレイだし、食事も最高ですね。
いい家族サービスができました』」

とか!

「【訃報】 
西の管轄 銀牙騎士:道寺さん 享年:80歳(適当)
氏は銀牙騎士として幾多のホラーと戦い活躍されました。
ここに氏の生前の栄誉をたたえるとともに、
謹んでご冥福をお祈りいたします。」

とか。


「【がんばってます!】 
東の管轄 
黄金騎士:冴島鋼牙さん  
ホラー100体を封印!
おめでとうございます!
氏にはお祝いとして、魔戒獣:轟天が授与されました。
今後とも任務に励んでください」

とかーーーっ

魔戒の時事のニュース、辞令、出生、逝去など
書いてあるんじゃないのかーーーーっ!


もちろん編集記者は、各管轄の魔戒騎士が持ち回り。
いつか鋼牙にも回ってくるに違いない。
赤ペン持って原稿用紙に向かって悩む鋼牙・・・。



考えたら楽しすぎる。
・・・こんなことばっかり考えてるわたしをどうぞ許して。

明日は、
明日はきちんと重箱シリーズを書こうそうしよう。
別窓 | 果たして冴島邸に〇〇はあるかシリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 冴島家の人々 |