FC2ブログ
びっくり!
2006-07-31 Mon 15:22
某所(笑)ですごいの発見!
こちらー!
スポンサーサイト
別窓 | GARO Project | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
伝えられに行ってきました! やっと本戦編
2006-07-31 Mon 14:25
お待たせいたしました、
ガロプロライブイベント、やっと本戦!
長いよーよーよー




5人のみなさまが登場です!
鋼牙・零・カオル・大河パパ・龍崎先生(順不同・あしからず)!
場内騒然のるつぼ。

しかも、騎士のみなさまは、
ありがたいことにこの暑いなかコート着用ーー。
すーばーらーしぃーーーっ。
カオルちゃんは、先日ブログにアップされてたワンピース着用。

もうもう、ボキャブラリーのなさを嘆くけど。
これしか言えない!

かっこいー!

かわいー!

素敵ー!


あああ、なんという幸せ。

このあたり、なにをトークされたかは、
十分よそ様のブログに書かれていることと思いますが。

京本Pよりの
「CD買ってくれてありがとうー」みたいな感じで開会の言葉。

渡辺さんの「ファイトー!いっぱあああつ!」
会場、大盛り上がり。
みんないきなり振られても乗るな~^^。
このネタあるだろうな、とは思ってたけどね♪

美佳ちゃんの
「歌えるのを楽しみにしていました。
7月最高の思い出にしましょう(してください?)」
ええ、ええ、あなた方に会えたのは、
わたしの一生の思い出です。

藤田くんは、いきなり司会をふられたりしておたおた。
かわいいなー。
零くんスマイルだー。
このころはわたし大興奮でぼーっとしちゃっています。

で、
「冴島鋼牙役の小西大樹です」と、
鋼牙用に茶髪になってる小西くん。

うわーーーーーーっ

な・・・なんという幸せ。(フォント×10くらいで)


そして、早速というか、もうお歌に入るご様子。
Pがじきじきに、魔戒ギター:黄金騎士バージョンでお弾きになられました。

イントロが流れ、「流れ落ちる涙~」と滑り出しますと
会場うっとりで聞きほれております。
お客さんもみなさん、ぼそぼそと口ずさんでらっしゃいましたねー。

そこでハプニング。
鋼牙が歌詞を忘れていますーーっ。
しかも、2回もー。

まあ、緊張だよね、緊張。
それすらもほほえましい!
おばちゃん、なんでも許す!
歌い終わって奥に引き込んじゃうあなたが大好きです!

もう一回頭からかな~・・なんて思ったらそのままなんとか歌は続き、
最後のサビはほとんど会場と合唱みたいな感じでしたね。
もちろん、わたしも歌っていました。

生セリフ生コーラスもよかったですねー。
美佳ちゃんの「鋼牙・・」が鳥肌ものでございました。
小西くんの「必ず戻る、信じて待ってろ」も。

それは
「必ず【リベンジしに】戻る、信じて待ってろ」
ということですね。
ええ、ええ。
いつまでも待ちますとも。


雨宮監督の飛び入りも楽しかったですね!
会場内どよめきましたね!
いらっしゃるかな~とは思ってたんですが、
なにげに普通の叔父様でびっくり。

他の作品って、監督ってそれほどファンに大事にされないことが多いような気がするんですが、
すごいです、雨宮監督。
ファンに愛されてるな~。
やはり、牙狼<GARO>は監督ありきなんだなーと痛感したサプライズでした。



そのあと、
「あなたたちが楽しいものですから!」との京本Pの言葉を受けて、
サプライズな「ら~ら~ら~」のコーラスの収録。
う~~ん、ナニに使われるんでしょ~うひひ。
(なんとなく予測はつくけど)
いや~会場の一体感が気持ちよかったですね♪


そして、握手会へ。
うわーん、もっともっとトークが聞きたいよう。
と思ってる脇で、握手の列がどんどん出来上がっていきます。
わたしも少ししてから、列へ参戦。
スペース内、2重3重に列が出来上がっていましたね。
びっくり!
公式発表では、
2000人のお客様&握手会は600人とのことでした。

舞台上を眺めながら、
にじりにじりと足を前に進めていきます。
ザルバをしてらっしゃる方、シルヴァを下げてらっしゃる方、
カオルリングの方もいらっしゃいましたねー。
わたしも、こっそり烈火炎装ザルバを・・・
指につけられず、手持ちバッグからチェーンで下げました(笑)。

そして、これまたこっそり鋼牙くん人形も持っていったのですが、
流石にそれを抱いて握手するのが恥ずかしかったので、
自分の順がくるすぐ前に、
ひっそりバッグから上半身だけ出させておりました。


どどどどどうしましょう、もうすぐ自分の番ですよ、お母さん!

大汗で顔ぼろぼろ状態で舞台上にあがり・・・。

大河パパ!
こんな素敵なお父さんだったら、わたしは決して嫁にいかない!
なんてたくましくも頼もしい方でしょう!
焼けたお顔とごつい手が素敵♪
「華の嵐」大好きでしたー。

美佳ちゃん、カオルだーだーだー(涙)。
まぶしい、笑顔がまぶしいよ。小さい文字
「ご活躍楽しみにしてます」なんて声かけたような。
(舞い上がっててあまり覚えてない・・・)

京本Pには絶対言おうと思ってた
「素敵な企画、ありがとうございました!」と申し上げました!
カルネさまスマイルで「ありがとうっ」とお返事くださいました。
なんて、うーつーくーしーんだー。


そしてそして小西くんですーーー。

鋼牙が目の前にぃにぃにぃ(無限エコー)

もう、前に立つのが精一杯。
頭の中真っ白なれど、万感の思いをこめて
「どうぞこれからも頑張ってください!!!」と。

満面の笑みでまっすぐこちらを見て、
「ありがとうございます」とお返事くださり、がっちり握手。
射抜かれますわーその目力に・・・。
あああ、これで3年の命が延びました。


最後は藤田くんです~。
腰を折って、お客さんと同じ目線で接してくださってるんですなー。
なんて優しいんでしょう。
すごく雰囲気のやわらかい17歳

すごい人数でも、流れ作業的にならず、
きちんと一人ひとりと目を合わせてしっかり握手してくださる5人のお姿、
大変嬉しかったです。

もっと近くで見ていたい気持ちも当然ありますが
名残惜しいながらも壇上を後にしました・・・。

まだまだ続くよ、握手の列。
5人のみなさん、休憩を挟みながら頑張ってらっしゃいました。

会場脇で握手券つきCDを売っていたので、
その場で2枚目3枚目をお買い上げになる方もたくさんいらしたようですね。

わたしは、空いてた最後尾中央の椅子でその光景を観戦。
壇上を気にしながらも
いろんな人ウォッチングが楽しかったです~。

お母さんに連れられてきてるお子さん、
「こうがかっこいいね」って言ってるのが聞こえてきてほほえましい~。
わたしも子ホラー1号2号と盛り上がりたかったなー。

あと、自分と同じような年齢っぽい女性が一人でいらっしゃるお姿を見ると、
無性に話しかけたくなっちゃったりしましたね。
もしかしたら、どなたかだったかもしれませんね。
やっぱり声かけとけばよかったかな~。
いつかそんな集まりができたら素敵ですね。



さて、延々続くかと思われた握手会も終わりを迎えました。
「最後までいてくれてありがとう!」と京本Pのご挨拶。
年内限定でなくて、来年も活動していきたいようなことをおっしゃっていましたね。
ぜひそうしてください!

そしてみなさんが退場されます~~~。
あああ、お名残惜しいよーーーっ。
ぶんぶん手を振りました(涙)。
素敵なイベント、ありがとう~~。


スタッフさんが片付けを始めても、
まだ雰囲気に酔ってるのかなかなかそこを離れがたく。
なんとなくぼ~っとしながらしばらく席に座ったままでおりました。
いやー、サプライズないかな~とも思ってたんだけどねっ。

もう流石になにもないだろうと、
10分ほどしてやっと席を立ちました。
名残惜しいー。

来月スカイシアターには来るけどね。


さて。
戦隊のイベントには結構行ってる我が家ですが、
東映以外の作品イベントには久しぶり・・というか
ほとんどはじめて。
素敵で幸せなひと時でございました。
欲をいえば、メインキャスト6人もあつまることなんてあまりないんだから、
もっともっとみなさんのお話が聞きたかったな~。

まあそれは、次回の楽しみにしましょう!ということで。


ほんと、たのしかったです!
会場でご一緒していたであろうみなさま、
本当にお疲れさまでした。
またご一緒に楽しめることがあるといいですねー。



以下はわたしの戯言です。
伝えられに行ってきました! やっと本戦編の続きを読む
別窓 | GARO Project | コメント:3 | トラックバック:3 | top↑
伝えられに行ってきました! 本戦突入編
2006-07-31 Mon 10:52
自分のことばっか書いてて、
面白くもなくてごめんなさいーっ。


さてさて、行きなれた東京ドームアトラクションですが、
今回はドームもスカイシアターもスルー。
いよいよラクーアに乗り込みますよ!

わたしが憑いた・・・もとい、着いたのは12時半。
もちろん、椅子コーナーは満杯。
聞けば、一番乗りさんは朝の3時だったそうですね。

人はいっぱいいらっしゃいましたが、
まだ1時間半もあるから、ひとだかりってほどじゃなかったですね。
でも遠くで時間つぶすのもなんだし、
ここの辺で待ってよう~。

いつものイベントですと、折りたたみチェア持参なんですが、
今回はお泊まり荷物ですっかり忘れちゃった。
まあ、なんとか頑張って椅子のすぐ脇で立って待つことにしようと。

そしたらそしたら!
隣の椅子に座っていらした方が
「来る予定の友達が来れなくなっちゃったんで、ここどうぞ」と
席をお譲りくださいましたー!

神よーーー!
よもやここをのぞいてくださってるかたではないでしょうが、
ありがとうありがとうー!

後は、周囲ウォッチングや携帯サイトチェックなどしながら時間を過ごしておりますと。

1時半ほどに突然、「リハーサルしま~す」と
小西くんがあがあがあ!!

おばちゃん、狂喜乱舞です。
あのCDと同じ声で歌ってらっさります・・・。ナマで・・。
ちょろっと歌われてすぐ引っ込んじゃいましたが・・。
ビバ、サプライズ!

ああ、眼福とはまさにこのことです。
世の中にはほんとにかっこいい人がいらっさるのですね。
神様、生きててよかったです。
これで2年の命が延びました。

音楽もかかりはじめ、一気に盛り上がるラクーア周辺。
わやわやと結構人も集まってきましたね!
ウォッチングも楽しくなってきましたよ~。

面白かったのが、
わたしのお隣に座っていらしたご家族連れ。
どうやら、特撮好きな旦那さまに引っ張ってこられた模様。
奥様は鋼牙と零の違いが分からないようで、
旦那さまがお子様と席を外してる間にさっきのサプライズがあったので、
戻ってきた旦那さまに
「鋼牙が零がどっちかが出てきてたよ」とお伝えになってらして。
よもやここをのぞいてくださってるかたではないでしょうが、
言いたかった・・・「さっきのアレは鋼牙です!」と。


そしてそして!いよいよ、
IT’S SHOW TIME!!

2時ちょっと前に、係りの方よりの諸注意がお話された後、
「本邦初公開となります!」と、
GARO ProjectのPVがあがあがあ。

収録風景と作中の映像をミックスしたPVでしたね。
各所に入るセリフのところどころを、
実際の部分とシンクロさせてるところがニクい。

最終回の鋼牙の腕をカオルが掴むシーンなんかも入ってて、
もうもう、涙でそうでした。
わたし的に、すでに大興奮。

そしてそしてそして!
いよいよメンバーのみなさんの登場ですー!



と、
もう一回こんなところで切ってみたりして。
別窓 | GARO Project | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
伝えられに行ってきました! 前哨戦
2006-07-31 Mon 10:01
ブラボウ、ラクーア!ありがとう、ラクーア!
まだまだ興奮冷めやらないです^^!

自分的レポでございますゆえ、
いたらない点はご容赦くださいね。


まだまだ前哨戦ですので、
どぞスルーで結構です^^;。


前日、お友達とのお泊まり会があったわたし。
ライブ当日だとレジ混んでて握手券ゲットできないといけないと思ったので、
(実際はそんなこと全然なかったでしたが)
お友達との東京駅での集合時間まえにCDを取りに行こうと
10時に水道橋にいったのですが、
新星堂の開店が11時だったー。

・・・待つ、待つよ、ママ。
確認しないで行った自分が悪かったのさ。

前にもちょろっと書きましたが、
土曜日は探偵ブギのイベント、
そっちで集まってたお客さんもたくさんいらっしゃいましたね。
明日はどれほど混むんだろ~と思いつつ、
脇のケンタッキーでお茶しながら、
そんなお客さんウォッチングしてました。

11時にやっとショップが開店。
いざ!新星堂に乗り込みましたが、なじぇかレジは人でいっぱい!
来るお客さん来るお客さんみんな「探偵ブギ」の握手券めあての模様。
なかなか自分のレジの順になりませんでした(汗)。

しばらく並んでやっとCD&握手券ゲットして、
お友達との集合場所の東京駅へ。

みなさん地方にいらっしゃるたまにしか会えないお友達なので、
ゆっくり過ごしてきまして♪
土曜日の夜は3時ちかくまでおしゃべり。
翌日・・・じゃない、当日のこともあるので、
早めに切りあがりました。
(早めなのかーーーそれでーーー)


日曜日のあさーーー!
どんなに疲れていても睡眠時間短くても、
日曜の朝は特撮ファンの習性で早起きさん。

晴れよ、晴れなのよーー!
ピーカンにてかっています!

朝ごはんを終えてお昼までお話をしたあと、
わたしだけ一足先に失礼させていただきました。
(ごめんね、みんな!)

一路、水道橋へ!






ここで切るのかーーー!
別窓 | GARO Project | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
とりあえず一言 ②!!
2006-07-30 Sun 18:53
帰ってきました~!
会場でごいっしょになっていたはずのみなさま、
ほんとにお疲れ様でしたー。



とりあえず叫ぼう!

感動したっ!

かっこいかった!
かわいかった!
頼もしかった!

行ってよかった!
ファンになってよかった!


昨日3時間ちょっとしか寝てないので、
今日はダウンしる!
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
朝から興奮気味です
2006-07-29 Sat 07:19
今日からPCチェックができなくなるので、
朝のうちにお気に入りサイトさんを巡回してたら。

夕べ更新されてた肘井美佳ちゃんのブログ、
読んでて涙出ましたー。
「目の前に鋼牙がいる」・・・って、
うわー。

やっぱり、
カオルは美佳さんにしかできなかったんだよねと痛感。
出演者に愛された作品って、ほんとに素敵。
明日がほんとにほんとーに楽しみです。


さて、
RO-MIは今日から夏休みしてきます♪
明日は会場のそこここで大盛り上がりしてまいりましょうね!
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
とりあえず一言!
2006-07-28 Fri 13:21
この、ガロプロ&ラクーア直前で盛り上がってるところに!

この4巻の特典映像はーーーっ!

どこまでファンを盛り上がらすんでしょう~!




夕方追記しよう、とりあえず雄たけび一声!



追記分:

いやー、4巻の特典映像、
実に堪能堪能~~!
ちくしょーかわいいぞ!

そしたら、星屑携帯サイトの日記でまた堪能!
ちくしょーやられちゃったぜ!

どうしましょうね、
こんなにおなかいっぱいでいいんでしょうか・・・。


さて!
いよいよあさってですね~ラクーアイベント!
わたしは明日の夜は銀座でお友達とお泊まり。
日曜日の午前中は用事があるので、
昼過ぎからの参戦です。
お客さんいっぱいだろうな~・・・。



ええ、ええ。
主婦のロンリーウルフ参戦ですがなにか


よそ様のコメントを拝見すると、
どうにも一人で参加の主婦の方も結構多いような気がするんですよね。

やはり、牙狼<GARO>が主婦層に人気ってのは事実なのね~。
大変理解できますが。


烈火炎装ザルバをして、背がちっこくて丸くて、
背伸びしながら一人でウルウルしてるおばちゃんがいたら、
RO-MIだと思ってください(笑)。

もし叶うなら、
こんなイベントなかなかないんですから、
参加なさる方と機会を作ってお話でもしたかったような気もしますね~。
いつか、ぜひ企画したいものですね~。


おお、そういえば。
わたし明日の朝イチで、ラクーアの新星堂にCD取りにいく予定なのですが。
明日は、林剛史くん、椿隆之くん、吉田友一くんの、
【探偵ブギ】チームがラクーアでイベントだそうですね!

この3氏といえば、
デカレンジャー&仮面ライダーブレイドの「04組」!
こちらも人気者だから、
明日も朝からファンでごったがえしてるんだろうなー。
ホージーとテツと剣崎くん、
ちょっと見たかったかも~。

スカイシアターの戦隊ショーのほうも普通にあるから、
明日あさっては後楽園超絶的に混みそうですな・・・。

嬉しいけどーーーっ!
別窓 | 書籍・雑誌・DVD | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
じっくり聴いてみると
2006-07-27 Thu 19:16
いやー。
昨日は興奮気味で拝聴していたので。
聞き漏らしたセリフがたくさんあったようでした。

うわー、また鳥肌!


ほーんとにいい声ですよね。
これは腰にくるですよ。
また浸って聴いてきます~~。
掃除しながら、ご飯作りながら、洗濯物たたみながら、
毛穴から染み込ませるように。



あ、
家人には、既にゲット済みなのは内緒なのです。
わたしは、握手券のためにラクーアで買うと思ってるようなので。
2枚買うことは秘密なの。
いまのとこ、
子ホラーにはもちろん口止めをして、
CDもポスターも隠しております~~!
中学生かい、あたしゃー。



そうそう!
小西くんの声といえば。
CSのスクランが最終回でして。
やっと噂の烏丸くんの声を聴くことができました!
鋼牙とのギャップ萌え。
うわー、こっちもいいー。
別窓 | GARO Project | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
伝えられちゃいました・・・
2006-07-26 Wed 18:25
朝、所用をすませて、注文してあったショップに寄りまして。
ゲットしてまいりました。

「牙狼<GARO>~僕が愛を伝えてゆく~」


恐れ多くもきんきらりんに光り輝くパッケージ。
見慣れた5人の皆様の写るジャケットも見目麗しく。


・・・もったいなくて、開けられない・・っ。



開けるよ開けるよ、と意気込んで。
パカっとはずしたトレイのなかに、K氏のお姿が!
うーん、ぱたり(卒倒中)。

これは何座の聖衣(ゴールドクロス)・・あ、いや、ごほごほ。

もとい!
予想通りとはいえ、ステキすぎですー。
眼福ものです。
これで寿命5年は延びました


さて、
静かに聴きたかったので、
子ホラーたちを外へ追い出したあと(@鬼母)、
ワクテカで早速CDをデッキにかけます。

実は、お恥ずかしいですが、
わたし、京本バージョンでも、
フルコーラスで聞いたことがなかったのでございます。
ごめんなさいごめんなさい。

なので、曲としてきちんと聴いたのは今回が初めて。


伝えられちゃいました(大滝涙)!


K氏・・いやもう、今日は小西くんと呼ぼう!

歌うまっ!

かすれ気味な色気のある声で、しっとり歌い上げてくれて、
感動でした。

音楽はずっとやってこられたというだけあって、
ほんとに上手。
下手なアイドル歌手なんか目じゃないです。

これはね、聴かなきゃ人生の大損です。

しかも、詩がね~、いい。
ひたすらいい。
牙狼<GARO>の世界ときっちりリンクしてるんですねー。
曲としての完成度の高さったら。
ほんとにぶわっと涙出てきてしまいました。
すごいよ、これ作詞作曲なさった京本P。
いやー、泣きましたー。



「僕はまだ~」のほうもよかったですね~。
藤田くん、17歳の声じゃないよー。

詩のほうも、うわー、零そのものでびっくり!
また、一歩進んで零を見ることが出来そうです。

「恋をしてはいけない」っていう部分は
鋼牙にもあてはまりそうだし。

作品世界の魅力を
をもっともっと掘り下げてくれくれそうです。


そしてそして。
噂では聞いていたけど。
各所にちりばめられている名ゼリフ。

萌え、極限に達す
鳥肌モノで、のた打ち回りましたよ。
もったいなくてかけるのを躊躇してしまうほど・・・。
明日になって落ち着いたら、
エンドレスでかけることにしよう、
そうしよう。

う~~~ん、幸せだ~~~。


京本Pはじめ、メンバーの皆様には、
こんな素晴らしい世界を作ってくださり、
ほんとにほんとに感謝ですね!

30日のイベント、生で聴けるのね~~><!
本当に楽しみです。


まだまだ止まるところをしらない牙狼<GARO>ワールド。
どこまで広がっていくのか、
ファンとしての楽しみがつきませんね。
はー、幸せ。
別窓 | GARO Project | コメント:1 | トラックバック:1 | top↑
明日はCD発売さ~~!
2006-07-25 Tue 19:42
明日のCD発売前に、、、
各所で若干ネタバレが展開されておるようですが。

〇〇に関しては・・・・予想通りのようです。

明日の朝イチで取りに行って。
自分で確認するんだーい。
わくわくさ~。


さて、我が家、こないだの日曜日に千葉県M戸市の
バンダイミュージアムに行ってきたのですが。
(実はわたしはその隣のK市に居住しておったりします)


GAROの鎧展示されてないよね~・・・
なんて思いながら行ったのですが。
・・・もちろんなかったです。
あったら、もっと話題になってますよね(哀)。


リアルスケールのザクやガンダムのいるガンダムミュージアム。
ライダー・戦隊などのキャラクターゾーン。
歴代のロボットや変身ベルト、グッズなんかがたーくさん展示してあって、
とっても堪能しちゃってきました~。

最後に現在販売中のおもちゃフロアに。
カブトやボウケンジャーのグッズに夢中になる
我が家の子ホラー1号2号。


その横で!
小さいながらも、棚ひとつまるまる使った
牙狼<GARO>コーナー発見~~。
烈火炎装GAROと、轟天&大河ガロのセットが
た~くさん置いてありましたよ。

その脇には、
「ガロ商品お買い上げのお客様には、
ガロペーパーバッグ差し上げます」の一言がっ!
・・・なにも買わなかったけどね。

あと、ガロプロのチラシもあったのー。
初めて見たので、いっぱい持ってきちゃった^^。

いやいや、なにげに面白かったです>バンダイミュージアム。
8月いっぱいで現住所を去り、
更に充実度を増して栃木に移転だそうですよ。
そっちも楽しみかも。



さてさて!
今日は、絶賛立ち読み月間第2弾:週間女性の立ち読み。
明日は待ちに待ったガロプロCD発売。
28日はDVD4巻。
そしてそして、30日はわくわくどきどきのラクーア!
いや~イベント盛りだくさんで、ほんと嬉しい悲鳴ですね~ぃ♪
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
まだまだ語れるヒロビ23号
2006-07-24 Mon 16:35
いやー。
ほんとに盛りだくさんな英雄映像23号。
各所でお祭りとなっておりますな♪

巻末のプレゼントコーナーのK氏のコメント、
「たらみを食べてるところを撮られるのが一番恥ずかしい」と!!
ぐわー。ぐわー。ぐわー。
今日もたらみでお祭りじゃー。


さて。
K氏の悩殺マダムキラー光線ビビビなグラビアも
素敵でしたが。

明石チーフのラメラメシャツ!
大変素敵でしたが。

渋江譲二くん&伊藤陽佑くんの
癒し系ほんわかダブルインタビュー
ほんとに素敵でしたが。


それ以上に!
そのすぐ前にあった雨宮監督のインタビューも、
ものすごく興味深かったです。

「滅法強いイイ男が
ただ一人の人を守るお話を作りたかった」



ブラボーです!監督!

「顔、スタイル、強さと3拍子そろった、男がみて嫉妬しないやつ」
監督の理想の男性像が、鋼牙だったわけですね。

王道の中の王道なれど、
確かになかなかいなかったですよね、
そういうヒーローは。

ニーズ(需要)とシーズ(供給)が一致した作品だったということが、
ここまで反響を呼んだ一因というところでしょうか。

キャストが選ばれた経緯や、
ラストの雪景色等の場面場面の裏話なども
楽しく拝読いたしました。。
偶然という名の運命で、
牙狼<GARO>が作られてきたのが
よっくわかる、いいお話でしたねー。

スペシャル、むちゃむちゃ楽しみです。



雨宮監督は、
「未来忍者」もリリース直後に観ておりまして。
(う~む、重ね重ね歳ばれるの~ぅ・・・)
それ以降の「ゼイラム」や「仮面ライダーZO、J」、
「タオの月」「ハカイダー」も追いかけていました。
ミカヅキだけは未見なんだな~。(巷の評価がね~・・・)
まあ、CSでもやってるみたいだし、いつかそのうちに。

中でも、「ゼイラム」!
これは本当に見る価値ありですねー。
森山祐子さん演じるバウンティハンター:イリア(強い!ほんとに強いです!)と、
サポートコンピューターのボブのお話。
牙狼<GARO>の原点といわれる作品ですが、
ほんとに面白いですよー。


それにしても、
K氏に決まる前の鋼牙役って、誰だったんでしょうね・・・
わたしが知らないだけ?





さて。
以下は昨日のボウケンジャーの感想でっす。

まだまだ語れるヒロビ23号の続きを読む
別窓 | 書籍・雑誌・DVD | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ヒロビ23号
2006-07-22 Sat 15:18
これだけで。
あと3年は生きていけそうです。
別窓 | 書籍・雑誌・DVD | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
RO-MI的 イクイップ&プロップ 鋼牙
2006-07-21 Fri 13:31
えとえと。



実はわたくし、
リアルでは手作り雑貨作家をしておりまして。
オーダーで布小物や木工なんかを製作しちょります。
ひっそり本宅もリンクしておりますので
もしご興味あればどぞー。




・・・で。
最終回の盛り上がりで、思わず作ってしまったのが・・・。

先に謝っておこう!
ごめんなさい!!




こちら!
RO-MI的 
イクイップ&プロップ 冴島鋼牙!!


ko-ga2.jpg


カントリードール仕様で作ってみますたー!

だってだって、作りたかったんだもーーーーん(涙)。
一応、関節可動(笑)。


コマギレの時間をつなげて3日ほどで作ったんですが、
いや~~~幸せだったー。


幸せは幸せだったけど。
なんたって、衣装作るのが大変だった・・・。

インナーの黒の上下は、スレンダーが命の鋼牙ゆえ、
ダボダボにするとかっこ悪いから、
ぴっちり作らなきゃいけないし!

トレードマークのコート、これがもう大変!
型紙なんかあるわけないので(んなもんあるかー)、
「魔戒之書」と「冴」をみながら、
「こんなかな?」と適当に切った布をはぎ合わせていく作業。

ko-gamune.jpg



肩当や腰周りなんか何層にもなってるので、
パーツを作って縫い合わせていきます。

ko-gausiro1.jpg



端を彩る細かい意匠は、
まあ適当に省きながら(全部やったら死んでしまう)、
刺繍糸をひと針ひと針進めていきまして。

胸と背中にある金具と、白いわっか、ミサンガもそれっぽくしたつもり。
魔戒剣は、割り箸を削りだしたあと、
アクリル絵の具でペイント。

左手には、シルバーのビーズで一応ザルバっぽく(笑)

zaruba.jpg


髪の毛だけが!
思うようにまとまらないのだよ~~!
刺繍糸をまるごとくくって頭部にくっつけたあと、
美容院のごとくカットしていったんですが。

色はこれだ!と思ったんですがね~ぃ。
なかなか鋼牙のあの髪型が再現できず、ほんとに残念(泣)。
いつかリベンジをば!

でもまあ、とりあえず。
お客様のオーダー放り出して必死で作った会心の作ですー^^。
家宝として、末永く飾って参りたいと思います。

う~~ん。
完璧自己満足の世界。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
VIVA!京本P!
2006-07-21 Fri 00:53
CD発売まであと1週間ですなー!
ワクテカで
奮えてまっています。

で、で。
各所で話題になっております、
例のCDトレイの写真、
うーん、
わたしもそう思う。
というか、
それしかないでしょー・・・。
あの話の流れでいったら。


・・・。
・・・。
楽しみじゃーーーー!



それにしても、
京本Pの行動力には、まさに脱帽ですね。
ほんとに、好きで好きでこの活動してらっさるんだろうな~。


魔戒之書のなかで、雨宮監督が
「この手の作品に対してカロリーが高い」と
表現してらっしゃいましたが。
まさにその通り。言いえて妙!座布団10枚!


牙狼<GARO>企画時からの参加者ということのようですし、
キャスト側に一人でもこういう熱い人がいてくれると、
企画側も話が進めやすいかもでしょうね。


あのESPの対談のなかで、K氏やO氏に対して、
「これをステップにして大きくなって欲しい」と言ってるのが、
なんかすごい。

後輩たち、ここで終わるな!
「強くなれ!」っていうことでしょう。
大河パパン並みに、愛を注いでらっしゃる(涙)。


でもほんと、牙狼<GARO>は素晴らしい作品なので、
どんどん広めていって欲しいと思います。



わたしが覚えている限りでは、
京本氏がこの手の番組で
友情出演とクレジットされ始めたのは
「仮面ライダーBLACK」からだったと思うんだけどなー。

確かあのときは、犯人追ってきたICPOの刑事さんだった(笑)。
なんていう、「らしい」設定♪
で、ライダーと一緒に敵を追い詰めるんだったよな~。
リアルタイムでビデオ撮ったんでした。
懐かしい~。
どこからか、引っ張り出してこようかしらん。


もちろん、組み紐屋の竜さんも素敵でしたよー!
昔から、お美しいお姿は変ってらっしゃいませんね。


その後もウルトラマンほか、各所でお見かけしましたが。
純粋に特撮好きな俳優さんって、とっても嬉しい。
仕事だからこの手の番組も出る、
っていうスタンスでなくて
「好きだからやってるんだー」
ってのが伝わってきますよね!!

おもちゃの京本コレクションシリーズなんかも、
ほんとに好きで造詣深くないとできないですよね~~~。

どうぞこれからも、
特撮界を引っ張っていってくださいませ!

わたしは
京本Pの「特別・友情出演」、
特撮そのものに対する友情だと
信じて疑いません!
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
祭りは続く・・・
2006-07-19 Wed 19:50
いまだ、最終回の興奮冷めやらず。

思い出しちゃあ、うるうるしてる毎日でございます。
あうー、いい加減きちんと仕事せねばと思う反面。
この浸り具合が心地よかったりして。

ええい、自分的祭りはまだまだ続いているのだよ。
今日もたらみで祝杯だー。

tarami.jpg

別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
勢いで続けてしまおう!
2006-07-17 Mon 16:02
もうね。
なんか、なにも手につかないので
(ただ単に家事をサボってるだけとも)。
朝方はなんだか、えらく早く目が覚めてしまい。
家族が起きてくる前に「水槽」から少し流していたり。

あ、他の回は普通に流せても
「水槽」は、わたし的に流し見しちゃいけない回だと思ってるので、
大事に大事に見ています。
・・・見たら、また涙。
「生命」まで来て、また涙・・・。


なので、
開き直って
今日は牙狼<GARO>の余韻に浸ろうではないかと。
ごめん、お母さん
今日はなんもできない(きっぱり)!


わたし、変に盛り上がっておりますが。
リアルタイムで楽しまれた組のみなさま、
後発組の盛り上がり、笑って聞き流してやってくださいませね。



勢いでさっきの続きも書いちゃいます。



メシアとの死闘のあと、
魔導輪より伸びてくるキバの腕。
メシアに力を吸い取られたのか、
若干へたれ気味ではありましたが・・・。


それを迎え撃とうする鋼牙と零でしたが、
キバの邪気に阻まれて二人とも鎧が召還できない!

「俺を投げ込め!」とザルバ。
それを受けて、躊躇なく相棒を投げ込む鋼牙。
ぐわー、ザルバァーーーー><(滝涙)!


魔道陣のリングの乗せられて戦う鋼牙。
面白かったけど、空飛ぶ魔道陣に目が行ってしまって、
熾烈なバトル自体に集中できなかったので、
またじっくり見ねば。

で、話題沸騰の(そうか、そうなのか?)、
零が飛んでくるシーン。

かっこいいよ、かっこいいけど。
ごめん、ちょっと笑えた。
なじぇ?なじぇ飛んでくるですか?
彼にも静香の思いで翼が生えたとですか?

そして、ビルに突っ込む魔導輪。
これにはちょっとびっくりしちゃったかも。
インパクトは大きかったけど。
よくこれが映像で許されたな~と思っちゃいました・・・。


で、吹っ飛ばされてビルに取り残される零を置いて、
再び動き出す魔導輪。
道路を吹き飛ばし、船を壊しながら転がり続ける。
おお、地上が大変なことにー。
このバトルの損害はどこが責任もつんかね。
この辺も語れそうだ。


高速で回ってる環っかの上でバトル。
あああありえねえ~~~。
靴とけるー。
背中焼けるー。
頭はげるー。

魔導輪がふっとび、道路に叩きつけられる鋼牙。
生身バトルは燃えますね!
戦隊なんかも、ラストは毎回変身不能に陥って
生身で戦うのがお約束なんですが。
だからこそ最後の変身が生きてくるわけですね。

そして、そして!
鎧の召還!!
魔天使たちが、パーツを持ってやってくるんですねー!
(すみません、魔天使、ちょっとキモいですが)
このときの鋼牙の表情が!
いい。ただひたすらいい。

バンッと装着!
うおー、盛り上がるー&泣けるー!

マント着用の正装バージョンですねー。
1話へのオマージュになっているのか、
魔導陣と炎をしょって登場!
初期OPがまた泣かせる演出だあだあだあ。


キバが言い放つ。

「お前ひとりでなにができる」

「俺はひとりではない!英霊たちとともに戦ってきた!」

幾代にもわたり受け継がれてきたガロの群れ。
迫力ですねー。
彼らの大いなる思いを抱いた、鋼牙=ガロの一撃。

このあたりも大泣きです。



そして。
戦い終わった後、
・・・ザルバが砕けます。
「今まで楽しかったぜ」と言い残して・・・。

ああ、打ってて涙出てくる・・・。

「ザルバ・・・」
左手を握り締める鋼牙の、振り絞るような一言が切ないですね・・・。
ほんと、涙涙です・・・。

思えば。
大河より、ゴンザより、もっともっと傍にいた・・
いや、傍にいたというより、限りなく鋼牙と同体同心だったザルバ。
悲しみも喜びも歴史もともにあった。
それをなくすということは、まさに半身をそがれる思いだったはず。

這い上がって掴んだ勝利の代償は、
あまりにも大きかったことでしょう。
でも、ザルバは鋼牙に「自分を投げ込め」と言った時点で、
自分の末を理解してると思うんですよね。
それが分かっていても、鋼牙にすべてを託した。
ザルバの深い深い思いが伝わってくるようです。
魔戒之書で「ザルバもまた英霊になった」と記述してあったのが、
また涙を誘うですね・・・。

あああ、画面が涙でゆがむよ、ママン。



ラスト。
爽やかです。
爽やかな別れです。

鋼牙は北の管轄へ。
カオルはイタリアへ。
零は正式に東の管轄へ着任。

「しばらくお別れだ」
それぞれ、別れの瞬間に涙はありませんでしたね。

見てるわたしは大泣きでしたが。
もうこの辺、脳内は妄想の嵐が吹き荒れておりまして。

実は、
鋼牙はカオルを離したくなかったろうし。
カオルもまた鋼牙の傍を離れたくなかっただろうし。
零はやっと出来た仲間と離れたくなかった、と
思うんですよね。

それでもなお、自分の、相手の、求める道を貫いていこうと。
この部分、脳内補完話がいっぱい出来そうです。

零より、
新しい命を吹き込まれたザルバが鋼牙に手渡されます。

「お前の名前はザルバだ」
こうして、ザルバと鋼牙の新しい歴史が始まるんですね。
くううー(涙)。

そういえば、ザルバって、
記憶はなくしても魔戒の知識はそのままあるのかな。


まず零が去ります。
「徒歩で?徒歩なのか?」のシーンですね(笑)。
なんだか、胸がいっぱいになりましたよ。

「俺にはお前がいる」
シルヴァをそっと握り締める零。
ともに戦う仲間を得られても、
本当に支えて欲しい静香には、
思い出のなかでしか会えない零。
彼の行く道にも、少しでも幸多いことを祈りたいです。


「お前には本当に世話になった」
鋼牙がカオルに深く頭を下げます。
ああ、切なすぎてキーボードを打つ手が震えるよ、パパン。
二人の間に言葉はありませんでしたが、
どんな深い思いを交わしていたことでしょう。

鋼牙とカオルの別れの瞬間。
わたしは「しばしのお別れ」と信じておりますが!
ええ、ええ、この二人は結ばれる運命なのですから(力説)!
いつか帰ってくるんです、カオルは。鋼牙のもとに。


そして高級外車(命名:O氏)が走り去ります。
鋼牙の手には、カオルから手渡されたかの絵本。

車に乗りながら本を読むと車酔いしますよ。

ぱらりぱらりとページをめくります。
それにオーバーラップして、鋼牙とカオルのシーンが。
いろんなことがありましたね。
つらいことも。一緒に笑えたことも。みんな乗り越えて、ともに。

そして、ラストのページ。
K氏へのスタッフからのサプライズとなったとのことですが。
この辺のくだりも素敵ですよね~。
スタッフキャストが
ほんとにひとつになってたってことが感じられるエピソードです。


でもこのシーン、
わたしはまず純粋に、
「カオルから渡された最後のメッセージ」を読んだ鋼牙が泣いた、
と受け取りました。

鋼牙の涙が・・あああ、男の涙ってすばらしい。



そして流れる壮大なキャスト&スタッフロール。
こんなにたくさんの人たちが牙狼<GARO>を支えてこられたんだと、
名場面のカタルシスとあいまってひたすら涙。
最後にどーんと「雨宮慶太」。
ありがとう監督ーーーっ。

そして、
「暗黒魔戒騎士編 終」


エピローグ。
雪原に一人立つ鋼牙。
彼の胸に去来するものはなんでしょう。
ザルバの「邪悪な気配が」の一言に
振り向きざますらりと魔戒剣を抜く鋼牙。

彼の戦い、いや、彼らの戦いは終わらないのです。



「お母さん、
さっきからパソコンに向かってなに泣いてんの?」

と、子ホラー2号・・・っ。

お母さんは幸せなんだよー、
こんな歳になっても、こんなに熱くなれる作品に出会えて。

また夜になったら見返そうー。
ガロプロイベントも盛り上がるじょー!
DVDもスペシャルも楽しみだー!

あ、そうそう。
ファミ劇でスペシャルの予告が入りましたよ。
「再びゲートが開く!」
って。
「続編」とあったんですが、スペシャルのことでいいんだよね。

まだ正式な時期は分かってないんですよねー。
年内は年内だろうな。
どんなお話になるのかヒジョーにヒッジョーに楽しみです!!

今ロケ中のようですが、暑さの中キャスト&スタッフもみなさま、
どうぞお体に気をつけて頑張ってください!



とりあえず、今日は浸るよあたしゃー。
長文にお付き合いくださり、感謝感謝。
別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
1夜あけて  
2006-07-17 Mon 09:19
いやー。
夕べは抜け殻になっておりましたです。

各所のネタバレで展開は存じあげておりましたが。
やはり、きちんと映像で見るのとはもちろん違いますね。

詳しい感想はいつか重箱シリーズで・・・とも思ったんですが。
なにせまだ2話までしか行ってないコーナーゆえ、
最終回を語るなんて、それこそいつになるか分からないほど先なので・・・。

思いが溢れかえっている今のうちに、
「英霊」の感想をちょろっと行ってみたいと思います。



今回ももちろん、わたしは家族に隠れテーブルの影のポジションに(笑)。
涙拭く用のタオルも用意、怒涛の展開に備えたのでした。


いつものプロローグもなしで、
「牙狼<GARO>」のタイトルがバーン。
わたし、そういうの弱いんです(涙)。
最終回だよー!って意気込みが感じられちゃって。
もう、そこから泣き始める。


魔戒でメシアと対峙する鋼牙。
あれですか、この回のメインは、
メシアのおっぱい&おしりですかね
なんちゅう美乳&美尻じゃー。
しかも、肩にバルカン砲が・・・。


ゲートとなるカオルを求めて飛び立つメシアを追いかけるものの、
幾体ものホラーに取り囲まれる鋼牙!

それをビジョンでみていることしかできないカオル。
そこへ満を持して由児氏登場!
相変わらず顔色悪いぞ!

「描けばいいんだよ。お前は剣士じゃない。
その絵が誰かの力になることもある」


「これは冴島大河の受け売りだがね」の言葉がまた泣かせる。
大河と由児にどんな物語があったんでしょうね。
いつの時代にも、黄金騎士は「守りし者」なんです。

その父の言葉を受けて、カオルの手にあわられる絵筆。


カオルの心をこめた、「翼を持ったGARO」が描きあがります!

ホラーに取り囲まれ、
今にもつぶされそうになっていた鋼牙に光が届いたかと思うと。
いつにも増して光り輝く翼人GAROが飛び立ちます。


「わたしたちはいつもお前を見守っている」
「大きくなったね」と、お母さんも姿を現す。

父と母に抱かれて、子どものような表情のカオル。
うう、泣ける・・・。
この辺になるとわたしすでに号泣。


GAROとメシアの一騎打ち。
うーーーーん・・・・メシアの強さが、あんまり伝わってこない。
ちょっち物足りないかも。
まあ、そのモヤモヤを吹き飛ばしてあまりある、
「我が名は牙狼<GARO>!
黄金騎士だ!」

これですかね、aoironekoさん


GAROの渾身の一撃で倒れるメシア。

いいのか、一騎士に倒されちゃって。
メシアってほんとに強いんかね。
数千年を「刹那」と言っていましたが、
その数千年前のときに復活したんかな~。
むー、ちょっと消化不良の部分なれど、
まあ、よしとしておこう。



そのメシアの暗黒の爆発に飲み込まれそうになった鋼牙、
必死に伸ばした腕を・・・・満面の笑みのカオルが掴みます。

彼に力を与えるのも、闇から救い出すのも、カオルなんですね。
もちろん、零やゴンザさん、大河や法師や邪美も彼を支えています。

号泣ーーー。

うう、これ打ちながらまた泣いてるわたし・・・。


また、こちらの世界では、零とガルムの死闘が。
いや~、O氏は戦う姿もいろっぺーですね。
なにげに、
Vシネでアクションづいてる吉野君佳さんのキックがよかったなーと。

「零ーーっ!」とピンチに駆けつけるゴンザさん!
いいぞ、いいぞ、蛍さんっ。
ゴンザさん、
気づかずに夢中で操っていた剣がソウルメタルと認識しちゃったとたん、
ごんっと重くなる零の剣の描写が面白かったですね。

そのゴンザさんから剣を受け取った零の一突きが、
ガルムを貫きます。

う~ん、ガルムってなんだったんでしょうね。
この辺は長くなりそうだから、別で語るとしよう。


現実世界に戻ってきた二人。
しっかりと握り締められた手が、また泣ける。やっと勝利が・・・と思ったときに、


キバの腕が伸びてきます!!

ラスボスはキバなんかー。
というか、京本Pですかーっ!


あまりにも長くなりそうなので、
いったん締めまするー。
別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
「英霊」見終わりました
2006-07-16 Sun 20:43
ひたすら涙でございました。

胸が一杯、頭のなか真っ白なので。
感想は明日書きまするー。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ここのところ
2006-07-14 Fri 23:02
デッキに入れっぱなしのDVD3巻が、
わたしの家事と内職のお供になっておりますが。

どうぢても、手が止まる場所。



9話のラスト「お前、今日はいい顔つきしてるな」。
何度見ても照れる。

10話のお姫様抱っこ。
何度見てもにやける。

11話の魂返し。
何度見てものたうちまわる。いや、まじで。

12話の鋼牙のシルエットの修行シーンから牙狼剣を引く抜くところまで。
何度見てもウルウルする。


何度見ても、不思議とその度新鮮だったりする。
なんておいしいんでしょうね~ぃ。
別窓 | 書籍・雑誌・DVD | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
雑誌・今昔
2006-07-13 Thu 20:25
今日は。
予定してた用事がなくなりまして。
家の雑事と内職をこなしたあと、
用足しの旅に出たのですが。

専業主婦の名誉のために申し上げるが、
専業主婦もそれはそれでいそがしいのだよ!



さて、用足しついでに、マイナー系の本がたくさんおいてある
ちょっと遠くの本屋さんまで足を伸ばす。
なぜって。
牙狼<GARO>関係記事、
立ち読みするためだよーーーん。


声優グランプリにハイパーホビー、ホビージャパン、
電撃ホビーマガジン・・・などなど。

あのあたりのコーナー。
そこはかとなくエロい雑誌と隣あわせだったりして。
しかも、お目当ての雑誌自体が
エロいフィギュアとかも載ってるので。
おばちゃんには、
なかなか恥ずかしい。


なので、
こんなオーラを放ちながら本に手を伸ばすわけです。

「あら~うちの家族に頼まれて本を探しにきたんだけど、
どんなタイトルの雑誌だったかしら。
あ、これだったかな?こっちかしら?」



間違いなく。
余計アヤシサ倍増です。

と、まあこんな葛藤を渦巻かせながら
陳列棚に手を伸ばします。

声優グランプリ、
おお、これがよそ様で聞いた「非常口」なK氏か・・っ。
・・かわいい。
声優さんなK氏もよいでわないか。

ついでに、一緒に載っていたのが高橋広樹氏(ウル@SH)だったりしたので、
嬉しさ200%。

「スクラン」、実はまだ見たことがなかったりする。
確認したところ、キッズステーションで放送中とのこと。
(なんとシュガルンもやっていた!!もっと早く確認しるんだった!)
見るべし。



続いて別冊で特集記事がついてるハイパーホビー
べ・・・別冊・・・これだけ欲しい。
おお、これがよそ様で聞いた「コスチェンジな魔戒騎士」か・・・っ。
いい。ただただ、いい。
なにげに、鋼牙のコートを着た京本Pがものすごくかっこいい。
すみませーん、この別冊だけ300円くらいで売ってくれませんかーっ!


あと、「ホビージャパン」や「電撃ホビーマガジン」などざっと流し読み。
「ボトムズ」がまだまだこんなに人気なんて・・・。
高橋良輔のリアルロボ路線華やかなりし頃が全盛期だったわたし的には、
とてもうれすぃのでついでにこっちも読んでみたり。


このころになると、前述のオーラはどこふく風。
目一杯、身を乗り出して記事に食い入るおばちゃんひとり。
ついでに、にやけ顔。


子ホラーの同級生のお母さんには見られたくないのぅ・・・。


わたしが裕福なマダムなら、
牙狼<GARO>関係やK氏関連の記事が載ってる雑誌はすべて買い漁るのだが。
・・・それもままならんので、
各記事目に焼き付けておこうと思った
至福の立ち読みタイム(正味15分)でありました。



いや~、それにしても。
最近はこっち関係の雑誌が増えましたよね~。
昔は、特撮雑誌といえば、「てれびくん」「テレビランド」。
大きなお友達向けは「宇宙船」くらい、
(わたしが知らなかっただけかも知れませんが)
たまに出るてれびくん特別編集が楽しみだったものを。
うーん・・・歳ばれるのぅ~(汗)。

今は、特撮で1コーナーできちゃうほど、
ほんとにたくさん雑誌出てるのよねー。
すっかり特撮が文化になってるってことですね。
しかし、どれもお値段すっごい高いのはなじぇ?
せめて千円くらいにしてくれれば、もっと買えるのにぃ。

あれか?
メインでターゲットにしてる購買層が
比較的金銭に余裕のある独身社会人なのか?
もしくは学生層にバイト代をすべてつぎこませようとしてるのか?

ついでに、声優さんもがっつり市民権を得ていて。
声優雑誌の多いこと多いこと。

おばちゃんびっくり。
世の中変ったもんだにゃー。
別窓 | 書籍・雑誌・DVD | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
重箱の隅をつつくように小さな萌えを語ろう 2
2006-07-11 Tue 17:26
前回、小さな萌えを語るつもりが、変に熱く語ってしまって。
既に「タイトルに誤りあり」になってしまひましたが。
まあ、好きなモノを好きなように語っていこうじゃないかという
管理人の自己満足ロードを突っ走っていこうと。

ということで、第二話でございます。

~2話 陰我~

この「陰我」ってのがミソですね。
文字通り「陰の我」、
人間の隠された本性にホラーは食いつくということを如実に表してる言葉ですね。

1話は視聴者を引っ張り込む導入部であるので、
どちらかというと論理無用でぐいぐい引き込む展開でしたが。

2話は
太古より、人間の邪心を餌にするホラーなる魔物が存在していること、
鋼牙がそのホラーを狩る「魔戒騎士」であること、
番犬所より指令を受けて仕事をしていること、など、
説明がされていますね~。


あと、番犬所へのゲートが出現しましたが。
気になるのがこのゲート、毎回場所が違うとこですよね。
あるときはトンネルの壁だったり、
道路のはじっこだったり、
歩道の上だったり。

「開け」と思ったらいつでもどこでも開くゲートなのか、
ほんとはいっぱいゲートがあってどこからでも入れるとかね。
番犬所は魔戒にあるのかとかも疑問。
でも、はっきりしちゃったらそれはそれで寂しいので、
疑問は疑問にしておくのがよろしいかと。


カオルのバイト遍歴その1:メロンパン屋。
うーん、道端でメロンパン屋さんがいても、あんまり買わないかも。
売れてなさげだったもんね。
つーか、バイト必要なのか、あの店。

「バレバレですよ!」と
持ち場を抜け出し鋼牙に声をかけるカオルちゃん。
我が家では「何がバレバレなんだ」と全員合唱。

ザルバのリングをカオルにはめますが。
左の中指ってのがにくいにょね。
とりあえず薬指じゃないにょね。
鋼牙のザルバと同じポジションなにょね。
女に指輪を贈るってことになんとも思わないにょね。

「そんな関係ってどんな関係だ」
見るたびにいっつも笑ってしまいます。


金の陰我が呼びしホラー。
今ならさしずめ、
ホリエ〇ンや村上〇ァンドもイシュターブに憑依されていたのだろうかと。
しかし、1年で20倍はあまりにもあんまりだ。
騙されるほうも騙されるほうだろう。
ちなみに、あずさが階上から飛び降りて
床がびしっとひび割れる描写がたまりません。

そのあずさに一言、
「すずめの涙を返してもらおうと思ってな」
いい。ただただ、いい。

「あの子にとってその金は
夢をかなえるための大切なものなんだ」
お札を踏みつけたあずさに、魔戒剣を抜く鋼牙。

実は。
「あの女は餌にすぎない」なんて物言いしていても、
鋼牙は他人のためにこんなにも熱くなれる男なんですよね。

鎖が飛び回るバトルが印象的なイシュターブ戦。
8月の地下駐車場(DVD3巻特典映像参照!)・・・お察しいたします。
が、映像的にはインパクト大ですよね!!


ラスト。
食い入るようにあずさ失踪の記事を読むカオルのところに、
なけなしの5万円の入った封筒を差し出す鋼牙。

戦い終わったあとに、捨てあったのを大事に拾ってくれたんでしょうね。
「その金は汚れた金じゃない」
なにげにフォローまで。
彼の秘めた優しさが見え隠れするシーンです。



今後の二人がどう絡んでいくのか、
血に染まりし者であるカオルはこの後どうなるのか、
大変興味深い展開部の第2話でした。

しっかし。
・・・鋼牙はいつ自己紹介したんでしょうね。
別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
果たして冴島邸に〇〇はあるかシリーズ 5
2006-07-10 Mon 14:34
夕べのファミ劇の放送、ラストイブな「少女」でした。

「怖くない、だってガロが来てくれるから」
うーん、みなさんおっしゃっていますが、
「鋼牙が来てくれるから」と言って欲しかった・・・(涙)

ガルム対零のアクションや静香との場面もどきどきでした。

なにより、カオルちゃんのアクションのすごさに、
ちょっとびっくり。(加賀美父風に)

鋼牙の声がカオルの心に届く場面、う~ん、泣いちゃいました。

次が最終回なんですねー。ザルバの予告でまた涙・・・。
ああ、あと1週間待ち遠しいような寂しいような・・・。


という、感動の嵐を吹き飛ばすかのように。
いかせていただきましょう、例のシリーズを。

☆―☆―☆―☆―☆

小ネタシリーズ <5>
果たして冴島邸に「クーラー」はあるか?


「あ”あ”あ”~~~あづいーっ!!脳みそとける~~ぅ
昼過ぎ、大汗を流しながらバイトから帰ってきたカオル。

「おかえりなさいませ、カオルさま」

「・・た、ただいまゴンザさん。
・・・ひゃ~~うちのなか涼しいー、生きかえる~~」

そこへ丁度鋼牙も役目を終えて涼しい顔で帰ってくる。

「おお、鋼牙さまもおかえりで」

「ああ」

「・・こ・・鋼牙ってばさ、
この真夏にいつもそんなカッコしちゃってて暑くないわけ?」

「心頭滅却すれば、コート&革の上下もまた涼しだ」

「はあ?訳わかんない」

「お前とは精神のあり方が違うということだ」

「はいはいそうですか。
それにしても鋼牙んちって悔しいけどやっぱりお金持ちなのねー。
こんなに大きなお屋敷なのに全館クーラー完備で、
玄関までこんなに冷え冷えだなんて」

「「?」」
ビミョウな表情をする鋼牙とゴンザ。

「・・・え?あたしなんか変なこと言った?」

「ここにはクーラーなど一台もない」

「えええーーっ??!!こんなに涼しいのにーーっ?!
なんでなんでー」

「カオルさま、おそらく魔戒の気のせいかと」

「魔戒の気?」

「ああ、この屋敷は魔戒の気の影響を多少受けているからな。
少しばかりは気温の変化もあるようだ」

「へーそうなの。少しばかりどころかえらく涼しいわよ、ここんち。
冷房代いらないなんてお得ねー。
あああ、もうシャツが汗だくで気持ちわるーい。
ちょっと着替えてくるね」

と、「すずしい~」とか言いながら階段を上がっていくカオル。
と、それを見上げる二人。

「・・・ゴンザ」

「・・・はい」

「魔戒の気が入ってくるということは、
確実に魔戒の瘴気も同時に影響するはずなんだが」

「ええ、その通りです。
本来、普通の人間ならば頭痛や悪寒など体調に変化をきたはずです。
なので、カオルさまが最初このお屋敷に住まわれるとなったときに
ご心配申しあげたんですが」

「あいつはまったく影響なしか」

「カオルさまに瘴気を跳ね返すなにかがあるか・・・
もしくは「血に染まりし者」のなせる技が・・・」

「いや、あいつがなにも考えてないだけだろう」

☆―☆―☆―☆―☆

扇風機やエアコンはなさげですよねー>冴島邸。
冬の暖炉は素敵だけど。
これからの時期、冷房代がバカにならんですね・・。

しっかし、ほんとに夏場のあの鋼牙のコスチューム、
K氏はきつかったでしょうね。
「つらかったのは暑さ寒さだけ」という彼のコメントに涙を誘われます。



さて、以下は昨日のボウケンジャーの感想でえす。
果たして冴島邸に〇〇はあるかシリーズ 5の続きを読む
別窓 | 果たして冴島邸に〇〇はあるかシリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
親ばか全開で申し訳ないのですが
2006-07-08 Sat 07:44
我が家の子ホラー2号がなにやら一生懸命お絵かきしておりまして。
「見て見て」と言うのでのぞくと。

garo.jpg


一応ザルバもいる。

もう一個。

zero.jpg


もちろんシルヴァもいる(笑)。

さらにもう一個!

garprekka.jpg


ご丁寧に烈火炎装仕上げつき(笑)。
親ばか全開で失礼いたしました。


☆-☆-☆-☆


いやほんと。
夕べは界隈大騒ぎ。
K氏、「レ・ミゼラブル」の大舞台に出演決定のニュースが一晩中駆け巡りましたね。
帝劇だもんね、天下の帝劇。

わたしも昔観にいったんですよぅ、滝田&鹿賀の「レ・ミゼラブル」!
懐かしいな~。
なにせ、演劇部出身なもので
独身の頃は結構舞台に足運んでおりましたのでした。


でもほんと、
ただのイケメン俳優ってだけじゃ受け入れてもらえない世界だから、
しっかり認められたんですね。すごいですわ、ほんと。

K氏、実はみんなの知らないところで、
たくさん努力をしてこられてる方なんでしょうね。
雨宮監督や横山監督たちが口をそろえて
「真面目ないいやつだ」と評価してらっしゃるところからも、
K氏のお人柄を十分伺うことができますね。
本当に応援して参りたいです。


同じく初出演になる
ウメコこと菊地美香さんと日菜佳ちゃんこと神戸みゆきさんも、すごく嬉しい!
ウメコはもう、彼女(とセンちゃん)のおかげでデカにすっころんだので。
日菜佳ちゃんは、セラムン舞台の頃から大好きでした。
彼女のやった3代目の舞台が一番好き。
二人とも若いのになにげに芸歴長いし実力派だから、
きっとひたむきに取り組んでくださることでしょう!


来年の帝劇、ほんと観にいきたいですね♪
できればウメコと日菜佳ちゃん、あーんどレッドレーサーの日に!
しかしS席・・・いちまんさんぜんえんかあ・・・
2週間分の食費だよなあ・・・。
別窓 | 牙狼<GARO> | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
重箱の隅をつつくように小さな萌えを語ろう 1
2006-07-07 Fri 21:41
わたしにとっては。
牙狼<GARO>全編が萌えの塊なんですが。
まあ、今更わたしごとき新参者が言うことでもないと思いまするが。


各エピソードにちりばめられている「小さな萌え」
その裏にちらっと見え隠れする部分について語って参りたいと思ったりするのでした。


~1話 絵本~

いわずと知れた第一回目なわけですが。
・・・なんというかもう、
最初の訓練場の鋼牙にやられちゃってるんですがね、わたし的に。
のっけっから、「小さい萌え」じゃなくなってるぞー!

赤騎士戦・・・のた打ち回りますね。
これも全然小さな萌えじゃねえ。
むしろこの回のメインだ


マークさんの吹き替えがまだ若干入っていますが、
K氏のアクションが冴えるパートです。
この戦いのあと、剣を鞘に収める所作もよいですね。



CGの信じられない美しさ(DVD2巻の特典映像を参照!)にびっくりなアングレイ戦のあと、
鋼牙に剣をつきつけられて倒れるカオルですが。

抱きかかえて家に連れて帰ってもらうんですねー

あああ、やばい!
全然小さな萌えじゃないっ!!!


このシーンでふと考えるのが。
あのギャラリーとカオルの家がどれくらい離れてるか描写はありませんが、
当然結構な距離はありますよね。
鋼牙、その間ずっとカオルを抱きかかえてたんでしょー。

思うに、
鋼牙ってそんなに長い時間他人に触れてることって
それまでなかったんじゃないかなー。


最初ギャラリーに入ってきた鋼牙が、
カオルにいきなり詰め寄り魔導火をかざしたり。
アングレイ戦の最中、
自分のほうに吹っ飛んできたカオルを受け止めこそしたものの、
すぐに脇に放り出していますよね。
(このときのカオルが痛そうでかわいそうだったり・・。)

なので、自分以外のもの、もしくは自分の邪魔になるものに対しては、
まったく気にかけていないことが推察されます。
むしろ、意識的に避けていたといったほうが正しいかと。


では、
なにが鋼牙を動かしたんでしょうね。

やはり、
はからずも自らが間接的にカオルを「血に染まりし者」としてしまった責任からでしょうか。
RO-MI的には、
あの絵を描いた彼女になにかを感じて・・・
という部分も絶対あるだろうと力説したい!


このあと、
鋼牙が、実は不器用な優しさや、
命をかけて誰かを守ろうとする熱い意志を持った男であることが分かってくるわけです。

もしかしたら
きっかけは責任感からだったのかもしれないですが、
カオルという光を受けて、鋼牙が変っていったのは否定しようもないです。


後の「生命」のなかで
いみじくも鋼牙自らを「かつて感情を殺して戦ってきた」と言っていますが、
牙狼<GARO>のお話は、
「つまらないヤツ」魔戒騎士=冴島鋼牙が、
「守りたいものがある」人間=冴島鋼牙になるお話だったと言っても過言ではないかと。


あああ、やばい!
まだ1話だというのにこんなに熱く語っちゃっていいのだろうか!
語りたいことがいっぱいなんだもーーーんっ><!
引かれてないかしらん・・・・どきどき。

ゆえにはじめに申し上げてしまったのです・・・。
牙狼<GARO>は全編萌えの塊だと・・・。


2話以降も、忘れた頃にちょろちょとと語って行きたいと思います。
今後も見捨てずにお付き合いくだされば嬉しいです・・・。
別窓 | 重箱の隅(各話感想)シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
千載一遇のチャンスにかけて
2006-07-05 Wed 16:01
ガロプロイベント、予約しちまいました!

そうだよね!
1200円なら安いよね、あおいさん!
わたしも清水の舞台から呼び降りたよ、あんずあめさん!

ネットショップだと、
ちゃんと握手権ついてるか分からなかったから、
ラクーア店に電話したとです。
30日当日だと超混雑だろうから、
発売後に会社帰りの家人に水道橋に寄って買ってきてもらおう。
そうしよう。


いやね。
今回は、丁度29、30日が
家族をホッポリ出してにお許しをいただいて毎年一回やってる地方のお友達との旅行でしてね。
つっても、まあお泊まりするところが銀座なんで、
2時なら行けなくもないなー・・・とか悩んでる最中でしたが。

さっき丁度更新された星屑携帯サイトのK氏の日記に書かれていたのが、
「後楽園で僕と握手!」
しかも、ガロスペ撮影中駆けつけるとのことなので
K氏はじめキャストはGAROモード全開の模様・・・っ。

これは、はいそうですね、
行けという事ですね。


今!今行かなかったら、
なんの牙狼<GARO>萌えじゃー
とばかりに。
電話しちまいました。
後で後悔したくないもんね(と、自分に言い聞かせる)

既に近所のTS◎TAYAで予約済みではありますが、
・・・その辺は家人に内緒にするとしよう。



わたしというか、我が家は普段は早朝派なので、
イベントのときはものすごい早起きして出かけるんですが。
早めに並べないのはツライかしらん。

一応開演前には会場につけるとは思いますが、
おそらく会場ごった返してることでしょう。
わたし、えらく背が低いので(ええ、ウメコよりもちっこいです)、
人の背中でなんも見えない可能性大。

いいの、それでも。
こんなに揃うのは2度とないかもしれないし(と言い聞かせる)。
熱気と雰囲気は十分だろう(と言い聞かせる)。
とりあえず握手は出来る(と言い聞かせる)。
ファミ劇の最終回も終わって、
自分の牙狼熱も最高潮であろうし(と言い聞かせる)!!


しかし、混むんだろうな~
いや、自分もその一人だからなんとも言えん




そうそう!
今朝、やっとファミ劇のガロプロのCM、見ることができましたー。
こないだから、ずっと張っていたんですが、
なかなか時間が合わなくて、
やっとめぐり合えましたです。
みなさん、一様に「素晴らしい作品を広げていきたい」みたいなことを
おっしゃっていましたね。
ええ、ええ、広げていってください!

特に、大河パパンの
「男は愛するものを守るために戦う」発言。
しびれましたね~~~。ほう。


またまた楽しみが倍増です(喜)!
みなさま、
ご一緒に当日を心待ちにしてまいりましょう~~^^♪
別窓 | GARO Project | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
勝手に脳内補完 ~鋼牙の移動手段編~
2006-07-04 Tue 18:53
走ってる。
いつも走ってる。
どこにいくにも走ってる、鋼牙。
一体、どこまで走るんかい。
ホラーの出現場所まですたこらさっさ。

ということで、今日は鋼牙の移動手段について語ってみましょう。



魔戒騎士の管轄っていうのは、
どのくらいの範囲のことを言うんでしょうね~。
ちなみに、日本の交番で、受け持ちの多いところは3万人を網羅するとのこと。
まあ、小さな街ひとつってとこでしょうか。


鋼牙の受け持ちである東の管轄とは。
・・・走っていける範囲なんかなあ・・・。

北の管轄なんかは、いきなり雪国だよ。
かと思えば、
西の管轄は、容易に移動できる距離だし・・・。


まあ。
もしかしたら、東西南北といっても、実際隣り合った範囲でなくて。
ホラーの出現する場所は
どこかピンポイントで制限されているとかかもしれないですね。

同一管轄内にも、魔戒騎士は数人在籍しているようだし。
一人で全部の範囲を担当するのではなさそうだけどね。

でもまあ、それでも、
それなりの範囲を受け持っているのは推察できるわけで。

そうそう、「心滅」のなかでも、
冴島邸→東の番犬所→西の番犬所→冴島邸→道路上→バラゴのアジトビル
と、恐ろしく移動してるんですなあ。
その辺、不思議はつきませぬが。

となると、
やはり移動手段はどうしているのか、と。



さて。
鋼牙が自力で移動しているとすると。

<仮説1>
鋼牙は実は時速70キロで走れる!


黄金騎士は、そのたぐいまれな体力・能力でもって、
高速道路を走る自動車並みの速度で走ることが出来る。

・・・なんてストレートな仮説。
これが一番ほんとくさい。


<仮説2>
鋼牙は実はクロックアップしている!


来いっ、ザルバゼクター!
ぶーん!
(加賀美くんガタック装着オメ♪)


<仮説3>
鋼牙は実は奥歯に加速装置を仕込んでいる!


舌で押すんだよな、加速装置って。
考えると・・・な設定だけど。
でも、0に限りなく近い時間を重ねても、
限りなく0に近い、
ジョーは宇宙の果てまでも、0に近い時間で移動できるっていう設定、
当時はえらいカッコよかった。

みんなやったよね、ベロで奥歯押しながら「かひょくひょうち!」って・・・。



また。
外部的要因に基づく移動手段だとすると

<仮説1>
画面に出ていないけど、
鋼牙は実はライダーだった!


バイクの名前は「メタルファング」ってとこで(殴)。
普段は轟天がバイクに変形している、てのもいいなあ。
ほんとはいけないけど、ノーヘル希望。
コートのすそがひるがえって、えらく絵的には映えそう。
で、最近は駐禁が厳しいので
きちんと近場のパーキングに入れてるとか(笑)。


<仮説2>
画面に出てないけど、
鋼牙は実はチャリダーだった!


想像すると笑っちゃう。
ぜひともママチャリでたちこぎ希望。
で、近場の電信柱にチェーンでとめておく、なんて。
ちゃんと防犯登録してあるのよさ、マイ自転車。


<仮説3>
画面にでてないけど、
実はどこでもドアのようにゲートがある!


ホラーの出現場所近くに勝手に座標セットされるゲートがある。
・・・あ、やばい。普通にありそうだ。



しかも。
どの項目も、零にしても、すべて同じことが言えるという。



う~~~ん、面白いかも♪

まあ、どれと決め付ける必要はもちろん全然ないので、
それぞれの想像で楽しめればいいかな~と。

なんにしても、
走ってる鋼牙のコートがひるがえってる姿は、
美しいですよね~ぃ。
わたしは、
「偶像」でバッと手を振り払って走り出す鋼牙が大好きです。
別窓 | 勝手に脳内補完シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 冴島家の人々 |