FC2ブログ
いい女が帰ってきた!
2006-09-30 Sat 21:26
いやーもう、どうしましょうってくらい盛り上がってしまってる
牙狼<GARO>界隈。

ガロプロ第2弾、G-九の発売に続き。

ガロイベントてんこ盛り。


嬉しいよ、そりゃ嬉しいけど。
どこの会場も、抽選倍率、恐ろしいことになりそうな。

行きたい気は十分あるが、
おばちゃんひとりでオールナイト上映に行くのもはばかられるし。
(そもそも行けるかどうか分からない)

まあ、当たらないだろおおお、
くらいの気持ちで応募だけは出してみようかなと思ってる今日この頃。

あ、明日のG-九イベント参加組のみなさまも
頑張ってきてくださいね~。
レポ楽しみにしてまっす。




とまあ、イベント関連はそのくらいで。

白夜の魔獣公式で、
とうとうあの方まで登場です!

「いい女にはなりそこねた」との泣かせるセリフを残して旅立たれた

邪美さまの登場です~~~


佐藤さんの出演も聞いてたし、
こないだのCMでキャストにも名前があったので
出るのは確信してましたが。
写真見てびっくり。

えっらい雰囲気違いますねー

元々キレイな方ではあるけど、色っぺー。きれー。


違いすぎて、
いろんな妄想がかけめぐる青春
(またしても誰も知らないネタ・・・
知らない人のために③・出展:ビューティーペア)

以下はわたしの勝手な設定です。
お嫌な方はスルー願います。
また、全然違ってても怒らないでね。



仮説①:邪美のふたごの姉さん説

ちょっと前のここでも書きましたが、
実は邪美はふたごの姉妹だった・・・とか!とか!
で、邪美と姉さんはお互い意思がつながってて、
前回の戦いの詳細も知ってるとか!
ついでにやっぱり、
こっちの姉さんも鋼牙に想いを寄せてるとか!とかー!



仮説②:邪美の母さん説


いや、突拍子もない考えだってことは重々承知だけどね。

亜門法師はじめ、鋼牙の父母の話が出てくるということは、
一世代前の人々の話が出てくるということで。
それならば、
もしかして邪美の母さんのエピソードがあってもいいかな~、と。
で、その母さんも実は大河を密かに想ってたとか!とかーっ!
(・・・こればっかです、わたし)

そういえば、あの邪美のコスチュームは
戦いを決意した戦闘服だとどこかで読みました。
あれは、邪美の一族に伝わる戦いの衣装なのかな~なんて。


仮説③:邪美は脳死に至ってなかった・・・・説

(小夜さんなら元ネタ分かっていただけますか??)

邪美自身の復活。

もしかして、実は邪美は、
19話「黒炎」でのコダマ戦の前に、
自分自身に復活の呪文をかけていた、、、とかー。
で、復活の際に、なんらかの影響で記憶がなくなっちゃって、
「白夜の魔獣」では冒頭、鋼牙の敵になっちゃうとかね~~!

・・・わたし的にはあってほしくない説ではありますが・・・。
あそこまで四散したんだから!
鋼牙の怒りが、なかったことにされちゃうから!
ないと思うけど!絶対ないとは思うけど!



なーんて、いろいろ言っちゃいましたが。
いやね。
公式に載ってる写真が、あまりにも憂いを浮かべてるので、
TVシリーズ時の邪美とは
確実に違うものがあるんじゃないかな~と思うわけで。


りんも気になるけど、
邪美もどう絡んでくるか、とっても気になりますねー。
やっぱり、
頭のなか、いっぱいいっぱいだあああ。
スポンサーサイト
別窓 | 白夜の魔獣 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
龍を喰らいし者
2006-09-28 Thu 23:04
G-九、見ました~。


画ニメサイトでの、プレビューやあらすじ。
「わたしは龍を喰らいし者!」や
「戦え!」などのインパクトのあるセリフ。

えらく掻き立てられるものがありまして。
わたし的にはとっても期待していました~!


で、前情報があるようでない状態での初見。

面白かったですー。



以下ネタバレなので、ご注意を!



人の精神に巣食う魔【邪龍態】を退治するという、アガルタの任務。
やっぱりアガルタはイリアのイメージでしたねー。
というか、美佳ちゃんの低めの声が、
森山祐子さんにそっくりでびっくり!
ねねね狙ってる?監督?!
アガルタと三五十のやりとりの雰囲気は
まさにイリアとボブのそれでした。
(あ、悪い意味じゃないですよ)

「龍を喰らいし者」っていうのは、
文字通り龍を食べるってことじゃなくて、
龍を狩る者ってことなんだろうかね~。

三五十の本当の姿は、あの機械のほう?
ライナーノートのデザイン画を見て、
思わず、グラウ竜だーと(笑)。

初見終わって、面白いじゃないか~。
突っ込みどころがないわけじゃないけど、
辻褄あわせをしなきゃならないほど
まだ話が大きくなりすぎていないし。

八海とか邪龍とか、それこそ謎ありげな三五十とか、
全部説明しきる必要がないくらい、
ほどよく各自の脳内補完ができそうな設定が興味深いですー。

ようするにこれはプロローグなんだろうな、と。
ライナーノートにも書いてありましたが、
壮大な世界の一端を見せたに過ぎないという。

もしかしたら今後、
すこしづつ細かい部分のお話が表に出てくることになるんだろうけど、
それはまた別のお話ということで。



本編と同じくらい贅沢だったのが、
特典映像ですよね。
そっちでもお腹いっぱいにさせられちゃいました。

美佳ちゃんと小西くんがマイクの前に立つ姿は、
えらい絵になってますね。
藤田くんも、普段の玲くんや零のほうでは見えない雰囲気があって、
あ、ミュージシャンのtakutoくんなのだな~と
変なところで感心しちゃったり。


思ったよりずっと楽しめたG-九。
続編見たいな~と思う反面、
このくらいの、いい意味のぼかし具合でとめておいても
いいのかしらんとかも思います。
別窓 | 関連 つらつら | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
うっふっふっふ~~♪
2006-09-27 Wed 19:35
昨日ー。

夕方帰宅し、なにげな~~~くポストをのぞくと。
なにやら不在票が。

なんだろう、G-九はまだだしな~・・・?と思ってよく見ると。

「発送:トライスクル」の文字がーっ。

うわあ、当たったー!

すぐに連絡して配達していただきました~~。



わあああああい

posu.jpg



まごうことなき直筆サイン入り~~~っ。

うわうわ、どうしようどうしよう。
おろおろどたばた。

と、夕べは大事に大事にしまいこんでしまいました。


で、今日になり。
せっかく直筆サイン入りポスターが我が家に来てくれたのに、
汚れるのもイヤだけど、しまいこむのももったいないしな~・・・。

ということで、
随分昔のフレーム入りのジグソーパズルがあったので、
中身を取り出して、フレームだけ活用することに


それはいいのだが。
・・・とりあえず我が家は、
お恥ずかしながらカントリーで統一してありまして。
(あ、わたしリアルではカントリー作家なんでえす)

いかな大好きな牙狼<GARO>とはいえ、
思いの丈を詰め込んでるリビングに飾るわけにもいかず・・・。

あ、カオルのポスターは廊下に飾っております。

フレームと足場用の椅子もって、
あっちをうろうろ、こっちをうろうろ。

悩んだ末に。
リビングの隣の和室に飾ることに。

それがこちら。

posu2.jpg


リビングからの目線の邪魔にもならないし。
いいポジションで満足です~。


あああっ、嬉しさ倍増。

さて、今日はこれからG-九見るじょ~~。
別窓 | GARO Project | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
予告ムービーが来たよ!
2006-09-26 Tue 19:51
今さっき、
ファミ劇の牙狼<GARO>放送終了後に。
(ちなみに今日は8話でしたよ)

ほんの少しだったけど。
とうとう来ましたよ。

特報:白夜の魔獣の予告ムービー!

「白夜に蘇る 太古の魔獣」

鋼牙も、
零も
ダンも

動いてますよ~~~~。


ちょっとだけ、
魔獣っぽいのの顔のアップも・・・。



放映日時も決定した模様。

12月15日 (金)
12月22日 (金)

年末はお祭りです。


キャスト一覧も出てました。
公式でまだ載ってない方も数人いらっさりましたよ。
さとうやすえさんの名もあったよ。
ひらがなになってました、改名されたのかな。
あ、花鶏(あとり)の女主人とかもね^^(←aoironekoさん限定ネタ)
これからアップされるのかな?かな?

うーん、なんか一気に
いよいよだな~なんて思い始めちゃいました。

・・・ごめんね、先に盛り上がっちゃって・・・・。




さて、明日は待ちに待ったG-九の発売日ですね!
密林から発送メールも来ましたし、
楽しみにしたいと思います~。




あとねあとね、ふっふっふ~~。
もうひとつあるんだよ~~~ん。
(こっちは明日ね)
別窓 | 白夜の魔獣 | コメント:7 | トラックバック:1 | top↑
嵐のような6巻の映像特典
2006-09-23 Sat 23:08
差し込む日差しがすっかり柔らかくなり。
青い空に映えるいわし雲のなんと趣ふかいことか。

おもむき深いといえばー!

みなさま、ご覧になりましたか?
牙狼<GARO>DVD6巻!

の特典映像!

すみません、じつはまだ本編は見てないです・・・。

「僕が愛をつたえてゆく」のプロモーションビデオ。
ラクーアで見ましたが、いやもうほんとに涙ものです。

レコーディング風景に、名場面がおりこまれ。
「鋼牙ぁ・・・」は、17話水槽のあの場面とシンクロ。
最終回の腕を掴むシーンもあり。
泣けますねー。

「僕が愛を~」の曲だけ聴いてると
オリジナルな世界が出来てくるんですが、
映像もつくと、やはり牙狼なのだな~とか思ったりするわけです。


7巻に入るという「僕はまだ恋をしてはいけない」のほうも
楽しみですね。



ファミ劇スペシャル。
・・・見たはずなんですが、
なにせ、はまる前にちょろっと見ただけだったので
まったく覚えていませんでしたー。

7話のビル落ちのシーンだけ妙に覚えてましたが。
結構つっこんだ編集でしたね!
さすが、万人向けでないCS用の番組といったところでしょうか。
案内役のゴンザさんが面白かったですねっ。


そしてそして!
牙狼を彩るキャストたちでは、
藤田くんと京本さまが熱く語ってくださってます~。

藤田くん、
まだまだ若いのに、作品やお芝居に関する高い志が素敵。
わたしたちもどうしても比較に出しちゃっていましたが
「555の北崎くん」の強すぎるイメージを払拭するように
実は努力してたんでしょうね。

また、オーディション風景や剣さばきの映像がいい~~。
ああいう映像はわたしたちは見る機会がないので
えらい新鮮ですね。
ぜひぜひ小西くんや美佳ちゃんの分も拝見したいところです。

そーしーてー。
カルネさまこと、京本Pの熱い!情熱ほとばしるトーク!
心滅の極寒ロケ(笑)やアクションのお話。
興味深かったですね~。

なかでも!
わたしがのたうちまわってしまったのがあがあがあ!
「僕はまだ~」の曲作りの際のエピソード!

京:「この作品に恋愛感情はあるんでしょうか」
雨:「途中までは盛り込んでいって、
   最期はぐっとがまんさせる(でよかったっけ?)」
京:「ということは寸止め恋愛なわけですね!」


・・・・寸止め恋愛~~~!!!

なんちゅうそそられるシチュエーションでしょうしょうしょう(無限エコー)

本編中では、恋愛という形は取れなかったかもしれないけど、
鋼牙とカオルは深い深いところで
心がつながってるに違いないのですから(断言!)。


他にも語りたいこといっぱいなのですが、
とりあえず今日はここまでー。
明日は本編も見るじょ~~。
別窓 | 書籍・雑誌・DVD | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
いざタイトルをつけようとすると悩むが
2006-09-22 Fri 21:37
いろんな情報がた~~くさん出ていますね。

よそ様で十分に十分に語られてるので
辺境のうちで書いてもアレなのですが。
一応特筆すべきを数点。



ダンの姿がお披露目となりましたが。
ガロやゼロと比べるとえらい異質ですね~・・・。
明らかに「違う」なにかを感じます。

魔戒騎士はホラーを狩るのが使命だけど、
白夜騎士というものは、他に使命がありそう。
たとえば、
魔物を封印する・封印を継続させるのが仕事とか。
どっちかというと、
戦う魔戒法師という感じでしょうか。


そのダンの持つ魔道具:ゴルバが登場となりましたが。

ゴルバといえば、浮遊要塞ですね!
(←いつもながら誰にも分からんネタ・・・
知らない人のために②・出展:ヤマトよ永遠に)


それはおいといて。
いいですー!
すっごい好きです、このゴルバ。
どういうタイプの相棒なんでしょうね。

ザルバが軽めなお兄ちゃん風で。
シルヴァがお姐さん風でしょ。
とくれば、
生真面目な叔父様・・・
みたいな感じだといいなー。



ちょっと外れますが、
ヒーロー3人のというと、
最近ではリュウケンドーにも3人それぞれの武器に、
熱血・冷静・軽薄という、相棒が宿っておりましてね。
そっちのやりとりも面白いので、
もし機会があれば「魔弾戦記リュウケンドー」もどぞ~~。



ガロスペのイベントはあるか!!
非常に、ひっじょーーに気になりますね!
ぜひぜひお願いしたいところです~。
可能な場所ならば駆けつけたいですね!


ガロプロ第二弾のポスターが、
あまりにもあまりにも・・・美しすぎて
・・・まっすぐ見れない・・っ。
あれが特典のポスターになるんでしたっけ。
我が家に来た日にゃにゃにゃ・・・・(いつもの無限エコー)。



今日はDVD6巻の発売!
(こちらは明日た~~っぷり語ります!)
来週はG-九も発売~。

牙狼<GARO>界隈、文字通り大騒ぎ。


日々、新しい作品やイベントの情報収集に励みながらも、
やはり、それの根っこにある牙狼<GARO>TVシリーズを
じっくりまったり見かえしながら掘り返す時間も
しっかり取りたいな~とも思います。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
重箱の隅 6-2
2006-09-20 Wed 22:22
昨日書き終わってから考えていて。
鋼牙が止血のために、横断歩道よろしく左手を挙げて歩いていたら・・・。
笑えるかも・・・っ。

あとあと、もしかしたら破邪の剣って、
血が止まらないようななにかがあるのかしら、とかね。
ああ、妄想も止まらないわ。

さて、お待たせいたしました。
美貌の後半、行ってみよー。


貞操の嬉々・・じゃない、危機のカオルちゃん。
彼女に抱きついていたチンピラBの髪の毛を
誰かがグッと掴んでふっ飛ばす!
このゴロゴロゴロッていう転がり具合が素晴らしい。
AACの方なのでしょうか。
その転がった仲間Bに、チンピラAが駆け寄って「大丈夫か?」
なにげに義理堅いチンピラーず

そして、お決まりのテーマ曲をしょって、
零の登場です~~。

振り返った笑顔がまぶしいよ、ママン。

「ちょっとだけ待ってて」

ええ、いつまでも待ちますとも(←貴様には言ってない)。

零を取り囲み、
ぐっと掴みかかろうとするチンピラーず。
「やめてよ、シワになっちゃうでしょ」
と、横山監督言うところのラフファイター:玲くんの大活躍。

それもあるけど、
チンピラさんたちのやられ方がすんばらしい。
チワワなれど。

まさに犬のごとく、しっぽを巻いて逃げ出すチンピラーず。

それをじっと見つめていたカオルちゃんに、
零がにじり寄ります。

「悪くないリングだね。
でも君の指にはちょっとチープすぎるかな」

カオルのリングがザルバの分身だとわかってのセリフなのでしょうが、
えらい挑発的な18歳(設定上)。
玲くん的にはこの撮影時はまだ16歳!!!
この少しあとに17歳になったんですよね。
ああ、なんという神様のいたずらでしょうか。
なんでしょう、このオトナっぽさは。

「今度会うときは絶対デートしよう」
と言い残して、零はその場を去ってしまいます。
残されたカオルちゃん、バイトの面接時間が!

勇気をもらおうとしたのか、
カオルちゃん自転車こぎながらカルネさまに電話。
いけませんよ、自転車乗りながら電話しちゃ。
しかも、酔っ払い運転。

「幸運をね」
にっこり微笑むカルネさまの美しいこと。
相変わらずなシャツの開きっぷりが・・・悩殺。


そして、例のバーにたむろする琴美さん。
あやすぃ店長から、
「この店以外、あんたと手を組むのは皆無なんだよ」
この店、なにやら琴美さんの悪行とつるんでるのか?
しかしこの店長、
わたしにはお笑い芸人さんの星セントルイスの片割れにしか見えない。

とそこへ、「面接に来ました」とカオルちゃん!
おいおい、水商売かよ。

酔った勢いか
なぜか敬礼つきのハイテンションな受け答えが気に入られて、
即刻採用。
ということで、
カオルちゃんのバイト遍歴その3:バーテンダー(笑)。

いろんなことを経験するのも勉強なんだろうが・・・
いくらなんでも職は選びなさいよね。


鍛錬中の鋼牙にザルバが言う。
「あのお嬢さんがホラーとニアミスだ」


バーカウンターでグラスを磨くカオルちゃん。
「水をくれるかな」という店長にグラスを差し出すと。
「ごぅぇんなすわぃ」と、
それを脇からかすめとる・・・美貌の女、コトミ。
店長、誘惑光線くらっ(知らないひとのために・出展:早見優)


事務所に誘い込みぐわっと抱きつく店長だったが。
「男って単純ね」
本性現したコトミにあわや喰われてしまふ。

そこへ遭遇するカオルちゃん。
あの距離では、再び返り血浴びてること間違いなし。

「またー?!」と逃げ出すカオルちゃんだが、
埠頭に出てしまい逃げ場を失いコトミに追い込まれる!

じりじりとカオルに迫るコトミ。
そこへ、すらっと魔戒剣の切っ先が向けられる!

コトミVs鋼牙、いや結構なバトルです。
及川さんのや~らかそうなお胸がたまらん。
鋼牙に絡みつき、「どお?気持ちいいでしょ?」

このシーン、横山さんは「苦しかったでしょうが」と言うが。
違うだろ、実は気持ちいいだろうー、K氏(笑)。

墓石を飛ばコトミ。
鋼牙が拳で飛んできた墓石をぶち壊す描写がいい!

そこにまたしても飛来する破邪の剣!
それをばっと叩き落す鋼牙!

「誰だお前」
「見て分かんないかな、同業者ってやつだよ」

コトミがウトックに変り、
鋼牙と零はお互いの太刀を邪魔しつつ、ウトックと戦う。

鎧を召還する鋼牙。
それを・・・憎しみの瞳で見つめる零。

ガロがウトックを斬る。
琴美の姿に戻り、
「助けて・・・死にたくない・・・」とカオルに手を伸ばす・・・。

それをどうすることもできずに見つめるカオル。

「無理だ・・・
ホラーに憑依されたとき
お前の肉体は滅んだんだ」

鋼牙の静かな、少し苦しげな言葉が闇に響くのです。
そして、四散する琴美。


戦い終わり対峙する二人の魔戒騎士。
「俺は涼邑零。またの名を絶狼<ZERO>」

ガロとかゼロとかって、
コードネームみたいなものなんでしょうかね。
ほかにもいるのかしら、
タロとかジロとかエロとかグロと・・・(殴)

「もしかして、これが狙いだったりして」
と、カオルを抱き寄せる零。

このとき!こーのーとーきー!
鋼牙がぐっと拳を握りしてめてるんですねーーー!!
ああ、これぞまさに
ビバ!小さな萌え!!!

鋼牙にあの表情をさせた零くん、ひたすらGJなれど
その顔にべしっと平手打ちにして逃げ出したカオルちゃん
鋼牙の背中に回りこむ。

にやりと意味ありげな笑みを残して立ち去る零と、
それをにらみつける鋼牙。
その鋼牙を心配げに見上げるカオル。

そして、恐ろしいほど勢いのある7話予告!

3人の思いがうずまく、嵐のまえの静けさただよう
6話でした。
別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
重箱の隅をつつくように小さな萌えを語ろう 6‐1
2006-09-19 Tue 19:41
えとえと。
家人がこの連休で、
子ホラー連れてキャンプに行ってくれましてね!!

ほんの1日半ではありましたが、
ひっさびさのロンリーウルフの幸せを堪能いたしました。

ふっふっふ、
昼間は木工作業の合間を縫って、
夜はキルトをしながらの、
牙狼<GARO>全話視聴の計画

・・・なんて、最期はちょっと時間足りなくなり、
ラスト「少女」「英霊」を残してしまったのだがね。
この2話は、またいつかゆっくり。

さて、気力みなぎってるところで
そででは重箱シリーズ行って参りましょうか~~。

~~6話 美貌~~

のっけからでなんですが
欲しいのは美貌。
いらないのは脂肪。


あら、いいじゃなーい。

いきなり、ザルバの詩吟で始まるこの回ですが。
「魔戒吟遊詩人」なるものによる一節だとういうそれ。
なかなか興味深い。
「第30節」となっておりましたが、
全部読んでみたいものですな。

戦う鋼牙の元に一筋の光。
振り返りざま寸でのところで受け止める鋼牙。
このときのゆがんだ表情が好き~。
でも、素手で剣掴むのは痛い、痛いよー。

「2体いたのか」
「俺もよめなかったの初めてだ」

これって、この短剣を放ったのはホラーで、
それをザルバが感知できなかった・・・と言いたいのか。

見たら分かるんでないか、それは破邪の剣だと?
あとから記述しますが、
破邪の剣って魔戒騎士しか使えないんでしょ?
だったら、それを放ったのが魔戒騎士であると考えるのが普通なんじゃないの~?
ちょっち消化不良箇所。

ホラーを追おうとしていた鋼牙のもとに、
誰かの悲鳴が届く。
その方向に行ってみると、
墓場で、派手な女=琴美が男女を襲ってる最中だった。
ピンヒールで男の手を踏みつける女。
次はでっかい石でぶったたく。
・・・石で殴ったら死ぬのではないにょ???

琴美は、冷酷に男をぶちのめしたあと、
それぞれから財布をせしめて
仕事終わりの一服

鼻からぬける煙がすごい。


鋼牙が琴美に魔導火をかざす。
「いい男だね」と鋼牙に色目を使う女。
が、その瞳にはホラーは感じられない。

すっと踵をかえしてしまう彼の背に、
「そっちが誘ったんだろー!」と琴美は罵声を浴びせる。
そのあと彼女は、ホラー=ウトックに憑依されることとなる。

朝の冴島邸。
カオルちゃんてばゴンザさんに、
「またモデルお願い」と死刑宣告。
ひきつったゴンザさんの顔が涙を誘います・・・。

明るく出て行こうとするカオルの前をさえぎって、
鋼牙が朝帰り。

指先からぽたぽたとしたたる血・・・
自力の止血は利かなかったのか???
しかも、出欠箇所は心臓より上にあげておかねばならないはず。
救急救命講座はしっかり受けたほうがいいぞ、鋼牙。

手渡された短剣を見て驚愕の声を上げるゴンザ。
「これは破邪の剣・・・
この刃で命を落とした魔戒騎士が何人も・・・」

だからそれは、本人の救急処置が悪かったのだろうと。

しかもここで判明したのが、
鋼牙のハンカチは「黒」だということ。
シルクとかではなさげ。

「救急箱のひとつもないわけ?このうちは!」
鋼牙の手当てをしようとおろおろと翻弄するカオルちゃんがかわいい。
そんなカオルちゃんを尻目に鋼牙は、
「ゴンザ、リバートラの刻(とき)を」と。
それを受けて、ゴンザが重厚な箱から取り出した
あやしげな青い薬の入った小ビンを手渡す。

それをくびっと飲み干す鋼牙。
苦いのか、ちょっと顔をしかめるところがよい。
次に魔導火をその手にかざし、炎上消毒。
大きい手は素敵です。

手をにぎにぎして、治ったことを確認してる鋼牙のもとに、
ウォッカかな?ジンかな?
強そうな酒ビンを手にどかどかと入ってくるカオルちゃん。

やにわに口に含むと、
鋼牙の手を消毒せんとぶわーっと吹きかける。
う~~~ん、えらい力技だのぅ。
が、それはおめあての手ではなくゴンザさんの顔面直撃。
鋼牙がひょいっと手をよけてるところがなにげに面白い。

「ごごごごめんなさい!もう一回!」
カオルちゃん、よい子つよい子めげない子!
もう一回口に含もうとビンをあおるカオルちゃん。
そのビンを鋼牙にくいっと持ち上げられ、
思わず飲み込んでしまう。

「3匹の番犬のところに行ってくる」
ストレートの酒を飲んでしまって咳き込むかおるちゃんを置いて、
鋼牙は出かけてしまいます。

この!このときの!
コートを肩にかける鋼牙の仕草が素敵すぎる罠・・・っ!
あああ、くらり。

ところ変わって場末のバー。
琴美さんがガンガン酒をあおり・・・洗面所でゲロゲロ。

あ、ちなみにRO-MIは一滴も酒が飲めない体質です。
いいの、しらふが酔ってるから

苦しげな琴美にホラーの声が!
倒れこんだ琴美さんが再び鏡を覗き込むと、
そこには若く美しい女=コトミの姿があった。

どこで調達してきたんだか、
ハイヒールの音を高々と鳴らしながら、ボディコン(死後)のコトミ登場。

ほんとおおおに
うらやますぃスタイルですなああああ。
店内の視線釘付け。

ある男をターゲットしたコトミさん、お外に誘い出し
びゅてぃほーなおみ足の、誘惑光線くらっ(←誰も知らん)。


「どこに誘ってると思う?
・・・地獄に誘ってるの」

と、哀れな男はコトミさんの餌食に。


朝の日差しの中、
急性アルコール中毒状態のカオルちゃん、
チンピラに絡まれます。
車に連れ込まれそうになり
あわやカオルちゃん、貞操の危機?!


そこへそこへ~~~~。

我らが銀牙騎士:零登場~~~!

なんて。
今日はここで一回切ってみたりして。
別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ちかれました・・・
2006-09-16 Sat 21:01
わたしの話ですが。
今日は、子ホラー1号2号の小学校の運動会でして。
ROMIは小学校4年生にも負ける背丈でありながら
微力ながらもPTA本部役員なんかしちゃったりなんかしてるので、
朝から仕事で走り回っておりました。

なにせ、近頃では珍しい
1000人を越える児童数。
てことは
保護者の数もはんぱない。

ところ構わずビデオやカメラを構えた保護者で溢れかえった校庭。
歩くのもままならぬそこをぬって動き回るのは
歴戦の魔戒騎士とて難しいこと間違いなし。

お天気もよすぎるほどよかったし
無事終わったのでいいんですがね。



と、まあ、わたしの話はスルーでいいのですが。

さて今日の一言は。
美佳ちゃんのアクションがすごすぎる件。
首はね起きができるなんてなんてなんて(無限エコー)。
すごっ。
技入れるときの「はっ」っていう気合の入れ方が何気にかわいい罠。
いいもん見ちゃいましたね~~~。

もひとつ。
星屑携帯サイトの小西くんの日記。
猫さんの写真の撮り方が、
えらく雰囲気があって素敵でしたね。
猫さんのポジションとなが~くのびた影、
そこに入る文章がものすごく印象的で、
一遍の詩みたいでした。
別窓 | 関連 つらつら | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
ファミ劇で!
2006-09-15 Fri 19:07
春ごろから、
なにかとファミ劇で、
ガロプロや番宣など、
牙狼<GARO>の映像や情報が流れることが多かったのですが。

また、「白夜の魔獣」がファミ劇オンリー放映となり、
なんか新しい情報ないかな~と
ファミ劇を張るのが習性になってしまったわたしですが。


今朝方!
なんと、
ガロプロラクーアイベントの映像が流れてるのを発見~。
思い出しますねー、
まだ2ヶ月もたってないのに、
えらく昔のことのような気さえしますね。

朝の5時55分からの
ミニ情報番組のなかでのことだったんですが。
家人の弁当作ってる脇で気がついたので、
画面の前にすっ飛んでいったときは少し流れちゃっていました。

ラクーアの映像のあと、
ちょっと12月のガロスペ「白夜の魔獣」の宣伝。
うわーうわー言いながら見てたので、
次はしかと見るようにします。

明日は子ホラーの運動会なれど、
朝しっかり画面の前で待機していたいと思います!


それと、もう一声。

ポストカード買うじょーー!
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
嬉しい情報がいっぱいですねー
2006-09-14 Thu 19:05
よそで十分語りつくされてるので
ここで改めて言うのもなんですが、
とりあえずわたしも一言申さねば!


ここ数日。
牙狼<GARO>界隈、
恐ろしいほどヒートアップ


気がつけば、G-九発売まであと10日ちょっと!
いや、ほんとに期待してるんですこれ。

イベントのほうですが。
監督、美佳ちゃん、玲くんの参加とのこと。
激しく!激しくココロ揺さぶられますが、
先着150名とのこと、ぜってー無理ー
行かれた皆様のレポを楽しみにすることにいたします。



そして息つく暇なく!
おおおおおお待ち申し上げておりました。
怒涛のガロプロ第二弾。

みなさまもう視聴は済まされましたか?
牙狼ワールドとちょっち違う世界が垣間見えます。

さて、みなさんのご興味は
果たして黄金騎士のリベンジはあるのか?
ということに尽きると思われますが!



まあ、恐らくあるのでしょうね。
あのPのことですから

とりあえず
予約は新星堂ですることにしようと誓った今日この頃。



そうそう蒼太(しつこい)。
公式ブログによると、
ガロスペに、更に新キャラ登場とのことでわないですか!


・・・そいえば、今までPの登場がないが・・・。
ガロプロがEDまで歌うというのに、
パパンも出るのに(回想だろうが)、
Pの登場がまったくないというのは、ちと考えづらい。
なので、もしやもしやカルネさま絡みのキャラか。


ハタマタ、
今回は魔戒法師が大きなファクターとなりそうなので、
邪美のふたごの姉妹とか(うわっ、自分で言っててありそう)。


こっちも激しく!はーげーしーくー楽しみですーー!
う~ん、盛り上がるなー。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
勝手に脳内補完 ~カオルはどうしてあの絵を描いたのか~
2006-09-12 Tue 21:03
1話から。
ずっとずっと考えていたのですが。

鋼牙とカオルのはじめの接点になった、あの絵。
カオルはどうしてあの絵を描いたのか。



タイトルは、Sleeping elderly womanという。
ガロプロCDの発売の際、判明したタイトルですよね。
直訳すれば、眠る年配の女性となるのだと思うのですが・・・。
なぜこの絵でそのタイトルがつくんだろう・・・。
そこから不思議なんだけど。

描かれてる女性は年配でもなさそうだし、
ましてや寝てもいない。
もしかしたら、
この絵は寝ている年配の女性の夢ということなのだろうか。
わたしも思いもよらない部分で、もっともっと深い考察があるのか。

・・・タイトル間違いってことはないよね・・よね?


気を取り直して。


「この絵、
どことなく俺の育った街に似てるんだ」

鋼牙は、カオルにそう言います。

「俺の育った街」

19話「黒炎」でゴンザが
「鋼牙さまは幼い頃この別邸で過ごされました」と言っているように、
それは、冴島家の別邸のある地の近くだと考えられます。

またその傍には、紅蓮の森があり、
大河が命を落とした場所があり
鋼牙が修行した土地もあると思われます。


カオルは、絶対そこには行ったことがないはずですよね。
21話「魔弾」で、あそこに連れて行かれた彼女が驚いていることからも、
そこが初めて訪れた場所であることがわかります。

なぜ、知らなかった土地とそっくりな絵を
カオルが描くことが出来たのか。

各種書籍にもそのことは載ってないと思うのですが。
ないよね?ないよね??
・・・あったら笑ってやってくださいね。



カオルに、その土地に関する実際の記憶がないのなら。
誰かから聞いた、なにかで見た、ことを
あの絵のモチーフとして取り上げたのかなと。

誰か・・・といえば、
それは御月由児氏以外にはありえないのではないでしょうか。

由児氏は、先代の黄金騎士との接点がありますね。
どんな関わりだったかは作中では詳しくは語られてはいませんでしたが、
「描けばいいんだ。それが誰かの力になる」と、
大河から伝えられた言葉を娘に託していることからも、
深い部分でつながってる関係であるような気がします。

なので、(・・・まあ無理やりは否めないところですが)、
由児がなんらかの理由であの土地を知っていてもいいかと。

カオルは、由児からあの土地のことを聞かされていて、
自分なりに構築していたそこのビジョンが実際とばっちりあっていたか。

もしくは、由児がまさにその場所の絵を描いていて、
それをカオルも見ていたか。

なんらかの経路で、
由児がカオルの記憶の中に、
あの土地のイメージを刻み込んだのは
間違ってはいないんじゃないかと思うわけです。



ここで面白いエピソードを紹介すると。
宇宙海賊キャプテンハーロック「わが青春のアルカディア」という
松本零二氏の映画がありまして。
(・・・重ね重ね歳ばれるのぅ)
この中で、
主人公ハーロックと盟友トチローが記憶トレースという装置にかけられるのですが、
二人の記憶をさかのぼると、
【DNAに刻まれている先祖の記憶が
   ダブっている部分があるという】
二人は自分たちが生まれるずっとずっと昔に、
深い深い関わりを結んでいたことが判明するんですねー。

あ、この「わが青春のアルカディア」!
ハーロックの隻眼の理由や、
女海賊エメラルダス頬のキズの理由などが描かれていて大変面白い映画なので、
随分前の作品ではありますが、ぜひ機会があればどぞ!


すみません、ちょっと外れすぎちゃいましたが。
なにが言いたいのかというと。
人の記憶は、
遺伝情報と一緒に親から子へ伝えられることもありかも、
ということです。
そういう経路で、由児からカオルへ
あの土地の記憶が伝えられているということもあっても面白いのじゃないかな~と。

まあ、
牙狼<GARO>はある意味ファンタジーですから!
なんでもありなのさー。





どんな理由にせよ。
カオルはあの絵を描いたことは
彼女の運命だったわけです。


図らずもホラーの返り血を浴びてしまったカオル。
本来ならば、即刻彼女を斬らねばならなかったはずの鋼牙は、
掟には従わず彼女を生かし続けます。

それはもちろん、彼の持つ優しさや
魔戒騎士としての誇りから出たことではあると考えられますが、
あの絵を描いた彼女に、なんらかの運命を感じたから。
という部分もあると思いたいです。

あの絵が、新たな黄金騎士伝説の始まりだったのです。




・・・結局考察になってるようでなってないかも・・・。
あいかわらず自分勝手な考えをひけらかして申し訳ない~。
長文にお付き合いくださり感謝感謝。
別窓 | 勝手に脳内補完シリーズ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ややオチ気味でする
2006-09-11 Mon 21:10
ごめんなさい、ちょっと別件で忙しくしておりまして。

なので、小ネタをひとつ。

先日子ホラー1号2号を車にのせながら
「僕が愛をつたえてゆく」をかけているとき。

アホなわたしはどうしても
「必ず戻る。信じて待ってろ」といわれて、


ハンドル握りながら
「うん、待ってる」と言っちゃうんですなー、これが。

で、1号がすかさず。

「来ねえよ。来るわけねえから」と一言。


そんなこと言われなくても百も承知だが。
やはり言ってみたいのがファン心理というものさ。

いいじゃない、夢みたって。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
碧眼の黄金騎士!
2006-09-09 Sat 21:35
いや~~~。
土曜日は来るとは思ってなかった星屑携帯サイトの小西くんの日記^^。
舞台研究に余念のない日々なんですね~。

そしてそして、
多くの皆様がそうだったと思いますが!

青い瞳に
くらっ。ぱたり。

魂奪われちゃいましたー。


吉野公佳さん演じたガルムのカラコンなんですね。
ガルムは、もちろんキャラがそうだったんだけど
冷たいイメージしかなかったのですが。

同じ瞳の色でも、笑顔だと随分やわらかい雰囲気になるんですね~。
いやまあなんというか、
小西くんの明るいオーラゆえのことだとは思いますが。




そうそう蒼太(←誰も分からんネタ)。
らくださんに教えていただき、
G-九の予告編を見てまいりました。

止まってる絵のはずなのに、
えらく疾走感があるな~というのが第一印象。
みせますね~雨宮監督。

アガルタ、女版鋼牙というよりは、イリアのほうが印象近いかも。
三五十ってねずみさんなのなのなの?
で、きっと人間体もあっちゃったりなんかするのかしら、やっぱり。

美佳ちゃんの低めの声や、
藤田くんのスタイリッシュな歌、
小西くんのザルバみたいなしゃべり方なんかも
大変、たーいへん興味深いです。
牙狼<GARO>組というのを越えて、
独自の世界を繰り広げていってくれることでしょう。



こちらといい、
昨日の田口剣十番勝負といい、
いいもの見ちゃって幸せ続きですね~^^。
これでパワーもらって、厳しい残暑乗り切りましょうぞー!
別窓 | 関連 つらつら | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
待ってました~~!!
2006-09-08 Fri 21:20
「白夜の魔獣」公式ブログにて展開されている
田口剣十番勝負!
毎回楽しみにしております。

十番勝負は今回で最終回とのことですが、
満を持して、
いよいよ、
とうとう、
やっと
我らが黄金騎士:冴島鋼牙氏がご登場です~~。
十番手は小西くんだろうとは信じてましたがねっ。

たぐっちゃん(命名:あおいさん(笑)が相手とはいえ、
黄金騎士たるものはいかなるときでも真っ向勝負ですね。
きりっと引き締まった表情が、
たーまーらーんー。

添えられてるコメント「ご無沙汰だな~」「お前の考え~」のセリフも
好きな2つだったので、なにげに嬉しい。

新着鋼牙成分に飢えてるので、
ぜひぜひ今後とも、
たくさんのお写真のアップをひらにひらにお願いいたします!


それとそれと。
ここでは申し上げなかったので、今頃!
今頃で申し訳ないのですが一言!
藤田君、お誕生日おめでとうござりました。
人間として役者として、実り多い年でありますようにー。
そうなるのは疑いようもありませんが、
素敵な素敵な男性になってくださいね!

しっかし、世の中にはほんとに美しい男の子があるのですな。
(丁度いま7話銀牙を見てたりするのだ)



ここのところ、ちよこっとオフが忙しくしております。
本職のカントリー雑貨制作もあるのですが
子ホラーのPTA役員をしてたりするので、
そちらで時間とられちゃってます。
せわしない日々の憩いのときは、
家事を片付け終わった夜の
DVDをかけながらのキルトタイム。

q-g-.jpg


鋼牙くん人形も見守ってくれています(笑)。

書きたいネタもいっぱいあるのですが、
それはまた、おいおいじっくり書いてまいりたいと思ってます~。



暑かったり涼しかったり、ムシムシしたり。
毎日の気温差が激しいですね。
季節代わりのこの時期、
どうか皆様、体調管理にはご注意くださいね。
別窓 | 白夜の魔獣 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ピエールの声が犯罪級にかこいい件
2006-09-05 Tue 20:33
シュガシュガルーン、
今CSの放送で追いかけていまーす。
にわか嵌りなので、
それほど造詣深くないので、好きとは言っても
まだまだお恥ずかしい限りですが。


シュガルンの掲載紙は「なかよし」。
その昔はそれこそ
キャンディキャンディやメイミーエンジェルが連載されてた頃
読んでた雑誌であり。
(重ね重ね歳ばれるのぅ・・・)

中学生になり、なかよしは卒業してしまいましたが。

ちなみに、そのあとRO-MIは
少女コミック→花とゆめ→LaLaへと転がり落ちたのち、
今にいたる・・・。

まあそれはどうでもいいのですが。
よもや、今になりもう一回なかよしを手にする日が来ようとは。
随分と変りましたね~。
知ってる漫画家さんはまったくと言っていいほどいませんです。

さすがに購入まではいかず、
姪っ子や近所の小学生の女の子にお願いして読ませてもらう日々。

あっ、
あの、シュガルンアニメ最終回記念のカラーページだけは、
姪っ子に頼み込み、そこだけ切り取らせてもらってたのさ。
うひひ、家宝として大事にとっておきます。


で、アニメのシュガルンですが。
小西くん演じるピエールの声が・・・・・
たまらなくいいですね~~~~!

こっ、・・・この歳になって、
キンキラキラリンの少女漫画で萌えがくるとは・・・。
「塚本さん・・・」のスクランの烏丸くんもほんとーーーにいい味してるけど、
鋼牙っぽいピエールの声には、
思わずのたうちまわってしまいます。

なんつっても、魔法の呪文を唱えるときの、
ちょっと低めのドスの効いた声がいいです(断言)。

鋼牙は戦うときは、
気合とか息遣いだけで必殺技とかは叫ばない分、
ピエールの黒魔法放つときの呪文はかこいいですねー。
不勉強なので、呪文の内容まではまだ分からないにょ。
これからオベンキョするです。

シュガルンの作品自体も調べてみると、
なにやら好みのタイプのようで。
ショコラとピエールは本当に○○なの~~?!

今度時間があるときに、漫画喫茶でも行って
既刊全巻読破してこようかと~~。
別窓 | 関連 つらつら | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
重箱の隅をつつくように小さな萌えを語ろう 5
2006-09-04 Mon 19:10
やっとDVD2巻ですー。
道のりは遠いぞ~。頑張れ、わたし!


~5話 月光~

繁華街の夜を一人歩く鋼牙。
鋼牙に人混みは似合わないような。
あのコスチュームにあの長身だと、目立つよなああああ。

わたしなら、すれ違いざまは目をそらすけど、
通り過ぎてから振り返って
「いやあああ、えらく美形なコスプレイヤーだなあああ!」って感動することでしょう。

ここで興味深いのが、
まことしやかに流れる
「夜中、金色の狼が腕をくわえて走ってる」という都市伝説。
これは面白い。

眠ることをしらないこの世界。
闇にしのぶ魔戒騎士も、
どうしても人目に触れてしまうこともあるかもしれない。
それをなにかで垣間見た人が、こんな都市伝説を作ったのだろうか。
こんな噂があっては、魔戒騎士も動きづらいだろうか。
もしくは、見られても「都市伝説」として片付けられて
かえって都合がいいだろうか。

ちなみに、こういった類の話をするときは
「知り合いの知り合いが聞いたらしいんだけど、
ほんとのことなんだってば」
というのがセオリー(笑)。
その「知り合いの知り合い」がほんとに存在するかは
往々にして不明だったりする。


祝:カオルちゃん、冴島邸へ~~♪
ふっふっふ~~
お年頃の男女が一つ屋根の下。
お風呂でばったりとか?
お着替え中にどっきりとか?
干してある下着にびっくりとかとか?

なにかが!
なにかが待ってるに違いない!



あ、ちなみに
あさみちゃんはちゃんと復活できたのでしょうね。

冴島邸に話を戻すと。
いきなり妙ちくりんなポーズをとらされてるゴンザの不憫なこと(涙)。
こんなポーズを描いて、なんの勉強になるんだ一体。
ゴンザさん、明日はきっと筋肉痛だろう。

「おかえりなさいませ」
深々とお辞儀をして主人をお迎えのカオルちゃん。
後に出てくるメイド服でなかったのが悔やまれる。
「どうしてここにいる?!」という鋼牙に
「あなたが言ったんでしょ、俺のそばにいろって」としれっと言うカオル。

変な理屈で丸め込まれてしまった鋼牙だったけど、
内心まんざらでもなかったんじゃないだろうか。

「それ相応のことはしてもらう」との鋼牙の言葉に、
カオルちゃんがした「それ相応」のこととは、
殺傷値無限大な手料理。
ビーフストロガノフと思しきものに、
スプレーチョコやトマトが浮いてる・・・。

ちなみにPS2牙狼<GARO>のなかで
カオルの料理は「料理というよりもアート」と評されているのが笑える。

一口食べるやいなや逃げ出すゴンザ。
鋼牙もスプーンを放り出し、
「母親の顔が見たい」

その人がどんな家庭環境や人生背負ってるかも知らないのに、
人として、それは言っちゃあいけないよーー。

このあとのモノローグ。
「家族の団欒なんてかけらも記憶にない」
カオルちゃんが、実は複雑な背景を背負ってることが知らされます。
このあたりから妄想したわたしのカオル像は
「勝手に脳内補完シリーズ~カオル編~」でよろしければどぞ。


そして場面は変り、
この話のもう一方の主人公たちである3人。

涼平氏演じるところの北岡弁護士こと薬剤師:森野は、
恋人殺しという無実の罪を着せられて逃亡中。
丁度通りかかった女子高生:みやびを人質に廃墟に篭城する。
そこに駆けつける高校時代の友人だという刑事:羽根沢。

ちなみに牙狼<GARO>は、
派手なおねえちゃんもよく出てくるが
なにげに女子高生も出てくる。
どなたのご趣味かしらん。


鍛錬中の鋼牙のもとに
「お仕事です」とゴンザが指令書を届ける。
剣を鞘に収め、指令書を受け取る鋼牙。
汗が頬を伝わってるのがたまりません。

みなさん、ここでご注目です。
ゴンザさんてば鋼牙から手渡されて
思いっきり普通になにげなく
魔戒剣を持っていますが・・・

こりはソウルメタルではないのですかの罠。
まあいいんですけど。


さて、
森野と羽根沢が討論中。

この前になんとなく気になるのが、
「女の人をめぐっての痴話げんかにわたしを巻き込まないで!」のみやびのセリフ。
うーん、男同士もで痴話げんかっつうのかね。

また、「あんたたちほんとに亡くなった女の人を考えてるとは思えない!」と、
えらく悟ってる女子高生ギャル:みやび。

その最中、誰かの気配を感じて戦慄する3人!
手が見え、服の裾が見え、徐々に姿を現すなにか。
そこに現れるルナーケン蛹体!

こええ。大変こええです。
目の周りのひび割れが怖すぎ。
眼球に光がないのが怖すぎ。
個人的には呪怨とかより怖い。
もっと登場の仕方を工夫してあげれば、
さらに怖さアップだったことだろう。

ちなみに、このルナーケンを演じた北川絵美さんのブログをさかのぼってみたところ、
撮影風景が之アップされてたでーす。

ルナーケンに翻弄される男どもを尻目に、
ゴミ箱でルナーケンをぶちのめすみやび。
こっちも別の意味でこええ。
一瞬沈黙するルナーケンだったが、
羽化のときを迎えて一気に成長!
羽虫がたくさんたーくさん飛び交う様が気持ち悪いよー。

そして、色きちルナーケンの出現。
う~ん、蛹体のほうが断然よかったと思われ。


蝶になった今回の陰我の持ち主に導かれて現場に到着する鋼牙は、
3人の額にお札を貼って、気を失わす。
いやあ、気を失ってるからって、
その場にいたら返り血浴びちゃうんじゃないの?

それはまあ置いておいて。
ルナーケンとのバトルに突入。
周りをくるくるまわる「月」が鋼牙を振り回す!
なんか、小西くんのアクションがまた冴えてきてますね~!
月を魔戒剣で受け止めるあたりも、とってもよいと思われます!


そしてそして、わたしのシリーズきってのイチ押しの変身シーン。
ありそうでなかった、アオリのアングルでの鎧の召還!
かあっこいいー。

「月だ!月がヤツの本体だ!」とのザルバの助言をうけて、
牙狼剣が月をつく。

ルナーケン
「お前に苦しみは分からない・・・」って言ってる?
ここ、なんて言ってるかよく聞き取れないんだよね。
「どうしても女心ってやつが分からない男でな」

うーん、女心ってか・・・いきなりだな。

「きわめて興味深いのが男と女の関係だ」

これを言うには、
ルナーケンに憑依された女性や
森野やその恋人なんかの書き込みが足りなさ過ぎ。
わたし的にはやや、消化不良気味である・・・。


鋼牙の無愛想さをゴンザに訴えるカオル。
そういうアンタも十分変だが、カオルちゃん。

ここでゴンザから、
鋼牙が幼くして両親をなくしている、
それからずっとゴンザと暮らし、
魔戒騎士として生きている、
などのバックグラウンドが語られます。

そして、本人からいまだ語られることがない真実があることも。

エピローグ。
ぼんやりとタクシーに乗ってる3人のもとに、
ラジオから流れるニュースで森野の無実が証明される。
それってそれって羽根沢さん、
誤認逮捕寸前だったってことでしょー。
実は大変なことなんじゃないにょ?

さて、
この5話「月光」は、牙狼<GARO>シリーズ中でも異色といわれるわけですが。
なぜ異色かといえば、
ストーリー展開において、鋼牙よりも森野たち3人のほうに重きがいった、
という点ではないでしょうか。
鋼牙やカオルは、
この作中ではえらく扱いが中途半端な感じがするのですが。
(かといって、脇の3人がじっくり書き込まれていたかといわれれば
決してそうはいえないのですが)

まあ、長いシリーズ中、
それはそれでそういう話もあってもいいかなーとも思います。


それよりも。
次回予告で、いよいよ零が意味ありげなライトをしょって登場!
ライバル出現で、ストーリーはいやがうえにもヒートアップ!
波乱が始まる予感を起こさせる5話でした。

別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
果たして冴島邸に「ガソリン高騰による影響」はあるか
2006-09-02 Sat 21:16
久しぶりにお届けいたしま~す。
市民の財布直撃で世間を騒がしているあの話題でございます・・・。


☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆

「鋼牙さま、鋼牙さま!」

「どうしたゴンザ!」

「なんと、
ガソリンが1ℓ150円になろうとしておるようでございますよ」

「なに?1ℓ150円?ハイオクでなくてレギュラーでか?」

「ええ、レギュラーででございます」

「・・・それはたいそうな値上がりだな。5、6年前の2倍近いぞ」

「なにしろ当屋敷の車は大きゅうございますので、
満タンにいたしますと70~80ℓ近く入ります・・・」

「一回の給油で一万円を越えるというのか」

「しかも、あの車はひどく燃費が悪いので
リッターで5キロほどしか走れないのでございまして」

「うちの車も、燃費のいい国産の軽自動車にでも替えるか」

「・・・代々続く冴島家ともあろう家系で軽自動車は・・・
先代のご主人方に申し訳がたちませぬゆえ、
それはご容赦を」

「むぅ・・・、分かった。
ガソリンの値段が落ち着くまでは
しばらくは車での外出は控えるように気をつけるとするか」

「はい。
当家が財政難な訳ではありませんが、
だからと言って無駄遣いをしてもいいということにはなりませぬ。
注意いたします。
と言いましても、鋼牙さまはいつもご自分の足で移動してくださるので助かりますが」

「魔戒騎士たるもの当然だ」

「ご立派です。鋼牙さま(涙ぐむ)」

「はっ・・・もしや、このガソリン高騰はホラーの仕業か?」

「えっ・・鋼牙さま、どういうことで?」

「いいかゴンザ、こうだ。
 ガソリンが高い
   ↓
 車で出かける機会が減る
   ↓
 行楽や買い物へも出かけられない
   ↓
 ストレスで陰我が発生する
   ↓
 その陰我をゲートにホラーが出現する!

どうだ、完璧な推理だろう!」

「・・・鋼牙さま、
そのような、20年前の悪の組織がする作戦のような
めんどくさいだけの回りくどいことは、
ホラーはしないかと存じますが・・・」



☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆


ほんっと!
ガソリン高くて参りますね~~><!


うち、ワゴンなんで結構入っちゃうんですよね(涙)。
近場の買い物なんかは
できるだけ自転車で行くように気をつけようかと。



さて、
レ・ミゼラブルのキャストスケジュールが発表されたようで。


果たして冴島邸に「ガソリン高騰による影響」はあるかの続きを読む
別窓 | 果たして冴島邸に〇〇はあるかシリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
牙狼<GARO>界隈では
2006-09-01 Fri 22:09
各所でいろいろな情報が出ておりますね~。

スタッフキャストの撮影終了打ち上げがあったことや、
公式ブログのほうの小ネタなど。

また、星屑携帯サイトの小西くんの日記で、
撮影オールアップの際ホロリホロホロと泣いちゃったこと。
(みなさんおっしゃっていますが
この写真よいですよねー)


なにより。なーにーよーり!

DVD7巻のカオルちゃんだらけパッケージで、
そりゃもう大騒ぎさ~。


もうね。ほんとびっくりびっくりびっくり・・・(無限ループ)

それでも、
界隈大盛り上がりの模様で、
ファン的には実に楽しい限りですね~~!




さて、
「白」「魔物」「槍」のキーワードが気になって
「うしおととら」という漫画を読んでます。




牙狼<GARO>界隈ではの続きを読む
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 冴島家の人々 |